スポンサーサイト スポンサー広告 --/--/-- -- .

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【やる夫がジハード(聖戦)を始めるようです】 第十章 ―6― c0 t0 やる夫がジハードを始めるようです 2009/07/27 Mon .


帝王サラーフ・アッディーンには三人の息子が居た。

                                         l
                                       l l
                                      ,、-‐'゙"ー-、
                                  ,r'::. . . . . .:ヽ
                                 .,i'::. . .    . . .::i、
                                l_,,,,,,,,..........,,,,,,,_l
                                   ゙‐l_  _  _  _ .l‐'
-'''"i!"'''‐-、                     ____l」_l_l_l_l_l_l_l_____
 . i! .  . "'''‐-、,           ,,,、、-'' i!::.l.ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ!l! ''-、、_,,、 -‐'''! ̄ ̄ ̄
: . :i!  ::  .    l     _,,,、、-‐'''"゙ ,,,、、-'' i!ー!  .!.r ‐、  .r ‐、  r ‐、  .r ‐、l  l:l! ''-、、!   . .: :|
  .i! :  l''-ュ . . .l    l_,,,、、-‐'''"゙ ィュ::::::「li!:::lニニi'::::::.rlニi'、::::ィlニi':: ::ィlニi'::::::::lニニl:l!::「i:::ィ|  . : ::l    ,,、 -i――
 . i! : :: l'''‐l . l     lュ::::::「l::::::::::l l:::::::l.li!:::l   l:::::::l;;l l;;;l::::l_l l_l:::::l_l l_l::::::::l   l:l!::kl:::l.|  . .:. ::'-‐''". . .:::|
:: . i! : :: └-.!  . l ._,   l,l:::::::l l::::::::::゙:;',,、-‐i!ー!.  l'―l;;;l l;;;lーーl l――l l――l   l:l!ェ、-'''         .. .: ::|
_,,、‐'''"i!"'''‐-、,,_  l l_l  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!-ュ,l.  l;;;l l;;;l . l l   l l   l  i''"           . . .:: :|
  . .  i! : :. .   .゙/ /:: :.:: :.: .. ..  .   ,,、-''゙__i┘三三三三三三三三三三三└i_、       .  . .. .:: |
:.     i! .   // /:::. ... : :: .   ,,、-'' __i┘.三三三三三三三三三三三三三.└i_、     .   .  .. . : ::|
  . .  i!: : /;;;;| ̄|:::. . . . :  .. ,,、-''  __i┘三三三三三三三三三三三三三三三三└i_、      . ... :::|
.. ..: ::i!. .i';;;;;;|  |::.: . . . ,,、-''   __i┘.三三三三三三三三三三三三三三三三三三 └i_、i'''"    .. .:: :::|
. .  : : i!. i';;;;;;;|  |:: : :. ,,、‐''  __i┘三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三 |     . . ..:: ::|
.. :   : i!. .i';;;;;;;;|  |―''". . __i┘三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三|     .. : : |
  :  : i! .i';;;;;;;;;|  |:  . __i┘三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三 i_   ..: :|
:  ..  ̄ ̄ ̄ ̄i! | i┘三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三.└i  . :: |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \ . :|




174 名前:タタ ◆l4GgIhfAmY :09/07/15 11:55:20 ID:bxYI156b
一人目は、暗愚で国政になんら意欲を見せない放蕩者の快楽主義者の皇太子アル・アフダル。

     /: : /:: : :./: : : :.!:: : : !: : : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : : |: : : : :|: : : :|: : : | ,: : : ',: : ::ヽ : !
   |: : |: : : : : ,,=''".\: : /|"''=:;,ヽ: : :.|.: : : ト、:|    プギャーwww
   |: : |: : : : /" _,=、 | :/ |:./,=、 V: ..|:.: : : | V
  < : _: : : /  ((;・.,;)|/  レ((・.,;) |:./ ヽ: : |
  <:: |. 小{     ̄      ̄  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ          、     {ハ/  /⌒ヽ_ノ) ) )
      \_!      _ '     !!   ,' ;'⌒'ー''´
        ヽ  \ーェェェェァt   /   | i|     (⌒)
      ___,r| \  、\_ `ヽ /    ノ ,'.!    ノ ~.レ-r┐、
    /:/::::| \ ::::: \_`\ \'、 ./ //、  ノ__  | .| | |
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧.\、_>'´ ノ'´ 〈 ̄   `-Lλ_レレ
/:::::::::::/::::::::|    \  /"''-  `ー一''´      ̄`ー‐---‐‐´



次男のアル・アージス(後のアイユーブ朝のスルタンの一人)

           ____
          /     \
   .     / _,ノ  ⌒ \
       l^l^ln  (●)  (●) \    フフン
       ヽ   L   、 `       |
        ゝ  ノ    ̄ ̄    /
      /   /          \
     /   /             \
   . /    /         -一'''''''ー-、.
   人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))

          アル・アージス



そして三男のアル・ザービル(イブン・アラビーや思想家スフラワルディーの親友)

                    __
            _,,...-─--、.,_{:::ヽ、_
           ./'"´     /ー,7/:7
           ,'  ,   、  ヽ!ム{/
    ((  ,ヘ,  / |ルレλルーミアλヽ/7 ))
        '、 >、レレリ ○   ○ リノ ̄ノ
        く、 ヽ.ソル""r-‐‐┐""イ /  そーなのかー
         ヽ /ソ:ゝ,ヽ、__,ノ_ノ/ ./.'
          `r__. }ヽ〈i`7/::;{   )
           弋ノ:::;くハ」::::{i-イ
             ノ:::::::::::::::::::::::ゝ
             .トr===∬
            /::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト,
          <ァ、_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:、

        アル・マリク・アル・ザーヒル

.





175 名前:タタ ◆l4GgIhfAmY :09/07/15 11:55:59 ID:bxYI156b
傭兵軍団指導者のレワニカは、次男のアル・アージスを懐柔し、これを担いだ。

         `ヽミメ、 . -‐,=‐
      . . .-‐‐ミ i! Y i! 厶イ__
   ∠..., =‐- i!  i!  i! i! <´
    .ィ´ i!   i! i! i! i!   i! i! ヽ
.  , ′i! i! i! i! i! i!  i!  i! i!.!
  /イ i! i! i!ィ i! i./::、 i! ト、 i! i! !
  /i!.//i!./::iメi/:::::::,メ、「ヽト、 i! i!j
  /イ i!/! /==。=、:::::.=。===:i!,...i! |
    j/ j/ i::`:‐:/:::::::: ー一.:´:|ir, }.|
       i:::::/.::::::、   .::::::|Lンii|
         i: `‐――一'.;.::::ハ.i! j;\
           、  ー ..:::::/;  ヽ:{;;;;;;;ト、__
      . -=''7ヘ.....:.:::::/;;; '   j;;;;;;;j;;;;;;;
   -‐'";;;;;;;;;;/;;;;;;ヽ .イ;;;;: '     /;;;;;;;;|;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;|:.:;;:::'    /;;;;;;;;;;;!;;;;;;

アル・アージスは兄のアフダルと同様、統治能力に欠けた暗愚な皇子に過ぎなかった。

     ____
   /      \
  /  ─    ─\   ?
/    (●)  (●) \
|        ___'___    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ "  /__|  |
  \ /___ /




176 名前:タタ ◆l4GgIhfAmY :09/07/15 11:56:18 ID:bxYI156b
唯一、アフダルと違うところといえばアージスには政治的な野心があり
そして【自分がその能力がある人間】だと思いこんでいたところにある。

           ___
          /⌒  ー、\
        /( ●)  (●)\      ま、僕はエリートですから
      /::::::  __´___ ::::::: \.
  cー、  |     |r┬-/ '      |⌒,一っ
 ,へ λ \    `ー‐'      / 入  へ、
<<</ヽ                     /\)))

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

王権などものともしないイーサーなどは……

      /::::::::::/ /    イ'   --------゙,,--、ヽl::::::::::::゙'''-、::::::::::::::::::::::l
      |::::::::::/ /    /:;:;:;:;:;:;:;「"""ノ  ,,-----、 ゙゙゙、 `,,,,,,, ::::::::::::::゙'''-、___/
      \::::::l /  ,/:;:;:;:;:;:;:;:;:;l   く  、'    o   ! 、`--、_`゙゙-、::::::::: \
       ゙\l  /,:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l    ヘ ヽ、    ,/  ヽ.  "'゙\,,,_`゙゙::::::::::\
         /゙゙~,、.゚゙゙!l:;:;:;:;:;:;:;ll"        `゚---'"  ノ     レ--ヽ`''',,,,,,,,,,,,,\
        /  へ ヽ ゙三彡           _____`"'゚ ̄    く, ゚  i l--------゙
       l ,i `'. ,ll!゙廴,l、.彡     、,,.                \""'ヘ l    『莫迦だけでも恥ずかしいのに
      .l  l乂i'゙   ,l        ",゙'l,,                リ;:;:;:;:;:;:l
      '〈  l {、l、 lll,         li、'゙\,,_          、丶'ソ   l丶   自分が優秀だと思いこんでいるとは、笑わしてくれる』
      ::'l ;丶 ヽ.゙゙゙l,        `lii r :゙\        'く-、':,〈v′  l 〉        
::,,,,,,,,,i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!,_》;?l,,MM.,      liiiiiii,,、  ト、.,、      ゙"     / ノ    『笑いの種にしかならない価値の無い男だ』
゙゙!゙i!i!i!i!i!i!_;;;;;;;、;;゙゚,!;'、`゙'゙″WWヘ    l!´`!iiiiii,,,,,、 ゙^`ヽ、.,_、.      ./´
;`丶`;;;.;;``~゙ケll,,,:,,!、;;;\;、`;;`゙'ヘ    |`'Y,:匸~"""iiiiiig,,.,:、: ``''',,lャ'   /
,,,,,,,,_、、;`.;;;;;;;;;;;;.゚ラx,,;;;;;:`゙i、;;;;:;;::::::ヘ   ゙ぐ''`:'ll,,、 二 ゙゚了iiiiiiiiiii゙’   /i!i!,、、
     i,,_;;;;;;;;;:;\゚''x,;|‐、、::::;:::::::: ヘ   ゙\ `゙゙lli,,,,_、 .,l ::,《°  /i!i!i!i!i!i!i!、 
-,,,,,,,,,、::::;;::;゙゙゙ll,,;::::;::::ヽ,:゙゚!i,,:`∴`::::::::::゚ヘ    ゙ヽ,、 ゙“‘";'::'ノ`   ,i!i!i!i!i!i!i!i!i!ii!i、
x,,;'、;``'‐、:::::::゙゙llil,,、:::::゙i、:::"i、::::`:、:::::::"'冫.    `"""""""=.:、iTTTT.,i!i!i!i!i!!""`ヽ  
:::゙゚Xヽ:::::::::::`::::::゙゙llllli,,:::::::ヽ::::゚!i、::::`、、:::::::f,!、           /,| | | |i!i!i!i!ネヽ:"::::::::゙li、
:::::::::゙'∴:::::::::::::::::..:゙llllllli,,、:゙L::::゙リ,::::`、:::;::::::"゙rTTTTTTTTi   /,| | | |,ノi!i!:ヽ,|"`│:::::::`:::|
:::::::::::`゙l∴:::::::::::::::::,,'《|lllli,::::'ヒ:::::::゙l,、::`::::`:::::::゙':',| | | | | | ||V |  /,| | :./:ソ,",,l'l,`",".::::::::`::::::::
、::::::::、゙l,'"::::::::::::::::::'',`゙l!゙i,::::゙L::::::::゙l,:::::::::::::::::::::::::':フ''N,,,│'hi,,,y‐、"',ィ‐゙゙_.'l,``': `、::: ::::::::::::::::|
:::::`::::'i、::゙i、::::::::::::::::::::゙jl~::lll,::::゙l'':,,::::::゙s、:::::::::、::::::::゙巛冫~゙'トア"x,,,"″、、`:゙l、::::`::::、`::::::::::::::::|

と酷評している。



177 名前:タタ ◆l4GgIhfAmY :09/07/15 11:56:49 ID:bxYI156b
彼の周りはつねにお世辞と賛美に塗り固められていた。

       _________
      /     \        天才ですよアージス様>
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ●)  (●)\
   i   ::::::*  __´___ *  .i     っよ!次期帝王ッ!>
   ヽ、    `ー'´  /
   /         \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ____
      /_ノ ' ヽ \   
     /( ≡)  (≡)\   そっか……僕がこの混迷したイスラムを
   /:::::::⌒ __´___ ⌒:::::::\
.   |     |r┬-|     | 救わなきゃいけないんですねッ!!!
    \      `ー'´    .,/

甘やかされて育ってきたため、疑うことも知らず、アフダルみたいに虚言を見抜く能力もなかった。

              _,,,..-.ー.─.-.-....、._
         二ヽ,,..::"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:..、
       /::::::::``:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::ヾ:::::\:::::::::',
     /:::::::::::::::i:::::i!::::::::::::::::ヾ:::::,,∠,、_:::::\::::\:::::',   媚び売んなカス
     i::::::::::::::::!:::::i i:::::::::l::::::::イ\\\:::::::::\:::\::',
     l:::::::i::::::::!::::i,,ゞ;::::::::i:::::::::l  >≧r、\::::::ヾ\_::>
     l::::::i!:::i::::l;/i ._,,\::::!、::::::l   辻ヾ〉 \:::ヾ)::::>
     i:::::ハ::::|::::l:::i〈`(ヘ\! \:',   ゞ-′  ラ∨/"´
       l:::i l:::|::::lヾ、 弋i;) ヽ  \      ┌::ソノ
      ∨ l::::l::::l:::\ "           ヘ::::/
         \|\!\  ′          ∨
          ヾ ヾ 、    ‐-    ,   ゝ、
              `  、      , ′  /  \_
                  ` ー <  /´    /::::: ̄`ー-
                   _ノ´∧_∧    /::::::::::::::::::::::
              :::::´ ̄/ /〈::ヾ∧    /:::::::::::::::::::::
              :::::::/  / ノ::::〈 ヽ  /::::::::::::::::::::




178 名前:タタ ◆l4GgIhfAmY :09/07/15 11:57:11 ID:bxYI156b
だが、こんな暗愚な皇子でもレワニカは多大な期待を寄せていた。

      -、ー- 、
   _. -─-ゝ  Y ⌒,.Z.._
    ,.>          <`
  ∠.._        ,     ヽ
.  /    , ,ィ ,ハ ト、    l
  /イ /   /l/‐K  ゝlへトi  |     ですから、以前にも申し上げたように
   レ'レf Y|==;=  =;==|f^!l
.     !6|| ` ̄ "||`  ̄´ ||6|!     “病のお父上にはしばらく休養を取ってもらい”
      ゙yl、   、|レ   |y'
     _,,ハ.ト.` ̄ ̄ ̄´ ,イ/\_     “殿下が臨時政府の長になる”のです。
    ̄:::;':::::゙! \.  ̄ / |'::::::::|::: ̄
  :::::::::l:::::::::l  \/   !::::::::::|:::::::::
  ::::::::l:/ヽ:ヽ__    __/:/\:|::::::::
  :::::::‘:::::::::::o:ヽ`  ´/::::::::┌──┐
  :::::::::::::::::::::::::::ヽー/::::::::::: l:::::::::::::::l
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ____
    / ⌒  ⌒  \       うん、で僕が王になれるのはいつなです?
  ./( ―) ( ●)  \
  /::  __',__   :::::  | チラッ
  |    `ー'´     .|
  \          /




179 名前:タタ ◆l4GgIhfAmY :09/07/15 11:57:27 ID:bxYI156b

            _─-、 -‐;z.__
        > ` " ゙  <
       / " " " " ゙ ゙ ゙ ゙\
         l " " ", ,ィ バ i ゙、 ゙、ヾ   ですから、我ら傭兵部隊が殿下の足場を固め
         | " "ノlノメ、 |ノjムヘ. N
        ! r,コ| =。=  ,。==ハリ    その後改めて……
        | |ヒ.j|   ̄ r_ \7
       j `ァヘ ⊂ニニァ7′
.     _/∨ :::\ = ∧
  -‐'''"´ |.  ヽ.   ::::\,.イ |`'''‐- 、.._
        |   \   :::::/ │     ハ
.        |   ,ヘ 〉   |へ、|    l. l
        l_/  ゚〈`ー'|   ヽ!   │ |
           |:::::::|  「 ̄ ̄| │  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ____
       /     \
      / _,ノ    \ \    ……足場?ぬかるんでるのか?
    /  (●)   (●) \
    |      ´       |
    \      ⌒     /

そういって彼は、自分の足下を見る始末。



180 名前:タタ ◆l4GgIhfAmY :09/07/15 11:58:00 ID:bxYI156b
流石に万事この調子では、レワニカも苛立ちを憶える。

             、‐- 、 ,. -- _
          ,ゝ ̄ `  ′゙,∠.._
       /´ " " " ゙ ゙ ゙ .<`
       7 " " " " , ゙ ゙ ゙  、\
.      i " " " ゙,.ィ / \ ゙ ` ゙ \
.        | " " ,ィ/‐l/、  ,ゞト、゙ 、゙ヽl    ………
       | r=、 l.=。==._ ,。==ゞ ゙ N
.      | {にl l ` ̄  _ \´ハN     何をするにも、足下を気にしろという事です。
       ,l ヾ=lノ  __ ‘ ‐  ゝ
   _./:l "./ ヽ. ?..二ニ7/
‐''"´:/::::::| /    \   一 /、
::::::::: !::::::::l′     \ ,イ:::::\
::::::::::l::::::::::l         /:`:::l::::::::::::\
::::::::::|:::::::::::\     /:::::::::::l::::::::::::::::::\
::::::::::|::::::/\ヽ   l::ヘ::::::::l:::::::::::::::::::::ハ
::::::::::l/:::::::::::o:ト .」::-:::::\::!::::::::::::::::/::::l
:::::::::::::::::::::::::::::: l`ー'l:::::::::::::::::`:::::::::::::/::::::::l
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ____
        /     \     う、うむッ!そ、そうだなッ!
      / ⌒   ⌒ \
     / u (=)  (=)  \  それはとっても大切な事だッ!
    |      __´___      |
    \     `ー'´     /




181 名前:タタ ◆l4GgIhfAmY :09/07/15 11:58:34 ID:bxYI156b
無理して大物を気取ろうとしる、アージスは自分を有能に見せようと懸命だった。
そこには哀しい滑稽ささえあった。

            ___
        /      \
       /ノ  \   u. \
     / (●)  (●)    \
     |    __´___    u.    |
      \ u. `ー'´       /
      ノ           \

だが、生粋の武人のレワニカにそのような哀しみに付き合っている余裕はなかった。

: ,Li、.,‐  .,!,,-:,、  ,、 ._,,,-、、  ,,-    .,、   、 .,、 .i、
: |l゙.〃 ,,,rrヽ.,i´ .,i゙‐''"゛ ,,,/,,,,-‐'フ′  ,,-''|  |  .゙L,/.|、 .|   
: |゙l .,/',i´,-、/  ,i´ `'-,,"~゙^ .,/ _,,,/"  ゙l .|!  |` .|│l゙   (まず、陛下の身柄を確保して)
: | ゙l" l゙.,i´ .l゙ ,/ 'l-、_ `'-,、''゙‐''"゛│  .,、| ./l゙  ,ト | .゙ll゙ 
|  |{  | /` ゙l、`゙''ー、,,`-,、 /`  ,i´ |i,,,,i| /.| ./ `    (権力を移譲させる)
`|   l.|、 | /   ゙'=,、 .゙l,,,,!-ミ'、|'i、 .,l゙‐'゙",/ |,/ レ′
: |   ヽヽ,'il゙     ゙ヽ,_ ._,,-`'i、 ゙l .,|=二"           (権力を掌握後、ヤッファに侵攻)
.,,|   `''リ}       `゙゙`   ゙│|,ニ",|
"`   .,ノ ゙l             `!゙l ./            (十字軍撃退後、新たな政治形態を確立する)
   .,,‐`  |             ,,、i、 ゙l.゙l/
   ,i´   ゙l、       -‐l二"  ゙l l
   .ヽ    ゙l          `7ッ,. ゙l l
    .ヽ   │    .'''''''''―--,,,,゙l `'-,,゙l
     ヽ、  ゙l、     .--、,,,,,,ノ
      ヽ  ゙i、         / `'-、、
       ゙‐  ゙‐     .'"    `'`




182 名前:タタ ◆l4GgIhfAmY :09/07/15 11:58:55 ID:bxYI156b
レワニカが目指す、政治形態は『傭兵部隊』を中心とした軍事国家である。

        _、‐-、, -‐z._
        > ` " " ′.<
      / " " " " ゙ ゙ ゙ ゙ \
        7 " " ",.",ィ バ ,゙ ゙ ヾ       r‐ ' _ノ
       ! " " /-Kl/ Vlバ.N     _ ) (_     十字軍のような外圧に対して、断固たる態度が取れる
       | "n l =。== _ ,≦ハ!      (⊂ニニ⊃)
      |."しl|  ̄ ,._ ∨       `二⊃ノ     だけの『根拠』を持った強い国家であるべきだ。
      | " ゙ハ  ー--7′       ((  ̄
      r'ニニヽ._\. ¨/           ;;
     r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、
   /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ
.   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ
  | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ
.   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
   |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´
.   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :〉
   |::.:::.::.::l: : : : : : /:::: : : : : |: : : : ゙/

どうしてもサラディンの求める国のあり方と、方向性が異なってしまうのだ。

               , -‐ r ─― 、
              /   /      \
           // ,=vシ== 、 ヽヽ ヽ
             // //     ヽ ヽ ! l l
         〃{ i{ {‐-、   ィ尢ハl i| |    …………
           {仆 f _     _ |  | |
           |ハム  ̄ ,    ̄ l  |)l|!
           l `∧  r‐‐v   li  l l |l
.            ,'  i ゝ、 ヽ ノ  ィ'l   l l !
          /  ,'  l _}>‐匕!_ /  ,'l l |
         /rt/   ィf< _ _ `/  /_j | l
        ノ |l/   ,' llニニ二ニ/  /  >、|
       /  /   /. ├ ¬ー/  / // ヽ
.     /   /   /  |   ,/  /´,/    ヽ
   , イ    /  ∧  | fA./  //レ''´    \
  〃≠-、,.イ/  ∧ \,|  /  /  ハ.      \
 〈     { /  /  \__,jイ/  /  /  !`ヽ、   ≠、ヽ
  ヽ   V  /  {  ̄i{}7  /  イ  i   >'´   /
   \  / //`个tト-イ/  / _/   i l/    /




183 名前:タタ ◆l4GgIhfAmY :09/07/15 11:59:13 ID:bxYI156b



=============================================


だが、彼の行動はまだ歴史的に早すぎるものだった……


=============================================




184 名前:タタ ◆l4GgIhfAmY :09/07/15 11:59:35 ID:bxYI156b

                               /: /     ,
                         ,    ./:: /.    //
                      //    /:::::: |   / /
                     ./ ./     `/::: _| /::::| |
                     | ヽ  __,,ノ:::::::/  (::::::::::| |
                     \ !-" / ̄'i、 /::::::::| |
                      "ー- | ゚Д゚/:::~::::::::::::::::| |
                       t::/:`--::":::::::::::::::::::::::::| |
                      ,--r‐‐‐、:  マムルーク朝:::||
                      |"~|゚Д゚/ヽ__:::::::::::::::::::::::::| |
                      .=! / / _)  |::::::::::::::::::/ /
                      0。/o !=   |::::::::::::::/ /
                      / /o。    |::::::::://
                      / / o゚     |::://
                     / / o0゚     |::|丿
    __           _,,.r:';´< / / 0。     |::|
  i'´;,;,;,_: ` ,.  .-::::::::::::::::::- .、::。, / /  o     ヽi
  'i,'''7 `i'::::::::::::::::::::::::::::::::::。o8 / /   0。
   `、∧/::::::::/::::::::::::::::::::::::o゚  / /   o0
    `/::::::::/::::::::::::::::::::::::8゚  / /,   o8゚
    ,':::::::/::、__/............ 。8 。./ /  。oO
     i::::::,'::::::::::/-─-/ io8  / /。o o
    .i::::::::`iヽi.,.--- '、 レ 0 ./ /。::::|
   .|:::::::::/|::::i ""    .8゚/ /0゚/:/
   |:::::::,'::::i....i ' ,   、_ 0/oo ゚:::|/
    |::::::::::::::',::',/へ、  __,/ / ゚::|:::|
   ,':::::::,- '´ヽiヽ、 ~〈ヽ;/ /::,'::::|
  ノ:::::/   ヽ、`ヽy  / /レ'|:::::|
  ,':::::/、.    ',/^ー:/ / ヽ:::::|
 /::::',     /    ノ/   〉:|

 女帝 シャジャル・アル・ドゥル

==================================================

サラディンの死後六十五近くたってから、白人奴隷を中心とした外人傭兵部隊がアイユーブ朝の政権を簒奪。
シャジャル・アル・ドゥルという女帝を立てて最強のイスラム軍事国家“マムルーク朝”を建設する事になるのである。

==================================================



185 名前:タタ ◆l4GgIhfAmY :09/07/15 11:59:49 ID:bxYI156b



=============================================



                      そう……彼はまだ早すぎた。



=============================================

【第十章】(6)終



186 名前:名無しのやる夫さん :09/07/15 12:11:32 ID:t6UG/I18
投下乙
なんでよりによってそんな次男を引っぱり出すんだwと思ったが
長男が捻くれ者の皮肉屋でしかもやる夫寄りだから、とても懐柔できそうにないか
三男はそこそこまともっぽく見えるけどどうなんだろ?


188 名前:名無しのやる夫さん :09/07/15 12:20:47 ID:vgCOecP3
乙乙でした
追従効かないタイプってだけで、長男は担ぎ上げるには不適当だろうしなあ
隠してる才能をレワニカが見抜けていたらなおさらのこと
速攻で「俺が怠けるために」やる夫辺りを利用して、レワニカを潰して終わるだろうし


189 名前:名無しのやる夫さん :09/07/15 13:39:48 ID:881eqTGl
乙!!面白いなぁ


191 名前:名無しのやる夫さん :09/07/15 16:01:35 ID:4JN9KUmq

ちゅるでぃんさんには碌な子供がいないなぁ。るみゃはどうだかまだ解らんが


192 名前:名無しのやる夫さん :09/07/15 16:28:44 ID:oFApCNT4
長男は才能を隠して馬鹿を装い
次男は才能がなくて天才を気取るって皮肉だなー


194 名前:名無しのやる夫さん :09/07/15 16:48:54 ID:HUmqtHJQ
シャナシードが王族の中ではまともに見える不思議!


195 名前:名無しのやる夫さん :09/07/15 19:05:57 ID:IzNWyxWb
乙でした!
誠アブダルは暗愚っぷりがイスラム世界中に知れ渡っているだろうし、
できるアージスは本物の暗愚だし、レワニカさんも手駒に恵まれないな…
死亡フラグがビンビン


196 名前:名無しのやる夫さん :09/07/15 19:07:58 ID:1+3v8b5n
状況だけ見るとレワニカは下剋上狙って
馬鹿王子担ぎあげた不忠者にしか見えないな…


197 名前:名無しのやる夫さん :09/07/15 19:12:45 ID:4AkPanmO
乙です!

できる夫が暗愚って結構めずらしくね?
腹黒は多そうだけど


198 名前:名無しのやる夫さん :09/07/15 19:17:51 ID:Q1HeD2MW

こんなにできないできる夫ははじめて見たよww


199 名前:名無しのやる夫さん :09/07/15 19:38:42 ID:IzNWyxWb
本編とは全く関係ないんだが、史実のサラディンは17人も子供いるんだな
イスラムでは珍しくないんだろうが、ちゅるディンが片っ端から愛妾を孕ませたかと
思うと、なんか可笑しいw


200 名前:名無しのやる夫さん :09/07/15 19:46:42 ID:1HIXDbI9
この作品では聖人君子に描かれてるが史実のサラディンは結構黒い所もあるからなぁ
ま、そのことと子だくさんにはなんの関係もないがw


201 名前:名無しのやる夫さん :09/07/15 20:39:40 ID:tzGlhZ6r
おじの死からのサラディンは確かに黒いな
だが子供17人もいたら後継者でそりゃもめるわwww


205 名前:名無しのやる夫さん :09/07/15 23:35:12 ID:Vk93cdcg
つるディンに足りない黒さを策で埋めるのがこの物語におけるやる夫の存在意義だしな
つるディンがオプさんみたいな権謀術数の大家だったらやる夫の出番がなくなってしまう


【やる夫がジハード(聖戦)を始めるようです】 第十章 ―7―

COMMENT

.


 

TRACKBACK http://orehaya.blog73.fc2.com/tb.php/797-aa671920

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。