スポンサーサイト スポンサー広告 --/--/-- -- .

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【やる夫がジハード(聖戦)を始めるようです】 第十章 ―1― c1 t0 やる夫がジハードを始めるようです 2009/07/26 Sun .



  ■╋■╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ╋■╋       やる夫がジハード(聖戦)を始めるようです【第十章】
  ■╋
  ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━       
          /   _ _l                 `‐ 、 _|     `ヽ_  _-‐~´~`ー-__/`一ケ          
          `ゝ.」ゝ_}                     ̄            ̄                / アンティオキア
                                                  キプロス島      /◎
                     クレタ島                        r~ー--ナ    /     
                    l~ー──-~つ                     く´  __く ̄      |◎ベイルート
                    ` ̄ ̄ ̄´ ̄´                      `ー´         | ◎ティール  ダマスカス
                                                           │       ◎
                                                           |◎アッカ  ◎ヒッティーン
                                                           |◎カイサレヤ  ◎ナザレ 
     /´ ̄`ヽ、                                               |◎アルスフ
    /      └‐――-、                                         |◎ヤッファ  
   /               ̄`ー‐--_               _-' ̄`ー‐--_           /  ● イェルサレム
   |                       ̄`ー‐--_   _ j′◎         ̄`ー____/ ◎アスカロン   
                                 ̄ ̄   アレクサンドリア       |               
                                                  |                   
                                    <アイユーブ朝>    λ                   
                                                  | |       |           
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    
前回までのあらすじ

     アスカロンが失陥し、ついに十字軍の標的は聖地イェルサレムに定まった。
     だが、モンテフェラート候コンラードの策略により、十字軍は内部崩壊寸前。一方、サラディン軍も兵力不足に悩んでいた。
     そんな時に、リチャードから 半年の休戦を求める使者が来る。
     この事がきっかけで、ヤッファ侵攻を主張する将軍レワニカ率いる武断派と休戦を認める和平派の対立が深刻化。
     ヤッファへの使者として派遣されるやる夫はレワニカの“行動”を防ぐ事ができるのか……?
             
     優しい祈りが、疾走する……

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



9 名前:タタ ◆l4GgIhfAmY :09/07/09 12:34:30 ID:oqZ7wrEm

           ____
         /      \
        / ─    ─ \   ……というわけで、やる夫が使者としてヤッファに行く事になったんだお。
      /   (●)  (●)  \
      |      (__人__)     |
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      〃/:.:.:/.:.:.:.:.:./ :: /::/.: .:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:l: .:.:.:.:.:.:!ヽ|::、l::ヽ :|
    .〃 /.:.:.:/:.:.:.:.:./-、/::/|:.:.:.:.:.:.:li::|:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:. :.|
   〃 !:.:.:.//::l::|::|::::/;X |.:.:.:.:.:.:!.!::|.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.、:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:|
    l!  |.:.:.:.l::l :||::|/l:/.!/ ヽ.|: .:. :l.! |::l、::__:_l、:!__::ヽ::|.: .:.:. :.:.:|    おまえはもう私が死ぬまで死なないと確信しておる。
      | .: :|/|::||::l!/==、、 ! .:.:.!l! Xlヾ、: l.!:l、:.:.:.:ト!:.:.:.:.:.:.:.:|
     |:.:/ |l:.!.!:| '´|:┘; | !.:.:.! !  ===ァミ :.:.:.:|.:.:.:.: :.:.:.:.!    だから、聖地の事は任せておけ。 
      、l  !:|:l::∥ |?リ .ヽ:|    |:┘::::/'i/:.:.:.!:.:.:__:.l :.:.:.!
       /:::'イ::ト ` ー'.   ヽ   |,、:::,ノ/ /:!:.:.|/ /:.!:.:.:.:.!
       /:: ::: ::|::.!      r    `ー-'´ ./:.: .!:/  /:.:.l.:.:.:.:|
.    //:::::::::::::::!:\    ┌-、      /:.:.:.:.:/  /、 .:.!:.:.:.:.!
   / ::/:: ::::::::: :::| :.:.`i 、   `  ′ r‐-、/.:.:.: .,イ  .!:::::`丶、:|
    !:: /::::::::_:__ :.!.:.:.:.ト、` i. 、__, -‐`、   `、://  |_ ::::::::::::::丶、
   |:::└ : ´::::::::::::::.!:.:.:.:.!:: l ` , --‐'/: :ヽ   |/   / `、:::::::::::::ヽ
  「 ::: ::::|::::::::::::::::::::l.:.:.:.:|::::|   |::::::./ .:.:.:.:.!  .! ∨  / 丶、::::::.!




10 名前:タタ ◆l4GgIhfAmY :09/07/09 12:34:51 ID:oqZ7wrEm

     ____
   /      \
  /  ─    ─\   あれ?怒らないのかお?
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                       ヽ
               -―――- 、    }
         /          丶__ノ
        /             ヽ
       / /  .::{  ヘ   ヽ 丶    ',
      ,イ"/ //:::::|  ヾ  、:::..ヽ: ハ    l
     〃l:::l l::ト、:∧  ! \,ヽィ:l :: ハ:  |
.      {! |:::l |::N.\ハ: lメ´_ヽ\! ::::::!   |
        |:::lヘl:∧代ヽ\|!イ才丁ル、:::|  |
      ヽリヽ ハ V;j   V_;ソ /::∧|  |  なんじゃ、怒られたいのか?
          Y:ゝ"  _  " /::/ ´:| !::l
          !:::::{ >`.'_, .ィ≠‐┐:::l:: l!:|
          ,ゝ;枡#で ::::/ヽヽ  ヾリ:: l!:|
          {;;#(7^ヽヘ/  ヽ L_」::: l!:|
          ゝ_;>く 〃  /`  ̄¨l::: l!:|
             ヽr-イ     |::::.l!:|

.





11 名前:タタ ◆l4GgIhfAmY :09/07/09 12:35:10 ID:oqZ7wrEm

     / ̄ ̄ ̄\
   /       .\
  /   ─ヽ  .─   \   まぁ、どうせ怒るからいいお……
  |   (●)  (●)   .|
  \.   (__人__)    /
   ( ヽ  ___ ././
   .\ \|  .,レ゛/
     .\旨 爻ン
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              . --- - 、
            /: : : :: : : : : ::\
           /: : : : : : : : _ ,∠:入    ……?
          /ニ=-:: ::|:: l::::|::::. |: : |
          |: :::::|: 弌::::|弌h:|:: : |::: .|   なんじゃ、この書き付けは?
          ?::|?奇:::トT奇T::::|:::::::|
           ?: :}辻  辻 |:::/::::::::|
            |: :ト、 '。_ ,、 久‐‐ュ:::::|
            |: : |「}三 \|:ノ∠>;:|
            ∧:::::Lユ  |〈:/::: : : |:|
            |: : |::::|?ヒ 久:: : : : :ノ::|
           〈: : :?=〈::::: : :\:: : }::::|
            | く 从_,入:::::::. : : V:::::::|




12 名前:タタ ◆l4GgIhfAmY :09/07/09 12:35:28 ID:oqZ7wrEm

         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))   書き置きだおッ!
  /∠ |     |r┬-|    |_ゝ\
  (___     `ー'´   ____ )
       |        /
       |       /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       /:. :. :. /:. :. :. :. :. :. : :. :. :. :. /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. \:. :. :.ヽ
      //:. :. :/:. :./:. :. :. :. :/:. :. :. :. |:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. ヽ:. :. :|
    ///:. :. :./:. :./:. :. :. :. :.:|:.:.:. :. :..:.|:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.ヘ:...:.:|
    〃 /:./:. :.イ:. :./:. :. :. :. :. :|:. :. l!:. :..|:. :. :. :. |:. :.|:. ヽ:. :. :. :. :. :. :. |:..:..|
      /:/:. :/ |:. :.:|:. :. :. :/:.:..:|:. :..l|:. : i|:. :. :. :. |:. :.|:. | ヘ:. :. :. :. :. :..:.|:..:..|   そんな事はわかっとるッ!
      |〃:./ l!:..:..|:. :. :./ :\l!:. :.ハ:. :∧:. :. :. :.|:. :.|i. |  /:. :. :. :..:N:. :.:|
       /:./   |:. :.l!:. : / ___:\/ l!:/ ヽ:. :. : |:. :.|i. /__ヘ:. :. :.:.|:.:. :.:|   怒るぞッ!
      /:./   |:. :.|:. :./<  i圦>\/   ヽ :. |:. :/イ弋ij >.:.:.:.N:.:.:.:.:|
      |:/     !:. :|:. /ハ   ヘ辷七ソヽ    ヽ:.l∠ イ辷七ソ ヾ : |:. :. :. |
      |!    l:.:.:|:/:. :ハ             ヾ        ∧:|:. :. :. |
           :∧: |:. :. :.:ハ             ;          /:.;N:. :. :.:.|
         /:. ヾ|:. :. :. :ハ、                    /|:.:.:. :. :. :.:.|
          /:.: . :. :. :. :. :. :|:ヽ.、     r_―_┐      .イ:.:|:.:.:. :. :. :.:.|
          /:. :. :. :. :. :. :. :.:|:. :. :> .、         イ:. :.i : |:.:.:. :. :. :.::|
       /:. :. :. :. :. :. :. :.:.:.|:. :. :. :. :.|>   _   <|:. !:. :.;;:.:.|:.:.:. :. :. :.:.|
        /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :|:. :. :. :. :.|           |:. !:. :.;;:.:.|:.:.:. :. :. :.:.|




13 名前:タタ ◆l4GgIhfAmY :09/07/09 12:35:45 ID:oqZ7wrEm

       ____
     /      \      もう怒ってるお……
   / ─    ─ \
  / -=・=-   -=・=- \
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ___
     /   ヽ、_ \     ……この便せんには、あまり予測したくない事が書いてあるお。
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \  実際、起こらなければいいんだお。
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        / けど、もし万が一……それが起きてしまったら、姫にそれを開いてもらいたいんだお。
     ゝ  ノ
   /   /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\       何も起きなければ捨ててしまえばいいんだお。
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /




14 名前:タタ ◆l4GgIhfAmY :09/07/09 12:36:03 ID:oqZ7wrEm

                     /, ̄`)
               「:::ヽ、       (  ー'
             ',:::::::::::>-―=ー - 、
             }::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
                 〉:::;::::::::/::;:イ:::::::;::::_::::::::::::ヽー-....、
             /::;イ::ィ::7::/、 l:::::::ハ:;:::ヽ:::::::;::::::::::::/   なんで私に直接口で伝えないんじゃ?
              {::;' |::::Vr心. {:::::{-、V::::::::::::',::::/
                 V;ノ;:::l弋_ソ ヽヘ}rニx!:::::::::::i:Y
               /::メ !:::!     弋_ソ::::/:::::ハ::!
            {::;匕l::::ト、  - 、  ''./:::/_::;イ }:!
      _        l::ト、.ヘ:ヽ、_コ t_7フ':::/: :ヽ::V:ノ
   (´_  ̄` ヽ、  V、r'ヽ`ー}   }:.{:::/: : _:>::ヘ、         _
        ̄` ヽ、 `、  `}: :xイ    ヽ{:{イ´ー,::ヽ::::::ヽ      (´  i
           } }  ノ :ノ |     ,{::ト、 く::::::ヘヽ:::::\       ノ
            / / ,': : !  !     / ヽ} ): :l:::::::::'、` ー `ニ=ー '
         / ,'  ,': : :.}  l    ,'  `メ、.:!::::::::::ヽ、
          i  ! /: : : :!l  !   '   / ; : :|::::::::::::::::\
         ! {,.イ: : : :ノ !   !   '  /: :i : :.:!:::::::::::::ト、::::ヽ
.          〉、ヽ、: :/  !   ! ,'   /! : ;' : : ';:::::::::::::i V::::}
        {: :ヽ、._Y   ',  l i  / .i: :(: : : :i::::::::::l::',  V::!
         !: : : :.:/     i  l ! {  ヽ: :':、: :`l:::::ハ::}   }::!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           ____
         /      \
        / ─    ─ \
      /   (●)  (●)  \    嫌だから。
      |      (__人__)     |
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \




15 名前:タタ ◆l4GgIhfAmY :09/07/09 12:36:31 ID:oqZ7wrEm

   // :/:::::/::::::.!:::|:::: !::::::::、:::::::::::::::::、::ヽ::::::::ヽ
   !|:::/::::::.!:::::::|:::∧::::|、::::::::!.、:::::::::::::ヽ: !:::::::::: !
  i:l: ::|:/:::.!::::::ii|_:| ヽ:::!l\:::!'、\::::::::::::!::!::::::::::::.!
.  |/l:::.!|, :::ヽ::::l'l:lヽ、ヽ:|l'´ヾr==ミ、:::::::|::|:::::::!::::: !
   |::.!l:.!::::::lヽ|,==、 `'    ヽ   \:|:: !: ::: !::::::.!     貴様ぁぁッ!!
   l/ `ヽ::|:::l     , - 、       ll'::::!.l:::::.!:::::::.!
       l`l::.!!     l/ ̄ ヽ    /.!::::.!:|::::::.!:::::::l     私達は互いの心を共有するはずじゃッ!
       !::::.!.!ヽ   ヽ   ノ  /::::|:::::|::.!:::::.!:::::::.!
      .!::::| !::::.` ー 、._ ´ ,/  |::: !:::::|:::l::::::.!:::::::|    なのに伝えるのが嫌とは一体何事じゃッ!
       |:::::|.!::::.!:::::.!:::::::::`Г    l-,|::::.!::::|::::::.!:::::::|
      |::::::l':::::.!::::::|:::::_, -/}    /:l:::::lー-?: !:::::::.!
      !::::::|:::::_!, .‐' ´.:.:.:!r- 、_ /.:.:.:!::::l// /`ヽ:: !
.     |::::::|/ ヽヽ.:.:.:.:.:.lィーミ./.:. :.:.:.!:::.!/  /   !::.!
.     |:::::::! ヽ ヽヽ.:.:.:.ヽ  / .:.:/ !::::|   /   |::::!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\   何事じゃ、と言われても……
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    | これはさっき言ったように、起こって欲しくない事が書いてあるんだお。
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |   だからこれは何も起こらずに破り捨てられるべきものなんだお……
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




16 名前:タタ ◆l4GgIhfAmY :09/07/09 12:36:50 ID:oqZ7wrEm

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)   運良く、それが起きなかったらその書き置きにはなんの意味もないんだお。
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|    でも、もし起きてしまったら、その時の対策をその中に書いてあるお。
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |     ……勘弁してくれお、もうこれ以上秘密は持たないって約束するから……
.\  "  /__|  |
  \ /___ /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       /:/l   /  ....:/::::::::/:::::::::::|:::::::i::::::::::ヽ::::::::::、::::::::::、::::::::::::::|
        /// ..:::::/:::::::::::::l::::::::::l:::::::::::::::!:::::::l::::::::::::::',:::::::::',:::::::::::',::::::::::::|
      l:/ l :::::::/:::::::::::::::|:::::::ハ:::::::::::::::|!::::::::!::::::::::::::',:::::::::',::::::::::',:::::::::::|   ……っち
      l! |:::::::::l::::::::::::::::::|:::::::| l:::::::::::::::|'、:::::::ト、:::::::::::',::::::::::',::::::::::!:::::::::|
        |! |:::::::::|::::::::::::::::ハ:::i:::ハ:::::::::::::ハヽ:::::l ヽト、:::::::!::::::::::!:::::::::|:!::i:::|   まぁ、今回だけは見逃してやる。
        |:::://!:::::::::::::::|ノィ==、l:::::::::::|l::i:::\| _,,.ミ::::::!:::::::::|:::::::::|::l:!:::|
        |::/リ |:::::::::::::::{ヾ|lソ、::::ハ:::::::::l ヽ!‐ィ='゙´::::::ト、゙ヽ:::::::!:::l :ノ:::リ:::|   でも次回同じような事があったら首だけ出して
        レ' i !:::::,::::::i:ハ `ミハ_;:、ノl\::|!  l |゙´'::::::i::l ノ 〉:::::::|:ノノ::::::::::l:|
          |::::ハ:::|i l   ゞニノ/  `  ヾiハニソ / |:::::::::レ'::::::::::::::i:!i   庭に埋めるからな。
          |::/ ヽ|.|::ハ :::::::::::       ::::::::::  i:::::::::::l:::::::::::::::::l:::|
          レ  _, ィ'l  l    ´             l::::::::::::ト‐──-、:|
            ノ:::::| |::::::`ヽ、  ─-      ,. ィ/:::::::::::/        > 、
            ハ:::::| |::::::::::::| ` ‐- ..,,,. -ィ'´-'´/:::::::::::/     /:::::::::::::)
           l  l:::::| |::::::::::::|     l:::::::レ'´:::::/:::::::::::/    /:::::::/   !
            |  |:::::| |::::::::::::|:::::_    \::::::::::/:::::::::::/    /::::::/     |
           |  |:::::| |::::::::::::|:::○  //' ̄/:::::::::::/    /::/        |




17 名前:タタ ◆l4GgIhfAmY :09/07/09 12:37:16 ID:oqZ7wrEm

     ____
   /     \   ……シャラザードと同じ事言うお。
  /  ─    ─\
/   ‐=・=‐ ‐=・= \
|       (__人__)    |
\     ` ⌒´   ,/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   /:: /:: :: :: ::/ヽ、|:: :: /|:: :: :: :|l:: :l :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :|:彡l:: :: :: :
  /:::/:: :: :: ::/:: ::/\:/ !:: :: :: | !:::|、:: :: l :: :: :: :: :: :: :: :!:/ :!:: :: ::
  |::/|:: :: :: /|:: ::/ |::/\ l:: :: :: | l:: ! ', _L :: :: :: :: :: :: :イ:::/:: :: ::   ところで、この便せんはいつ開けばいいんじゃ?
  |/ l:: :: ::/ .!:: /,イ厂?ヾ:: :: :|>弋 ヽ:__l_'.::ヽ:: :: :: :: |::./:: :: :: :
  |! l:: ::,イ| .|::/〈. ト;;;;イlヽヽ:: ::|  イ厂 イl.?ヽ:: :: :: ::|/:: :: :: :: :
     ヽ::| リ ∨ハ lJ;;;ソ!  ヽ;:!  ト;;;;;;;イl / |ヽ:: :: :/:: :: :: :: :: :
      ヾ   |:ハ ヾ =''   ヾ'  トj;;;;;ソ/  l:: ヽ: /:: :: :: :: :: :: :
         |::ハ :::::::::  ,      ̄ ̄`  |:: ::∨|:: :: :: :: :: :: :
         |:: ヘ、         :::::::::::::  イ::.::: :::|:: :: :: :: :: :: ::
         |:: :: : 丶、  丶       イ |:: :: :: |:: :: :: :: :: :: ::
         |:: :: :: |  > 、    ,, イ  lヾ l:.:: ::.::l|:: :: :: :: :: :: ::
         |:: :: :: |      >ァ''     !  l:: :: ::l.|:: :: :: :: :: :: ::
        _|:: :: :: |_,rュ='' ソ      丶-|:: :: :l_|:: :: :: :: :: :: ::




18 名前:タタ ◆l4GgIhfAmY :09/07/09 12:37:43 ID:oqZ7wrEm

     ____
   /      \
  /  ─    ─\     一番上のは、姫がちょっと困ったときに。
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |   二番目のは、それよりさらに困った時。
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |     三番目は、ものすごーく困ったときに開いてほしいお。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    , '::/::::::::::::::::::l:::: :::::::::::::::: :::::::::::::ヽ:::!
  /:::/: :::::::::::::l:::i|: ::::| :::、:::l:::::::l::: ::: ::.!::::!
  !:/l:: ::::::::/:/|:.!.|:::::::|: : |、:|ヽ:::| :::::::i:.!::::|
  !.!.|::|:::::::ト::|‐l:l、l::::::::lヽ:|‐l‐ヽ::|:::::::|::|::::.!    そんなんでいいのか……?
  ! !::.!:::::/j'〒=r、ヽ、::.! ',r=''Tヽ、l:::.!:|:::::|
   │:!::::i` .l:::::j|.  \:l .|:::::,!/ `'|/!]:::::::|    わけがわからないである。
     l::|ヽ:|!、 ー‐'´   ' `ー'  ./::|´::::::::|
    ` |::::|:ヽ     __    /:::::|::::::::::::|
      |:::|: :::\        /|:: ::|:::::::: !::|
      |:::|::::::|, r'`lー-- ´|` 、l:: ::|:::::: ::|::.!
     ,l‐'|::::::|.:..!: !l    .//:|:::::|、:::::::::!::.!
    /ヽ、|:: :::|:.:.! | -‐、  //.:.|::::::|.: >-、!:::l
     ! ヽl::::i:|.:.:.! |'´`\/:/ .:.|::::::|´ /´ヽ.!
    |  .|i::.l:|ヽ:|│  ./ /.:,,.-|::::::|'´     |.!
  /   l|:!:|ト、 |、|  /:/"´  |:::::::|     |:!
  ヽ、   l! l|   ト !, ' /-‐' ̄|:: ::: !     \
    lミー- l '  _、|!`l /     |:イ:::/      /
    `トーl   ,.|ニ'| ー   |' |;〈        ,<:!
.     | /-‐'´ |0| \  ノ ´ `'┬'ニ'二-」:!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ____
      /      \
     / ⌒  ⌒   \    後で分かるお。
   /  (ー) (ー) /^ヽ
  |   (__人__)( /   〉|
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
―――――――― \ _ _ _ )




19 名前:タタ ◆l4GgIhfAmY :09/07/09 12:38:26 ID:oqZ7wrEm
◆数日後

やる夫と共にヤッファについていく者が決まった。

            `  、
   _|_       \
    ,. ┼x'        ヽ
   ヽ.x|′}         .
      i          |
    ´厂 __           |                ___
    /  、_        |              .。ャ≦三三三三::
                    __ ,x≪三三三三三三三
     |   }        ,    ´. : : : : : : : : :`. ≪三三三三三
    `  ,        / . . .: : : : : : : : : : : : : : : : .`守三三三::
       /        . :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : . 寸三三::
.     ・      /  /  : : : : : : \.: : : : : : : i: : : : : .マ三三
、          ,、 | . :.′. : : : : : : : : :丶_ : : .:|..: :.: .:._.:.寸三:
 ` ー---‐ ァ. :´: :ヽ!: : :{: : : : : : : : : : :´ .:i ヽ.:. ,:..:|:.:: ./ ーァ`守
      /, : : / : : : : : ':_: : : : .: .:. .:.}:. |  ∨:..:j:.::/    ):.::
     ´ . : : {: : : : : :´∧: : |、.:..:.:..:../∨   ,}/.∨   7:「:..:.::
       {: : : :、: : : : : :{ \:! \:.:.:./ ,x=≠弍: /   /:..:|:.:..:.:
        : : : : \: : :..:.:.  ,x=ミ、`       r ´ .\ / .:.::!:.:r:r
          . : :|: : .:\.:.::.:∨    . -‐ ´\ |    ヽ`7、.::|:.:j:.|
         、 |\ .:|:.:.`:.r `   { ´      }|      ` 〉 :|:/`′
            `   `!:.::.:.:..、    、       /ハ      |:.:/'
              |:..:.:.::.:. `   . _ `¨¨¨¨´/ ヽ      |/.. . . _
          ,. .:.∨\:.:\\  丁二´斗 く      /::. .:. :.: :
       , .: .:.: .:.: .:. .:.: :`:.ー`:.:>/::〈/,:i |_j::::::ヽ.ュr<:.: :.:.. :. :.:
      .:'. :.::. :.:.: .: .: - .'':.::´.::./:::://::| |::::::::::::::::廴':.:.`_ ¨  ''
    ,.:.': - '' ´   ,.::':. .;.: /:::::::::V:::::l.」::::::::::::::::::::::\:.:.:`:..、

ルイセと……



20 名前:タタ ◆l4GgIhfAmY :09/07/09 12:38:42 ID:oqZ7wrEm

           /  ,,,, -‐ '''' " ̄""''‐-,,_  \  
          /  /´,,-‐'' """""'''' ‐- 、. \  \
             ,l 〆Θ='''' """ ン フ''ミ=oァ `\ヽ  l
          〈 (;;''" _,, -‐'",,=,,゙"'‐、 ヽ::::\ ヽヽ |    
          〉'  _ェ、'ゝ;"´l  `i '  l:::::::::::\`i|ン'
         /´-イ,"-,l  ` ,ゝ・‐´    i:::::::::, 'ニ、ヽ,    自分の側に自分の批判する人間を置くなんて
        `´   l l ・'           ゙''..:::':::`::}..l..
             i´ ヽ、テ          ,:: -――‐- 、  あなたも相当頭がどうにかしてますな。
              l   `  _.. -‐- 、 /;;;;;;;''''',, '':::::::::::`:ヾヽ、
             `、  , ',´‐ '"´´ /;;;;;;'''''  ,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,\\
              `、. '´     .l;;;''''',,,,;;;;;;;;''';;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,'''';;;;;;ヾ.、
               ゝ    .::::|,/: : : : /`'';;;;> 、"''''''';;;;;;,,,;;;;;/
            ,r'´;;;;;;;ヽ-‐ '':::" |: : : : :l;;;;;;'''''''',,,,,,,,,,,,;;;;;;> \;;ヽ
            ':::::. ;;;;;;;;;;;l i;;;; :::::l|: : : :ノ'',,,,;;;;;;;;;;;;'''''''"   ,,,,,,,,,,
           ..::: . .:: ;;;;;;;;;;lリ;;;;;;;;;;/: : : i;;;;;;;;;;''''''  ,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;; ; ; ;
          :: ::. .:::: ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: : :/;;;;''' c  ,,;;;;;;;;'';;;;;;;; ; ; ; ; ; ;
         ::::....::l‐- 、_ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l: :ノ;;''  , ',' ';;;''',, ,;;;; ; ; ; ; ; ; ; ;
        ,,,,,,,,,,,,,l   |;;;;;;;;;,-、;;''´‐'´;'' c , '',,'';;'',,;;'' ,;;;;; ; ; ; ; ; ; ; ; ;
     /;;;;;;;;;;;;;;;;;|   l;;;;;;;;;ヽ';;;;;;;;r'´, -‐''//;',;;;'' /;;;;;; ; ; ; ; ; ; ; ; ;

イーサーの二名である。



21 名前:タタ ◆l4GgIhfAmY :09/07/09 12:39:21 ID:oqZ7wrEm
イーサーは軍の中でも「扱いにくい」男として知られている。
四年前のヒッティーンの戦いの時も「先制こそ勝利」と命令を無視して突撃しようとしたゲクボリ将軍の下に居たが……

      /             ミ
    /`ヽ _               ミ
   ,イ,.- 、 |  ̄_ ̄丁 '' ー┬‐- -ミ
  /,|.l  l ! (  ) ! (´ ) !  r‐
  /イ,! `ー' _L =- --┴-ニ二ト、_'ー'
 |'J」-''_二 =-- ‐一 ー‐t‐-ト、 二__
 レ'/´ィ 、_________  ヾミ| l       一番乗りして戦功は独り占めだぜ~
 V ,、 F≡三r一tァー,    | l:.:. .::   
  |ノ^>、     '^ミ二´    | l:.:.:.::     全部隊突撃ッ!
  V/イソ            .::ヽ、二_ 
  | / ,'    _        .:.:.:.::i|,)ノ  
  |.〈、 、 _〉 `丶、     ;:ィil| ノ    
  |  笊yfミミミミヾ、     '!l|il|li!fj'
  ヽ |i''r ''_二二ニミ;ヽ、  ,|l||il|l|,「゚|
   |,l| V´ :::::::::;;/     トi|l|i|i|l|!Ll
   |i! ゞ=-‐''"     ,i||i|l|l|l|!|i{
   |il!  ーォii|「、 ,,.,.ィi||l|i|l|l|i|l|シ'
  ,/i|l||livil|||l|i|l|l|lil|l|i|l|i|i|i|l|l|l|{'
  {l|!|l|i|l|i|l|i|||i|i|l|i|i|i|i|l|l|!|l|l!r'
  ヾ!||i|i||i|i|l||l||i|i|l|l|l|l||l|l!イ
   ``,ヘi|l|i|l|i|l|l|i|r''`''"´ i      ,
    (_~`^~"゙'ヾ     ノ   / ,
   ト─'     ノ      / /i
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          __
   _,,,, -‐''''.´ ̄    ̄'''ー=x
 /''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=、
/::::::::::::::::::::._;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_::::::::::::::::::::|
::::::,, -''゙ ̄_ ,,. __ _x_ __ `'''::、::::::::i
゙Y゙ ィ '´_,,,;;::==--竺:-=::ミ、-.`ュノ
=:}''ッ〔c_゙:::::::::::  ..:::::::::::::::::::..`‐ミ{            だが断る。
:Tヽ;:;;/`'ァ‐。x;;;,___,,,;;;;ィTi、__
.{.iヽY  (_ _ノ〉   K(´゚ )`l:/ }::::、゙ヽ、
::ヾ,`|        | ゙ー  ,lイ /;;:;:ヾ、::.\
,w'゙Yl       rV'〉   .,!ソ'' "ミ::jノ:::::::::::`ー
, .}ミi、     ` '    /ミリ ミ ミ::::::::::::/i::::..
ミ,, ヾiミヽ, -=ニニニ= ,,ムジ ,,ミ'゙::;ィ゙:://:::::::.
:::ミi, l:;:;ゞiミx、_   _,,,イミジ 彡゙://::/./::::::::::::
:::::::ミ、ヾ、:;゙ヾi}エケZ゙エヅ:/ ミ:;ィ゙ ,,イ::j'./:::::::;;;;_::

と言って、部隊を決して動かさなかった。



22 名前:タタ ◆l4GgIhfAmY :09/07/09 12:39:46 ID:oqZ7wrEm
このため、部隊に混乱が生じてイベリンのバリアンに逃げられる事になる。

                         , ‐ト、―- 、
                 , -――∠-‐ゝ.\ : :ト-、_
                ゝ‐- /!| !   ヽ/l: ト、: ハ:\
                l \/, ⊥    |l V \l    お、あそこの部隊に隙がある。
                N : レ_、 _ ィ丕テl: ヘ. ∧ l
                l l: 〈rrtタV  ̄ ̄ l: : :∨ :丶l    全軍、あそこを突破だッ!
                l/: : l r‐/  ̄ ̄\j: : : : : : : :l
                l:i: : ヘl ` ___  l: l : : : l: : :l
                l:l: : :l:ヘ  ゞ-┘  ! l: : : l:l: : :ヽ
                l:l: : l: : \      l l: : l l:l: :l: l l
                l:l: : l:l: : lハ> --- イ:l: : l:l:l : !: トl
                l:l; : l:l: : l:.ハ   _ノィl: l:州:从:ノy‐-、_
                リヘ リヽ/:.iノ! // j:/':.:.l':.:.:ソ/      ̄ ‥‐- 、_
                  ゙lニl:.:.:l/:.:.:.:.:.:l':.:.:.:.:.:.://              \
               _ - ´//j:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//          /
             -‐ ´   { { l':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /         /

後にバリアンはイェルサレムの守備隊長になり、歴史に残る抵抗を見せる事なる。
ヒッティーンの戦いでは勝ったからいいものの、もし負けてたりでもしたら重大な責任である。

 .::/;;'  ,r'‐' ´/:::`::::ヽ..、   /  ''  |
.:,;;;''';  .:l, /::: :: : : \::'  ゙'';;,    |
;'';''   ::,レケ=‐-、- = ニ::::_\   ゙';,,,  |   部下の命を無駄に使うような無能者の命令
;;'' ,,,.-‐'' i´ 。    l  ';,,  ,;i'"\ ゙';; , |
'´i;;l.l'';;,;;;'ヽ....__ノ ,,'     l| ゚  \ ´"|   なんかには従いかねますね。
:::|:::||''';;;;;;;;;;ヽ ,, ,, ;;;,, ''  :::::!;;`ー-,,';;;;\ |
::|ニ||'';;',, '';,''' ,, ,,;''' ,,  ''  ''i'' '''j::::::::ヽ|
:::|ニ|| '''';;,'';;,,,,,;;;;;''; ;   _  ノ ,,; i::::::::: ソ
'ッ,,l.l   ;'';,';,'' '' ;,  セ´、/シ'  ''/:::::/,"',,,
'' ;; "';,、;;; '' ';, , "'',,       '' 〃/ ヽ  "'''';;,,
,;;';;;''''';;,,'' -=ニニニニニニ..‐. y/ ' "'',,  l..:::::.....;,''
'' ''' ,,, ''';;'';;;,;,,、   、     //i ' ,  _ "; \::::,;;''
,,;;;'';;''" ,, ";;;;'';;;;;`i ,, '',, //::::l ' `'i `'''‐-ゝ,,_
,;;;''''    "'';;,, ;;'';;l、ニ≡イ'':..:::.::ノ ` ';; i -....___ /
 ,, ,,    ,, "'',, ;;";┴ヒ'7:::..::/  ''  i |   //

イーサーとは、そのような男でもある。



23 名前:タタ ◆l4GgIhfAmY :09/07/09 12:40:18 ID:oqZ7wrEm

      ____
    /  ⌒  ^\
   /  ( ●)  (●)   どうしたお?
 /  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ
 |       |r┬-|   |
 \        `ー'´  /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    /´.:."  '' - _ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、
   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : :`: :―: :-: :- : : :-: :_: :_: :-: :´}
   {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }
    !,.:.,,:.:-.:.- ‐ ― -: :,, : _ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }  いや、あなたの判断は割かと正しいと思ったんでね。
    `|    (☆)        ` " ‐ ― - _ ,, : : : : :}
     | _ - - ‐ ― - _ ,,             ̄ "/  ラスカリスや、アル・カーミルといった主戦力はちゃっかり聖地に残してますし。
     / ´.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;` ‐ - ,           i
    /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.` ‐ ,,,      /   
   ./:;:;:;:;:;:;:;:;:;.;.;.;.;..;.;.;;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.ノ`ヽ,, - "
  /:;:;_:;:;:;:;.;.;.;.;.;..;.;.;.;.;.;.;.;.;...;.;.;.;;;.;...;...;.;.;.;.;.;/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;!    レワニカ将軍が“行動”を起こしてもすぐに対応できる人間がかなり居る。
  `´‐ i` ‐ - 、.;.;.;.;..;.;.;.;..;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;./:;:;:;:;:;:;, "ヽ:;:;:i
      !`i ̄`、` - ,,,____ ,, - ‐´ヽ、:;:;:;:/ /  i:;:/     
     / i ` ,,゚i    !´ i  ・` ‐i‐    ヽ/ /ヽ  }/
    ./  i    !     `- ,,,_ ノ       `  ノ
   /    !  /             ,`ヽ ,ヽ ノ
   /    ヽ ヽ_ 、          i ~
        ヽ ヽ       ノ  -ヽ
          ヽ` ヽ二二 =´  _ヽ
           ヽ `      て
             \ _ ,,




24 名前:タタ ◆l4GgIhfAmY :09/07/09 12:40:32 ID:oqZ7wrEm

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)   滅多な事言うんじゃねーお。
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|     ただの杞憂かもしれないし
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |      何も起こらなければそれでいいんだお。
.\  "  /__|  |
  \ /___ /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   __  __
   |;;;;;;;;\/;;;;;;{,
   );;;;,-=" ""゙〈   ねーねーッ!なんか綺麗な石拾ったー♪
▽ヽ |   レレWV〉
▽ヽ 〉  〈 ○ ()L>  見てみてーッ!
 ヽヽ〈ヘへ〉~_ヮノ
<_/) \ ><|つ
  <(/;;;;;;;?/
  ⊂ヽ;;;;;;;ヘ_/
     ̄し'




25 名前:タタ ◆l4GgIhfAmY :09/07/09 12:40:48 ID:oqZ7wrEm

<ねーッ!見てよーッ!綺麗な石ーッ!

   川       /’ '丶 , 、、    ..丶   ゝ    ゙l |
   川      ,j( -'wwwwwwwwwwwrrrrャゞ 、    | |
   川     /___rrrrrrrrrョョ    ,rr"_ィlf''"´ヽ´丶   ゙ll ゙l
  ///    / _,,----、゙'\ ̄   冫/ 0    〉1 ∧ 、゙l ゙i";   しかし僕をお供に選ぶとは
  ///    /‐ニ     〉 ゙'、    l 〈     〉’ ‐!|lll  ゙l゙i
  ///   _/   0    〉  ノ    .|.ヘ`ー---''′ ヘ|ll llllli ゙l゙l   なかなかの目を持ってると評価しましょう。
  ///  /,''、      /       ヘ       {lll |llll ゙i゙l
 ///   /  ゙ー---‐‐''´        \      |'ll lllllll ゙i゙l
///   /                  1      ' ljlllllll | l゙i
    ,,/                /`Y´l      」|‐ヘ ゙1゙i゙l
   /" lヽ              / ∩ l∩′    |,'  ヽl ゙i゙l
   /〃二 l'、             `゙゙-、  ,,ィ   」|  .. ゙l |゙i
  _/ '、 二l               ,,....-ニ´丿  ノyニ_ : ゙i |゙i
 _l「゙ /二、   ┬--.._......,-----´ _〃 丿  ノ  ゙i '、 ゙i
1jl ’ て‐' 、 '、   ゙ヽ、¬ `ー------‐'''"_/  ノ   〉  :|l  ゙i
:l    \ ゙'冖 、    ‐....、_________,,,,, -‐"  __ノ   /  〈   ゙i
゙      ゙'<ッ:、、`ー_    ´ ’    _..r;l´"     l  、j    ゙
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

<ねーったらッ!石ーーーッ!

     ____
   /      \
  /  ─    ─\    そうかお?
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

一行はヤッファへ……

【第十章】(1)終



26 名前:名無しのやる夫さん :09/07/09 12:44:44 ID:QpC7vrhp
乙です
イーサーにニヤニヤ 変わった人だなァ……


27 名前:名無しのやる夫さん :09/07/09 12:45:35 ID:qGSBBeAc
お疲れ様相変わらず?はかわいいのう


28 名前:名無しのやる夫さん :09/07/09 12:49:42 ID:BXcjxC9S

謀反まだー?


29 名前:名無しのやる夫さん :09/07/09 12:49:47 ID:CfW1VfRc
レワニカの心配もいいが、そもそもこの三人でちゃんと使者務まるのか?w


30 名前:名無しのやる夫さん :09/07/09 12:50:18 ID:3rWAhNw1
>おまえはもう私が死ぬまで死なないと確信しておる。
>私達は互いの心を共有するはずじゃッ!
プロポーズ?


31 名前:名無しのやる夫さん :09/07/09 13:00:12 ID:iUhdQ+nC
ルイセがかわいい



32 名前:名無しのやる夫さん :09/07/09 13:03:50 ID:cfm+WCqn

チルイセはガン無視されるのがデフォルトになりつつあるなw


33 名前:名無しのやる夫さん :09/07/09 13:04:33 ID:oz8rlOu5
乙です
開封指示がやけにアバウトなのは意味深だな


34 名前:名無しのやる夫さん :09/07/09 13:43:52 ID:CfW1VfRc
おっと乙忘れてた。
…まさかと思うがイーサー連れて行ったのって、
有事に足引っ張りそうな皮肉屋を切り離したのかなw


38 名前:名無しのやる夫さん :09/07/09 18:31:36 ID:8y1esG29

ルイセが可愛すぎて生きているのが辛い


43 名前:名無しのやる夫さん :09/07/09 20:09:35 ID:s/S32TqF
>>34
残したらシャナシードの邪魔になるというか、シャナシードが邪魔になるというかw
恐らくは非常時の最高責任者になるはずの姫と性格的に合わなすぎると判断したんだろう
逆に言えば有能でやる夫との相性は良いから、やる夫本人が連れて行くには適任だし


【やる夫がジハード(聖戦)を始めるようです】 第十章 ―2―

COMMENT

賦秀 * URL
07/26 11:00
 チルノかわいいのうww
.


 

TRACKBACK http://orehaya.blog73.fc2.com/tb.php/791-dcf1194b

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。