スポンサーサイト スポンサー広告 --/--/-- -- .

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【やる夫がジハード(聖戦)を始めるようです】 第九章 ―6― c0 t0 やる夫がジハードを始めるようです 2009/07/18 Sat .



            ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..    ::::::::::::::::::::::::::::::::::);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ⌒ヽ;;;;;ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ:....     :.:.:::.:::.:::.::.::(;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; (:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;,:.:-‐:::':::::::::::::....       :::.:::.::.::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r‐、;;;;;;;;;;;;;;):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.(    ::::::::::::::::::::::::::....      :::::::::`'''‐‐--''''つ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ:. ̄´:.:.:.(;;;;;;;;;;;;ノ:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.)    :::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:....       ::::.:::.:::.::(´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
/⌒''''´: :.:.:.:.   :.:.:.`'''''´ :.:.:.:.r'⌒ー-:.':..     :.:.:.:.:.::::::::::::::::::::....          :::::::ヽ、;;;;;;:::::-‐ 、;;;;;;;;;;;;
.  : : : :.:.:.:.   :.:.:.      :ノ.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:..      ::::::::::::::::::::::::::::::::....        :::.:::.::.:::.:::.:::.:ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;
 . .  : : :,:,:.   :,:,:.       :..:.:.:.:.:.:.. :.:.:::::::::..      ::::::::::::::::::::::::::::::::::....           ::.::.::.:(;;;;;;;;;;;;:::-
 : . : : : : :.:.   :.:.:.       :.:.:.::::::::.. :::::::::::::..       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::....            :.:` ̄: : : :
: . . : : : : : :.   :.:.:.       ::::::::::::::.. :::::::::::::..       :.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::....          : : : .
.  : . : : : : : :.   :.:.:.         :.:.:.:.:.:..:.. :.:.:.:.:.:.::..        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::....          :
    . : : : : : :.   :.:.:.         : : : : :::.. :::: : : : :..        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::....
 .   . . : : :.   :.:.:.       _,,..、-‐‐ー- ..,,            : : : : : : : : : : : : : : .
  :  . : : : _,,. -ー 、_,,..、-‐''"´..:::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、         : . : : : : : : : : .
     _,,,,....:::''"´...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::``::..  ....-ー- ....    .  :  . .   .
  _,,...,,_      """'' ‐ - ''''' """"´´      ``""''''  `:.... "´   ``
"´::::::::::::::``::...,,                                   _,,,,
:::::::::::::::::::::::::::::::::``        ,,....-:::::-....,,               .....-:::"::::::::::::`::....
   ""  ``""  ''""




232 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/07/04 23:06:59 ID:NNVLCFmX

イェルサレム近郊に近づいたとき、旧アスカロン守備隊の面々は帝王サラディンの出迎えを受けた。

                , -‐ r ─― 、
              /   /      \
           // ,=vシ== 、 ヽヽ ヽ
             // //     ヽ ヽ ! l l
         〃{ i{ {‐-、   ィ尢ハl i| |
           {仆 f ィ=ミ     ィ≠ミ  | |
           |ハムヘr;_j ,  jr;_リl  |)l|!
           l `∧  r‐‐v   li  l l |l
.            ,'  i ゝ、 ヽ ノ  ィ'l   l l !
          /  ,'  l _}>‐匕!_ /  ,'l l |
         /rt/   ィf< _ _ `/  /_j | l
        ノ |l/   ,' llニニ二ニ/  /  >、|
       /  /   /. ├ ¬ー/  / // ヽ
.     /   /   /  |   ,/  /´,/    ヽ
   , イ    /  ∧  | fA./  //レ''´    \
  〃≠-、,.イ/  ∧ \,|  /  /  ハ.      \
 〈     { /  /  \__,jイ/  /  /  !`ヽ、   ≠、ヽ
  ヽ   V  /  {  ̄i{}7  /  イ  i   >'´   /
   \  / //`个tト-イ/  / _/   i l/    /


彼は、帰還する部隊、客人、使者などはすべて自らが出迎える人間だったと言われている。
後年、この行動が彼の病を悪化させ死に至らしめた。しかし彼は死の床でも「客人が気分を悪くされないように」
と最後まで客人を気遣って、後悔する事は無かった、と伝えられてる。


             _,,,.......,,,_
         _,.-ッ≦―:::::::::::::::::::::::::::`:ー、
      ,..r::´:/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::ヽ
     ,.r:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::ヽ
    ,イ:::::::::::{少‐"´ ̄`^<::::::::ヽ:::::::::::::::!:::::::::::',
  ,イ::::::::::::/^        \:、:::ヘ:::::、:::::i:::::::::ヘ:',
  r:::/:::://           1:!、::::i:::::}::::::!:::::::::::!::,
  l:::i::::::i::i         , - ¨了ヘ:::ト、::i::::::i:::::::::::i:ハ
  i::!::::::ヘ:!__     /   ソ  !ツ i::|:::::::}:::::::::::}:::!   ……アシール……それにマフムードの姿が見あたらないにょろ。
  t:从::::iヾ_  `゙       ,.ィf斤本ヾ}:;!:::::::i=ェ;::::::i:::i
  f !::::ハ  x=ェ.      t弋り!}"|::!:::::::::ト、 }::::::!:::!
   ! ヾ_:::ヽ《ft爪!      ちエン 1j:::::::::tイソ:i::::i:::::i
      `iムヾムイ 、         リ:::::::::::|´:::::|::::!::::i
      |::::ハ  ̄           f;:::::::::::::!::::::::|::::i:::::!
      f:::::::::ゝ    r 、 _ _   |i::::::::::i::|:::::::::!::::i:::::}
      i:::::::::::↑-、_. |  !    ,.イ::::::::::j::!:::::::::|:::::|:::::i
     j::::::::::::::|::::i:::|i l  !、._,,. -´ f:::::::::::リ:iト、::::::;!:::::|:::::|
     ,{:::::::::::i:::|:::::|::!'!  ,!;:r^! , -=、::::::::::;'::j: : ヽ:!:::::::l:::::|
     f:::::::::::j::::|:::::!_/  .,!.  /  /:::::::::;':::,': : : : :`-、|:::::|

.





233 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/07/04 23:07:15 ID:NNVLCFmX

また、サラディンは下級の武将、兵士に至るまでひとりひとりの顔と名前を覚えているという
特殊な英雄だった。そしてそれが彼の悲しみを大きくさせる。

           _-─―─- 、._
         ,-"´          \
        /              ヽ
         /       _/::::::\_ヽ      ……戦死しましたお。
       |         ::::::::::::::  ヽ
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)
       ` 、        (__人_)  /
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{       リ| l.│ i|
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|     ……他に足りない者は?
          ヽ|l ●   ●  | .|ノ│
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |
          | /⌒l,、 __, イァト |/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \     ……タバリー、ワシール
    /  _ ノ   ヽ、_   \
   .|   (ー)  (ー) .  |
    \    (__人__) .  /
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ




234 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/07/04 23:07:44 ID:NNVLCFmX

サラディンの問いに、やる夫は犠牲者の名を正確に読み上げていく。
サラディンの思いに答えるのには、それが一番の誠意だったからだ。

        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\   ……そして、エリシーフ将軍も亡くなられました。
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{       リ| l.│ i|    ………あのエリシーフも死んだにょろか……
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|
          ヽ|l ー   ー  | .|ノ│
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |
          | /⌒l,、 __, イァト |/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |




235 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/07/04 23:08:21 ID:NNVLCFmX

長い沈黙の後、サラディンは友人に話しかけるようにやる夫の肩に手を置いた。
奇妙な光景だった。帝王が白人奴隷にそのようにしているからである。
だが、それに誰も疑問を抱かない。やる夫はすでにそういう位置に居た。

             _,,,.......,,,_
         _,.-ッ≦―:::::::::::::::::::::::::::`:ー、
      ,..r::´:/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::ヽ
     ,.r:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::ヽ
    ,イ:::::::::::{少‐"´ ̄`^<::::::::ヽ:::::::::::::::!:::::::::::',
  ,イ::::::::::::/^        \:、:::ヘ:::::、:::::i:::::::::ヘ:',    やる夫よ。
  r:::/:::://           1:!、::::i:::::}::::::!:::::::::::!::,
  l:::i::::::i::i         , - ¨了ヘ:::ト、::i::::::i:::::::::::i:ハ   これだけ多くの我が子達を連れ帰ってくれた。
  i::!::::::ヘ:!__     /   ソ  !ツ i::|:::::::}:::::::::::}:::!
  t:从::::iヾ   `゙      ,.ィf斤本ヾ}:;!:::::::i=ェ;::::::i:::i   本来ならば余はおまえに礼を言うべきなのだろう。
  f !::::ハ          t弋り!}"|::!:::::::::ト、 }::::::!:::!
   ! ヾ_:::ヽ     ,     ちエン 1j:::::::::tイソ:i::::i::::i  だが余はおまえにあえてこう言わなければならない。
      `iムゞ=r'''" 、        リ:::::::::::|´:::::|::::!::::i
      |::::ハ             f;:::::::::::!::::::::|::::i:::::!
      f:::::::::ゝ    r 、 _ _   |i::::::::::i::|:::::::::!::::i:::::}
      i:::::::::::↑-、_. |  !    ,.イ::::::::::j::!:::::::::|:::::|:::::i
     j::::::::::::::|::::i:::|i l  !、._,,. -´ f:::::::::::リ:iト、::::::;!:::::|:::::|
     ,{:::::::::::i:::|:::::|::!'!  ,!;:r^! , -=、::::::::::;'::j: : ヽ:!:::::::l:::::|
     f:::::::::::j::::|:::::!_/  .,!.  /  /:::::::::;':::,': : : : :`-、|:::::|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
        ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \
     /   (__人__)     \   ………
      |    ` ⌒´      |
      \           /
        /         \
       |   ・    ・     )
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ




236 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/07/04 23:08:44 ID:NNVLCFmX



=============================================



                        「この愚か者……」



=============================================



237 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/07/04 23:09:33 ID:NNVLCFmX

                     \
          ____     )ヽ
        .  ´_ -‐=≠=‐ `ヽ、ノ__ノ
    /: :/´______\ \
   /: :/´ ̄/: : : : : : : : : :`\ : \
 /: : : : : : : :/: : :|\: : i{: : : : : :.ヽ:. ::.i       !?
./: : : : : : : ハ/l:. : :.| _\_l_」__: : : : |: : :|
i: ,イ: :|: :|:斗七{ : : |   _};_}_ハ:`ヽ:.:|: : :|       へ、陛下ッ!?
|/ | : |: :ト、ャ=ァz\:i  ,ィテ:::j}}ハi: .V: : :.| 
 │: ト、|l、i|V:::f} `\ 込:.イi | : ト、| :.|
  Y' ヾハ `'''´ ,    ¨ ̄   i : i`}|:. |
      ∧ハ          /:./´:.|: :|
      ハ ヽ   (ヽ    , イ:/.:. .:.|: ハ
     i: :|: | >  __  <,//`>、: | i: i
     ,ハ/i: l´:.___/」   ///: : `ヽ_:|
        人:Y´:. :.:人____//: : : : : : : : : \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
                     _......-───--......_
                  ..ィ::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
                ..イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /:::::::::::::::::::::::::__:::::::__::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             ,.':/::/::::::::::::/ `'´  `ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
          /:/:::::/:::/:::::::;.'            ヽ:::::::::、::::::ヽヽ::::::::::.
            /:/:::::/:::::|:::__/_            ::::::::l:::::l:::|::|::::::::::::.   やる夫、おまえは自分を客人だと思っている。
         l:/ |::::|::|:::|::::/  `ヽ、         ';:::::l:::::::::|::|:::::::::::::.
         |′|::::|:?|::/            ´ ̄ ̄`'トL_::|::|::|::::::::::::::i  外から現れ、危機を救い、そして去ろうとする……
           l:::l::l::::「'l ィ行ミト、          ';l:::/|;'|/:::::::::::::::|
           ハ:l:::ヽ| |  「   |      '〒hミ._、 |/::::::::l::::::::::::::::|  自らを犠牲にしてまでだ。
              j::::::::::::| |  }ヘ_り         j   `ト>::::::::ハ:::::::::::::::|
          ;:::::::::::::ト!   ̄´  ,     ら、_j、/ |::::::::j. l:::::::::::::::|  皆のために、自分の命を捨ててまで尽くそうとし
            /::/:::::::::|::l       、_     ` ミソ ;::::::::’ノ:::::::!:::::::|
            /::;.|:::|::::::|:::ヽ    「 `ヽ      ,./::::::/::::::::::::|::::::::!  使い古され……捨てられる事を喜ぶ。
        /::/|:|::::::|::::::::\   ヽ _ノ     イ/:::::::/:::::::::::::::::::::::|
          /::/ .|:::|:::::八:::::::::::`  .__..  - ´  l,::::::::/::::::::::::::::!::::::::|  自分の事など、まったく考えていないではないか……
        /::/   V:::::j77 ̄ ̄ ̄  ,|      /:::::::/::::::::::::::::::l:::::::::|
.      /::/   /:::::;//       ハ      ./:::::::/\:::::::::::::::!:::::::::!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
.      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)    ……陛下?
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ




238 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/07/04 23:10:11 ID:NNVLCFmX

      |::::ハ  ̄           f;:::::::::::::!::::::::|::::i:::::!
      f:::::::::ゝ    r 、 _ _   |i::::::::::i::|:::::::::!::::i:::::}    愚か者め……おまえも我が子である事がまだわからないのか。
      i:::::::::::↑-、_. |  !    ,.イ::::::::::j::!:::::::::|:::::|:::::i
     j::::::::::::::|::::i:::|i l  !、._,,. -´ f:::::::::::リ:iト、::::::;!:::::|:::::|   
     ,{:::::::::::i:::|:::::|::!'!  ,!;:r^! , -=、::::::::::;'::j: : ヽ:!:::::::l:::::|
     f:::::::::::j::::|:::::!_/  .,!.  /  /:::::::::;':::,': : : : :`-、|:::::|


=============================================


         「おまえが死ねば、悲しむ者がここに居るという事が、何故分からなかった?」


=============================================

                   _____
                 / '⌒ヽ  ; '⌒゙\       ||  ||
                /        ∪     \      ||  ||
              / /´  `ヽ   /´  `ヽ \     o   o
             /  (   ● l    l ●   )  \
           /    ヽ_   _ノ   ヽ_  _ノ  ; \
           |  ;  ''"⌒'(    i    )'⌒"' ∪  |
           |  ∪      `┬─'^ー┬'′      |
            \          |/⌒i⌒、|         /
             \       !、__,!    U  /
             /       、____,,      \
            /                        ヽ
             |  、                 ,   |


やる夫は思わず顔を上げた。

帝王の目から透明の涙が溢れていたからである……


239 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/07/04 23:10:45 ID:NNVLCFmX

                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                /                     \
              /                        \
             /      ―――            ――― \
           /          _                _   \
          /          /´ ,..::::::::::.ヽ ヽ         /´ ,..:::::::::::.ヽ ヽ \   
        /        ,'  ,;::::::::::::::::::', ',       ,'  ,;:::::::::::::::::::', ', \
       /          {  {:::::::::::::::::::::} }        {  {::::::::::::::::::::::} }  \
     /           '、 ヽ::::::::::::::/ /        '、 ヽ::::::::::::::/ /      \
     |            (;;;;;;;;;;)) ̄ /       |     \   ̄          |
     |            /'       /        ∧      ',               |
     |          {{        {        / ヽ     }               |
     |           ヽ       ヽ___/ __ \___ノ            | 
     \          人        ヽ   ´    `  '             /  
       \           ( し.)                                 /   
        \       `¨                           /     
         /                                     \      
        /                                          \    
      / ̄                                             \


=============================================

            やる夫は帰る家を、ようやく見つけたのである。

=============================================


【第九章】(6)終


240 :名無しのやる夫さん :09/07/04 23:16:48 ID:7IKq2lqE
乙でした!
ちゅるディンの、弱点なのかもしれないが、だが、そこがいい!


241 :名無しのやる夫さん :09/07/04 23:23:45 ID:B/4+8FyG
乙でした!
こういう絆は、すごくいいなぁ…。


242 :名無しのやる夫さん :09/07/04 23:36:55 ID:T62mTnaD
>>1乙

>>240
新手のデイン系呪文かと


243 :名無しのやる夫さん :09/07/04 23:47:23 ID:qZIp/9iS
乙乙
ただ普通に原作をなぞってるだけなのかもしれないけどやっぱ>>1の演出は好きだ


245 :名無しのやる夫さん :09/07/05 00:35:02 ID:TprLqZB1
サラディン「聞きたいかね?昨日までの時点では、九万九千八百二十二人だ」


246 :名無しのやる夫さん :09/07/05 01:03:54 ID:czYM/0Rb
絶望ちゅるディン


248 :名無しのやる夫さん :09/07/05 07:46:26 ID:aGFfx44T
>サラディンは下級の武将、兵士に至るまでひとりひとりの顔と名前を覚えているという
>特殊な英雄だった。
アレクサンダー大王も同じ事してたって言うね
あざといといえばあざといけど、効果は絶大だっただろうな


249 :名無しのやる夫さん :09/07/05 08:37:45 ID:zh1pYbtI
能力的に特殊過ぎるだろ……
やっぱり俺もトレーズ様を思いだしたがな


252 :名無しのやる夫さん :09/07/05 11:51:58 ID:5e801evU
>>248
別段、サラディンやアレクサンダー本人が覚えている必要はなくて、
側に顔と名前を覚えた従者を配しておいて、それとなくサラディンやアレクサンダーに伝えればいいんだけどね。
一種の演出、とみなすこともできる。


253 :名無しのやる夫さん :09/07/05 14:42:46 ID:ziw5w0a0
>>252
そうゆう演出を自然に行い、違和感を持たせない
それだけでも並みの王侯貴族とは違う、王の中の王者たる所以かと


254 :名無しのやる夫さん :09/07/05 14:47:27 ID:9uIe0z/f
演出があったとしても、名もない下級兵士一人一人のことまで気にかけてたのは間違いないからのう


255 :名無しのやる夫さん :09/07/05 16:55:04 ID:InAA3BQC
真の指揮官はつねひごろから兵が死なないように心がけている
だから死んでくれと言った時に兵が進んで死んでくれる


【やる夫がジハード(聖戦)を始めるようです】 第九章 ―7―

COMMENT

.


 

TRACKBACK http://orehaya.blog73.fc2.com/tb.php/760-6254eef7

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。