スポンサーサイト スポンサー広告 --/--/-- -- .

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【やる夫がジハード(聖戦)を始めるようです】 第八章 ―1― c0 t0 やる夫がジハードを始めるようです 2009/07/05 Sun .



  ■╋■╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ╋■╋       やる夫がジハード(聖戦)を始めるようです【第8章】
  ■╋
  ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         _/     _」 ___            /                                          
         |___  \\\__         ヽ、                                          
        ~‐ー、\アテネ `‐、 !、         /                                          
        |_    `~  ○、 \\        |_                                          
         |_      | ̄    ̄         \      / ̄`ヽ、                              
          /   _ _l                 `‐ 、 _|     `ヽ_  _-‐~´~`ー-__/`一ケ          
          `ゝ.」ゝ_}                     ̄            ̄                / アンティオキア
                                                  キプロス島      /◎
                     クレタ島                        r~ー--ナ    /     
                    l~ー──-~つ                     く´  __く ̄      |◎ベイルート
                    ` ̄ ̄ ̄´ ̄´                      `ー´         | ◎ティール  ダマスカス
                                                           │       ◎
                                                           |◎アッカ  ◎ヒッティーン
                                                           |◎カイサレヤ  ◎ナザレ 
     /´ ̄`ヽ、                                               |◎アルスフ
    /      └‐――-、                                         |◎ヤッファ  
   /               ̄`ー‐--_               _-' ̄`ー‐--_           /  ◎ イェルサレム
   |                       ̄`ー‐--_   _ j′◎         ̄`ー____/ ●アスカロン   
                                 ̄ ̄   アレクサンドリア       |           \_____現在ここ×      
                                                  |                   
                                    <アイユーブ朝>    λ                   
                                                  | |       |           
                                                  | |      |            
前回までのあらすじ

           ついに始まったアスカロン攻略戦。前哨戦はやる夫が敗れたが、やる夫はアスカロンを見捨てるつもりは無く、
           次なる手段へを模索する……ダマスカスに帰ったはずの皇太子アフダルが現れるが、
           そんな中アスカロンの司令官エリシーフが敵の矢によって斃れる……




10 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/06/21 14:16:10 ID:jQGgUn06
イングランド軍陣営
 
.   //  / : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : .: .:.:.:|: : : : : : : : \
  ./  /: : : : : .:/: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : :\.:.: : : : :ト、: : : : : .: .:.:∧
     /: : :./: : /: : : : /: :/: : :/.:.:.:|: : : : : : : : : : : .: .:.:|: : : : : :| \: : : : : : .:∧
.    /: :/: : : :/: : : : /: :/|: : /.: .:/|: .:|: : : : : : : : .: .:.:.:|: : : .:.:∧  \: : : : : : :|     ……申し訳ありません。
   //|: : : : :/:j: : : /: :/ .|: /|.: :/ .l: .:|\:.:.|:|: |: : : :|: :|: : : .:/ |     |: : : : : : |
  /  .|: : : :/:.:.| : :/l: :.l‐十ト|、/ .|: .:|  |: |:|: |\: :|: :|: : .:/  .|     |: : : : : : |     あと少しの所で、やる夫を取り逃がしました。
      .|: : :/|: : |.: :| |: .:レf云テkヽ \|‐‐|‐ト|、j  |: |: :|: .:/   |     |: : : : : : |
      .|: :/ .|: /|.: :| |: .:| 弋zソ    ィf云テkヽ |: |⌒V     |     |: : : : : : |     どのような処罰でも受ける所存です……
      V.  V .|.: :| |: .:| `¨¨       弋zソ 》 |: |  /     \  |: : : : : : |
       |: : : : : \j ヽ∧     ,    `¨¨¨´  .|: |/        |\/: : : : .: .:|
       |: : / ̄ ̄\__|\    __         .レ'lー┬rv-‐'´ ̄ ̄\: : : : : :|
       レ'      ./|: : l\   `     . ィ´|: :l  | | |       \: : : :|
     ./       / .|: :/ .|\_  -‐ ´/j |.:/  | | |          |: : : |
    /       / ./レ'  .ト、 `ー┬r一' /l レ'  | | |          |: : : |
   /         ./\\.   | `ー「二コ‐'´ j    /./ .|          \: :|
. /          ./ .//   .|    | |   /   〈.〈  |           \
{           {. \\.   |    | |  ./     〉.〉 .|             }
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     /:::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::ヽ、
    _ラ::/ソイ〃:::::::::ィ:/|:l ゙l::|ヽ:::::;、レVwリl
.   7:::::::::::::::、:ハ|/ リ l!   l! _lハLl,i::;::::::::}
    |ハ:::::::i_l!‐_二`ヽ.  ` r≠、、`lイ:::::!   いや、むしろ今後の奮闘を期待します。
      :ヽ  / l!寸`      弋リ冫 1:::ト
      ヾ;ヘ  ` ´           /ヾ'   下がって休んでてください。
         { fヽ.     `´      /ソノ
         `ヽゝ.    ー ─‐   _'/     ジョフリー殿。
          ム、      /
             |`ヽ、_ __,/ |
             |       |
.          .'`ー┤       |`7ヽ
         _/  i /!        ト l ,ト、-、_
    _,. -‐'"´/,.ヘ \ ‐‐、  ,.‐‐  / i^| ヽ `‐- ._

.







11 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/06/21 14:16:38 ID:jQGgUn06

      l-ソ l /、/,.イ./ イ  i.、           ヽ j /  /
 _l/  l.f il:.l l:/,ォ._X:/ / l  l.l:ll l  |   |  ヽ  ヾム.≦ _
. / イ  |   l,._!_l l\ l / | /..ォ=〒= .、|  ノ|  ヽ   マj- _  \
│/ |  |  |  |、 l,.ニ=z、ヽ |:/ ゙ l,、。`´c} /| | /|/ |ヽ / / l\  ヽ \           は、はいッ!
. ll   |  l  | l./ l_.゙ーi      ヾ - ク,ヽヽ/|ノ|/ ,| ∨///lヽ \. \ \
 l   l l、 丶 lヽ r゙ c             |   |⌒ヽ/ ヽ  ヽ   \ ヽ
     t l ヽlヽヽ ゝ'′、      ////   |   |ヘ ノ. \   l     ' .',
     ヽl レ  |               |   | /    \  |    . l  l
      |   八    r ̄ ̄ノ       | ∥|        \j    j  |
           \            ´ | /|/               /  ノ
             \        /   |/             /  /
               ヽ、._.  .  ´                  ノフ  /
              ̄|  /< ̄ ̄ ̄  /              |r /
                                        | /
                                       / ´


=============================================

かつては敵ばかりだったが、今ではリチャード王に匹敵するほどの信頼を勝ち取っていた。
ジョフリー・ヘレフォードなどは一番ウィルフレッドに従えないと公言していた者なのに
イングランド軍陣営の中では一番、ウィルフレッドに忠誠を誓っている者に変貌していた。

=============================================


  / `メ:::::::ハ::l / ヽ ,.r-‐┐    ヽ、:::::,r‐、::::
  ヽ、|:::::::l ヽ!  /トイ  ノ       i::/ ,ヘ ヽ
   `l::::ハl     ヽル'           レ ) } ) l      
    ヽ:l'´ヽ、                  (ソ r'
     `ヽfラ、             ヽ._ノ::::   (……それにしても僕は甘いな……多分、陛下ならジョフリー殿を斬ってただろう)
        ン′              lハ:::::
        ヽ‐´   _            l:::   (……僕はまだまだリチャード王には遠く及ばないんだな……)
            、 ´             lハ
          `丶、        / _,. -‐‐‐-     
              ヽ、__,. イ/ ,. ヘ:::::「
                  (_,ィ'   ヽJ
                 ____」_〉二! f⌒!    (……やる夫にアスカロンに入られてしまったか)
              (´___,. -‐-、.:ヽ!:l.:.:l、
               `ー,=‐'::`ヾヽ、\.:.:l   (これからはやっかいな戦いになりそうだ)
               r'´,.r‐-、_.:.:` ヽ、ヽ|




12 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/06/21 14:17:07 ID:jQGgUn06

            _,. - ''  ̄ ̄ `ヽ、_
         _  '´             `ヽ
      , '´                    \
   _, イ´                      ヽ
  ´ ̄/   / ./                      ',    ウィルフレッド殿。
    / ′/.l  ′ .|      ヽ          |
   ./ .!  ,' l l    |  '.       ',     l    |    ……あなたは模範にする人物を……
  .,' /l  | .! ハ    |.   ヽ      |     |     |
  l ′! ハ トl.ハ   ト、   ヽ.    !       l    !    目指すべき人物を間違えましたね。
  |′ l トヽ.l.イヽ'.,  ! _ヽ.__,,..lヽ.,,__|      .l    ,'   
     ', ハ ハ l'::;! ヽ.',  \上_ ``!      ,'   /     それがあなたの敗因になる……
     ヾ `l l ┘  `  ´|テ;;;;::ミ>.|     ハ ,イ /    
          |.ハ.  ′     r'_;;;/  l   / リ./ l/
         ', lヽ  .、        |  ./ '´/ ′
        Vl  \       _,..′ ./,.イ/
         ヾ    `ー zニ ´_/ /ソZヘ
            / ̄´    // ̄   ノー‐----、
           ノー--―r--  -'ア´        ト
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             _,. -‐‐‐‐-ヽノ__
          , '´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
          /レl::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::iヽ、      (またか……)
        / /l /ハ/l/!::::::::::::::::::::::::::ハ:::ト、::| ト、ヽ
       /レ'::::l/::∧/ノ::::::::::::::::::::::::::l 1ヽjヽ、l:::ヽ!i     ……僕が目指している人物?
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::/|::ハ:::::::::V::::::::::::ヽ!:::::::l
    /イ:::::::::::::::::::::::::::::::::/   l:! l:::ト::::::::::::::::::::::::::::::::l    リチャード陛下の事ですか?
   ' ´ リ!::::::::::::::::::::::/レ|/    lj l:ハ:::lノト、:::ハ::::::::::::!
      |:イ::::::::::::ム::l‐' !_ ̄    ‐‐レ'_‐-l/、|:::::::::/
      リ |:ト、::::ノ レィ'´l:ラiヽ     '´iう:!ヽ  i::::_/
        {ヽ:l    ー'       ー' '   リ'`i
          l ,ヘ!        〈l          /ソ/
         ` y、             /-'´
            ゝ、     --     ,イ
           ,.イ  iヽ、      .イ `!、
       ,. ‐'´ ,' l l`! 丶 .__ ,. '´ |ヽ. l ヽ 、
       /   ,.イ  リ |          |  l    `ヽ
    /    /,イ   {           l  !     \
  /     / l   l           i  |!        \
 l´      /     l___       ____/   ハ       ヽ
 |        ,イ  r‐、_ ト、二ヽ_ __, '´__,.イ    i        i
 l    _,r' /  ノ   〉l、:::::::::::`::::::::::::::/ r'´l   lヽ、     |
 ト、__ヌi´   '-‐'´  <  ヽ::::::::::::::::::::::::/  > `ー‐┘ `ヽ、 / ,イ!
 l   l        ヽ、ヽ::::::::::::::::::/ /         メ'´  l




13 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/06/21 14:17:37 ID:jQGgUn06

      /                ヽ    \  \
      ,'     /  /            l    \  ヽ
      !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,
.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄  貴方は元来、やる夫と同質の存在だった。
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│    しかし一度、陛下に敗れてあなたは陛下の姿を憧憬するようになった。
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ
     イ 八{´l  !|<.f{矛:下 '    イ孑代フ イ } /         
.        Vハ  |  r';;z j       r';;zリ /}, '//
        ヽ ',  |    ̄      ,   ̄  チ' /     本来、やる夫が持っている力と同じくらいのものをあなたは持っている。
         `ヘ lヽ       _     厶 ./
             ', {.代ト、         , イ | /       けど、陛下を模範するあまり本来の力に足かせをつけてしまった。
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./
            / ヽj       {`ヽ   ′       故に、100%力を発揮できない。
.        _ /  「´        ヽ} \
    _, -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、     それが今回、あなたの命取りになる。
. r<\\        ヽ '´ ̄ ___ `ヽl|     / /ヽ
 y⌒ヽ \\      V  ̄ _ `ヽl|     / / ∧
./    ヽ. \\     ∨ ̄  `ヽ |     / / /  l
{      ヽ \\    ヽ     /    / / /  │
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
´::::::::/ィノl,.イ l/ノ::::::::::::::::::::::::lヽj\_::lヽ、::::ミ:ヽ
::::::::/::::l/:::::l/::::::::::::::::::::::::::::::゙vヘハト、 ヘ:::::Vハ
::::::::::::::::::::::::::::::::::/l:::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::\l:::::::::::i
:::::::::::::::::::,イ:::::::::/ |::::::::::ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!      ……では、どうすれば僕はその足かせを外して
::::::::::::::::/ |::/|::/ l:::i:::::!  ';:ト、::::ト、::::::::::::::::::::::::::::l
:/l::::::/l:! l/ l/  |;ハ:::|  リ ヽl !:ト:::::::::::::::::::::::l      やる夫に勝てると仰るんですか?
ノ !ハ:l ,リ-‐‐- 、     l:!__ ___ ,リ l:ハ:::::::::::::::::::ハ
  !r-! ィ'Tメミ ヽ    ‐,=ニ 、_` `   ヘ::::,:rーv′
  { ヽ! ヾ少       {トソ `>    l:/,.f⌒リ
  ヽ l            ` ´      ソ/l´) /
    ヽ!     ノ           r'ソ /
      、   丶          メ-‐'"
      \   ヽ二)      ,.ィ'
       \        ,. '´,'
     ,.-‐ '´lヽ、   ,. '´  !、
    /  く  |  `¨ ´     l \
   __/    {,.イ         l !  ヽ、
 /ノ     ! l         |、l    i`丶、
'´  i     l、         |    ',   ` ‐ 、
   |      l          l    ヽ.__    '' ‐ 、
_,.-‐l      ゙i  ̄`ヽ _,.-'´ ̄ |     ヽ.\     `ヽ、




14 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/06/21 14:18:10 ID:jQGgUn06

 /,           |      /:: , l:: i::. }::ヽヽ::.ヽ \
.//        .:! :| :    /:::/:/::/i: /: !: }i:',ヽ:|
i,i        .::| :|: ::   !,/_ム/_ l:/::: l:: !l::! i::!         今は無理。だからあなた敗れる。
. ! l .:     : .::::| :i:.::   レ',ソ,_/`!::/i:/ i:! |
. !.:! ::.   : .:.::/´', !:::  | ! ヾ.i´:i` !/ /  !          
 i:l', :::::. :. ::. ::〈 、'_゙il::::.  |.|   j_ソ ゙、_
 ヽヽ、:::::::::. :::.::::\ニ',::. ii::!      ノ
    ヾ、i::::l::::l::::',:|  ',::. !',!     ィ´
      i|ヾ:!:::i::::/ヽ  ヽ. l 丶.   /
       ノ /ii/lノ     ヽ:r‐y┬ '
      イ'"`'‐- 、    / ヽl/ '
      /      \__{ヽ、
    /_,, -‐‐‐-- ,,_  \_,ヽ‐、


実はリチャード王もどこかでそれを望んでいる、とは流石に言わなかった。
しかし彼女の推測も、間違っている箇所も多々ある。


            /::::::::,. ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              ' :::::::/::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
              /:::::/ ::::::::::::::::::::/:::::::::::::/!::::::::::ヾ :::::::::::::::::\
            ':::::/::::::::::::::::: ` ::/::::::::::/:::, ::::::::::::| ::::::::::::::::::::: ',      急がねば……速くやる夫に会わなくてはッ!
           /:::::::::/'::::::::::::::::/\::.イ::::::/:::::::::::: ハ ::::::::::: ::::::::::l
         . ::::::::/::!:::/レイ:::::::/ヽ|.:イ::::::::::::: ′|:::::::::: i!:::::::::|
         !:::::::/:::イ 「r-テ‐ ミ / .' ::::::::/   |:::::::::::i!:::::i!::|
          /.::レ'::N ::|  l! ':::::::し∧ / ::::/´  ̄ 丁 :::::::i!:::::l!::|
        ハ::::| ⌒|:::|    ト- イ  /::/ z==ミ、ノ:::::::: /:::::ハ,
       / !:::ゝ v' ::|⊂⊃ゝ- '   /  /:::し/ ! 〉::::::/:::::〈
       i! |::::::: `|::::|           ∧_:::/ i//:/::::/:::\
       i! |:::::::::::|::::|----、        ゝ- ' イ::::::/::/ヽ:::::::\
       l! |:::::::::∧::|   /、   - 、   ⊂⊃ハ:::::ィ:::::::::::\:::: \
       l! |::::/ ∨\/|-l ゝ __  _.. イ::::::ハ:::::ヾ::::::::::::::\:::: \
       l! レ′       ∧ハ / /::::::::::::::::∧::::::::l:::::::::\:::::::::::::\::::::\
       ∨    |/   ∧ 彳 〉、∧:::::::::::ヾ:::::::\:::N::::::::::::\:::::::::::::\::::::\
       /    /     /ア丁 |:::::::::::::::::::::ハ::::::::::\:::::::::::::::::: , :::::::::::::::ヾ:::::::ヽ
      /     /     /Tハ ! ハ::::::::::::::::::l  ',:::::::::::::\:::::::::::::::l:::::::::::::::::::ハ::::::::!


ウィルフレッドに制約があるように、やる夫にも制約となっている人物が居る事をベレンガリアは知らない。


15 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/06/21 14:18:28 ID:jQGgUn06

◆アスカロン

.   〔二二二二二〕      〔二二二二二〕        〔二二二二二〕      〔二二二二二〕
__|      ::|____|      ::|_______|      ::|____|      ::|__
TTT.|   l⌒l  ::| TTTTTT|   l⌒l  ::| TTTTTTTTTTT|   l⌒l  ::| TTTTTT|   l⌒l  ::| TTT
.TTTl     ̄  .::|TTTTTT l     ̄  .::|TTTTTTTTTTT l     ̄  .::|TTTTTT l     ̄  .::|TTTT
TTT.|      ::| TTTTTT|      ::| TT/ ̄| ̄\TT|      ::| TTTTTT|      ::| TTT
.TTT|      ::|TTTTTT |      ::|TT |   :|:   | T |      ::|TTTTTT |      ::|TTTT
TTT.|      ::| TTTTTT|      ::| TT|   :|:   | T |      ::| TTTTTT|      ::| TTT
.TTT|      ::|TTTTTT |      ::|TT |   :|:   | T |      ::|TTTTTT |      ::|TTTT
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ____
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
      /( ○)}liil{(○)\  /   /
     /    (__人__)   \/   /   /  )   え、エリシーフさんッ!!!!
    |     |i|||||||i|     /  /  /  /
    \     |ェェェェ|     /   '` ´  /
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
    /        -、      }        (  ̄¨´
   /           ヽ._       __  \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         !/,  `''":!         ..:::::::::::"ヾ-、゙ヽ::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         |.″    |    ::::    :::::::::::ノ,,,_ノ ,' ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::!    『公正』……か……許せ……
           .!,´\   l    ::::::::::::::::::::::::  r;;,,__ ノ /:::::::::::::::::::::::::::::::_ノ
         l|:::::::ヽ       ::::::::::::::::::::l    ,...:::'";:,‐ー ''''''''''''''" ´
            ,'i_ -=,' !    ::::::::::::::::::::;;`"":::::::,';:/
         iヽ`"ノ .i   i:::::::::::::::::::::,::::::::::::::::::,';ノ
         |     "  ,':::::::::::::::,:::'"::::::::::::::, '!
         !  _,,, '"  ...:::::::,:::'"::::::::::::::::::::/:.:.!
            ` 、::;;;__:::'"::::::::"::::::::::::::::::::::::::/:.:.:.i
             ` 、::::::::::::::::::::::::::::::::::/:.:.:.:.|




16 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/06/21 14:18:58 ID:jQGgUn06

        ____
      /      \       なんで謝るんだおッ!
    /  _ノ  ヽ、_  \
   /  /⌒)   ⌒゚o  \    はやく手当を……
   |  / /(__人__)      |
   \/ /   ` ⌒´     /

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         i l! ノノ:::::::::::::', .::::         ,' i:::::  |! ,'ー--  -ーー '"
         | .|! r二ニヽ:`:::::',   :::        / ノ;;__ ノ, '      ああしなければいけなかったんだ……秩序というものが……
         | .|! |:::::::::::::\..:::',   :::::.      !    _/
            ! i! |::::::/´゙:./  `, ::::::     i!`''' ´ /        …軍隊という集団には…俺のような頑固者もひとりは必要なんだ…
          i  L!ニニ`//::i  l:::!:::::::  i ,'::  , '
          |  `--- '"::ノ ,' .,':::::::   !'"  //ーー- 、     ふふ、だが……おまえにアスカロンの兵三千を託す……
         │  -ー-     / ,'::::::: : : /:: : :'"/:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:`  、
      ,   '"゛ヽ、       /::::,':::::::::::::/::::::::/:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`` ー-おまえだけが……最後の希望なんだ……
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`....-ー'";;;;;;;,:':::::::::::::::::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
   , ':.:.:.:.:,:.:.'":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',`ヽ、 `゛::::::;;;;;;/::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   部下を……俺の大事なウジ虫共を守ってやってくれ……
    ,:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:', /(-===-、/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.




17 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/06/21 14:19:18 ID:jQGgUn06

         ____
       /     \         駄目だおッ!
      /  _ノ   ヽ、\
    /   (○)  (O)  \      死んじゃだめだおッ!!!
    |       ||  (__人__)  ..|
    \    ノi   !  |.  /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                        l |      /i   ;;ハ `    ノ l.ソ .l
                     .| l.    ./`-=、_,=-ノ、   i   !/ .,'   ……アッラーこそ……我が命を……
                     !.' ,   i!    l !   ゙i!  l!  .,' /
                     `-ゝ   i! ;,'"⌒゛ヽ,; .i!   .,' ‐"
                       ',   i! (~i ̄ ̄i~! .|   ./
                ,,      /:..l .l! |! ',t--ーt/ i! / ,'


=============================================

こうしてアスカロンは勇猛な首将を失った。そして実質的に、アスカロンの三千の兵はやる夫が指揮する事となった。

=============================================




18 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/06/21 14:19:35 ID:jQGgUn06

       /  ̄ ̄ ̄ \:
      ::/        ::::\:
     ;: |          :::::::| :
      \.....:::::::::    ::::, /     ……エリシーフさん
      r "     .r  /゚。
    :|::|     ::::| :::i
    :|::|:     .::::| :::|:
    :`.|:     .::::| :::|_:
     :.,':     .::(  :::}:
     :i      `.-‐"
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          /:::::::::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::!::::i
            ,'::::::::::::/:::::::::::::/::::::::::/::::::::::::|:::::::::::::i:::::::::i::::l
         l:::::::::::/:::i:::::::::/_::/|::::::::|::::::::|:::::::::::::l:::::::::l::::l
          i:::::::::/:::/::::::丁:::/ ̄i::::::::l:::ー∧一:::::::|!:::::::|'リ
        _ノ::::┌i:::/::::::/斤心ヘ i:::::::::i::::メ≧i::::::::::::i:!::::::!   …………
        >:::::{ レ' |:::::7レ升::} /:::/|:/辻:}l::::::::::ハ:::::!
      _,>::::::::i ヘ|:::/ ゞ‐" //  ′ゞ‐' l:::l:::/  ∨
         ̄` ̄`\:|:/       ′   、   ∧!/
             \|\       _    /  ′
             _{i       ´   /
            // `\  > _ イ
         _,、-;'´;;;i     `ー 、, _ノ iヽ、
     _,、-;;"´;;;;;;;;/;;;;;l      /ヘ l;;;;;ヘー,,、
_,、-;ー'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;ヽ    /::::::::∨;;;;;;;;ヘ;;;;;`';;;;;;;、_


=============================================

託されたものを、怒りとともに背負う……その覚悟を胸に、やる夫は顔を上げなければいけなかった。

=============================================


【第八章】(1)終


22 :名無しのやる夫さん :09/06/21 14:51:26 ID:cmx1eILe
おっと、今日まだ続きがあったのか
乙です


24 :名無しのやる夫さん :09/06/21 15:33:15 ID:PM/COm7j

やる夫の制約=シャナシーとか言われるとシャナシーがほんとやる夫の足手まといにしか見えなくなるから困る


26 :名無しのやる夫さん :09/06/21 16:44:16 ID:FR/3w1h7
乙 
今日は多いな


27 :名無しのやる夫さん :09/06/21 19:08:56 ID:HyROtojU

とうとうナレーターにまで制約呼ばわり……w
シャナシーマジ頑張れ


28 :名無しのやる夫さん :09/06/21 19:14:03 ID:OzLt8WIc

駆けつけてまた足引っ張りそうな気がしてならないが…w
シャナシーマジ頑張れ


29 :名無しのやる夫さん :09/06/21 20:22:05 ID:OghqmNzB
でも、シャナシーが役に立った事って… 足枷が有ってこその英雄なのかね。


30 :名無しのやる夫さん :09/06/21 20:34:57 ID:ndkLVrXI
制約と誓約によって能力を高めるというあれですね、わかります。


31 :名無しのやる夫さん :09/06/21 20:58:08 ID:ZqnGnEWN
乙~
やる夫はシャナシードの為に戦ってることに救われてる部分があるからな
無私の英雄になるとキリストやらアチャーやらと同じ末路になる


32 :名無しのやる夫さん :09/06/22 02:31:20 ID:GmeGpldY
エルシード姫は客観的に見ればカリスマ性に溢れた英雄だぜ。


33 :名無しのやる夫さん :09/06/22 06:45:17 ID:q9zgPWpR
精神的支柱、ってことなのかなぁ。
でも、シャナシーの為って言うよりは、イスラムのため≒無私で戦ってるように、やっぱり見えるけどなぁ


34 :名無しのやる夫さん :09/06/22 10:33:36 ID:Oo5JuSbl
いやいやこんなに面倒な上司役だったエリシーフさんだって
死の間際には立派に見せてくれたんだ。
きっとシャナシードも死に際には…って、何か背後にくぁwせdrftgyふじこlp


【やる夫がジハード(聖戦)を始めるようです】 第八章 ―2―

COMMENT

.


 

TRACKBACK http://orehaya.blog73.fc2.com/tb.php/694-8282e3f8

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。