スポンサーサイト スポンサー広告 --/--/-- -- .

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【やる夫がジハード(聖戦)を始めるようです】 第七章 ―5― c0 t0 やる夫がジハードを始めるようです 2009/06/27 Sat .


◆ヤッファ

    _
   `))
    ´                       ∧
                     <⌒>
                       /⌒\
                       ]皿皿[-∧-∧、
         ________∧_/\_|,,|「|,,,|「|ミ^!、
       /三三三三三三三 Π . ∩  |'|「|'''|「|||:ll;|
    __| ̄同 ̄同 ̄同 / ̄ ̄∧ ̄ ̄ ̄ ̄∧ ̄\
...  _/__|==/\===ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|
  /_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | 田 |「|  田 田 |「|[[[[|
  |ll.|ロ ロ /|.l⌒l l⌒l l⌒l l´| |    |「|        |「|ミミミミミミ、
  /〃 ̄ /::|.| ,,|| ,;:'゙ ゙`ヾ,,.| | 田 |「|  田 田 |「|:::::::::::|
  | |  | :|.|,;ヾ゙゙ヾ゙゙゙'';;,,:::ヾ゙゙ヾ''""``ヾ;;,,""~`ヾ゙゙`ヾ、´゙゙ヾ"
''""``ヾ;,;ヾ゙゙ヾ





140 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/06/16 15:50:09 ID:xg5bIWR2
モンテフェラート候コンラードによって生み出された十字軍の亀裂は、とても根深いものだった。
誰もが何かと理由をつけてリチャードと会談する事を拒み、そのくせ利権は要求するのである。

 _,/   :.. ::.::::. :::::::::.. ::.. :::::爿
弋li   ::ト〃1::::..:::::::::ト、:::::::.::::::i        今は病気で会えないけど
  |i  :::|__ l::ト:::::::|i:l_,.ゝ:::::::::::l
  jl .::::l __`i} V::j斗ぅテiトi:::::::|        戦後はあの土地とあの土地
  ll ::::Tてテ|  |/ ヾ'シl ト:l}::|
  |l ::::ム `='     丁Vノ:::::|/´}      を要求する。
  |l :::::`ヽ、  -‐  {  {:::::::/ /
  |ト ::::::::::::::> 、.__,. ィ:ハ  L:/ /      あーあ、聖戦に参加できなくて残念(棒読み)
  Nl:::ト、:::ハ|:レ7    `y〉    ん-、
   ヽl _>'´ |    〃__  / , ヽ
    /!    「`  '7{ ___){_ / ,ハ
   /:::::l    l   / \__, -、.  ̄_/::ヽ
  {:::::::l    l  /   ヾヽ  Zン::::::::::}
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                     / 三二ニ= 、
                    ,イ/  ,二二ニ ヽ、、
                   ハ{   / >‐-= 、 \_/,イ
                   /´二}  {´ , -‐- 、  \ー'__}          我がフランス軍はアッカ防衛のために軽々しく
                 //, /`ヽ、V /∠二ミ 、_  _ノ
                {〈 ,{ V´ `ー~´´´´´V/7//           兵力を裂くことはできません。
               、__」レ'ノ 〉    ,   _V´}/
                ミ三,-r´、≧ミ、 ソムtf我`レ/             ですが戦後は(r
                  ヽ!     ´ | ` ̄  .'´ _
                   」、   、j    /,r'´   \
                   {{ }ヽ -ー一  イ>ト     ヽ
                  . ィV__ \ ⌒ /ノ {ヘ     `、
              _.. ‐ ´::ノヘ」|〉ーf=i⌒lレ>/ ', /}   `、
        _.. -‐.::::::::::::::::::::/ \,」 }  !   {(/i   V l    `、‐-    .._
    r<:::::::::::::::::::::::::::::::/  <ヽ.ノ  rk!  .レ'  >'´/ノ     `、:::::::::::::::::`ヽ
    _)::::::ヽ、:r== '"´     ノ  ヽ  し'  ,/ / / ィ´       ヽ::::::::::::::::::/
     ヽ:::::::::::||\ ` ー…― - ⌒ヽ}  -‐ '"´  ´/ノl   , -‐-  .  \:::::::/
      |::::::::::||   ヽ          ( rヘォー─ '7'´ | /.::::::::::::::::::::`丶 `く

.







141 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/06/16 15:50:44 ID:xg5bIWR2
一方で、聖騎士団、テンプル騎士団などの急進派はリチャードがアッカを攻めない事を批判する。

\                        /
  \                     /
             / ̄ ̄ ヽ,
            /        ',      /     _/\/\/\/|_
    \    ノ//, {0}  /¨`ヽ {0} ,ミヽ    /     \ バーカ!    /
     \ / く l   ヽ._.ノ   ', ゝ \       <          >
     / /⌒ リ   `ー'′   ' ⌒\ \    /          \
     (   ̄ ̄⌒          ⌒ ̄ _)    ̄|/\/\/\/ ̄
      ` ̄ ̄`ヽ           /´ ̄
           |            |  
  --- ‐   ノ           |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             __,,..,,,,_        _,,..,,,,_
    バーカ>  ./ ・ω・ ヽ      / ・ω・ ヽ <バーカ
           l      l     l      l
           `'ー---‐´      `'ー---‐'′

            __,,..,,,,_        _,,..,,,,_
           ./ ・ω・ヽ      /・ω・ ヽ
           l      l     l      l
           `'ー---‐´      `'ー---‐'′

            __,,..,,,,_        _,,..,,,,_
    バーカ>  ./ ・ω・ ヽ      / ・ω・ ヽ <バーカ
           l      l     l      l
           `'ー---‐´      `'ー---‐'′


                聖騎士団



142 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/06/16 15:51:06 ID:xg5bIWR2
リチャードはその戦闘能力の高さと引き替えに、政治力を一切捨てて生まれてきたような人間である。

          -――-
       /:::ノ´ ニニニ 、ヽ
      /.:/ !:/_/l: !:: 、:ヽ: ∧    戦争なら負けないわよ!
     /:〈_人!: l∧ヽ:::i:i:_:ト、: :i
    //:://l !/ ┬-ミ ヽ!Vlく::l            ,. ___
   〃/ ⌒ヽ, `ー'  てjノ !          ,,/⌒  ⌒u:::\
   /, _:::: \r==ォ´ ∧リ'r--、       (O.;)、;(O,;));:' :::::ヽ    ひぇぇl!!
 ∠ //::::::   >⌒ )ー─l、っ)))       i`、(__人__)    ´:::|
.( _ ノ /ー==ノ   \_,, ___  _ __  ;{  _|┬_|  て ゚ 。;;:;|
    /:::::   ノ:::  _∠''"  フ´ ̄|:::::::::::::::゙::=─ゞ:┴`ヽ そ  /
    \  /::::::..../:::: \:::  ノ   |三::::::::::::三__::::::::::: ノ (  く
     丶  ヽ/::::::::::  〉:: )_,, -'‐''" ̄ ̄/  ̄ ̄ r'"´   ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ヤッファので政務は疲労でしかなかった。
                <\  _..  ----  ..
                [二..斗彡_ ニニ._‐ミーミ/>
       _       ┌_ニ ァ':/ィ7.ィ: イ:| |:.ト:.「`ハ: :.ヽ二ユ_
      {  ⌒}  />‐//:/=冬フ'´{バトl_七、ト!: :..:ト、ー-二7
     (`   `i /イィ/:/:..イrっ==`   ≪´ ̄ |: :.:N_:..`ヾ┘  はたらきたくないはたらきたくない!
      {__,、_ァ- ′/ {`>|':Y´  /> -- ‐- 、`ヾつ!:. :ト }:..:..:..ヽ
        /´X //く/ 八   {       }   jレヘ⌒}小:..:|
        {://:\'ィ、_Y__> ミ - .. __ノ _.. イ トヽ:.Vハl!:.ト:|
          /V: : : :ト|:ヽ>、_ノ {:|: :フ_=ァ 7//_  ヽ>イ:小lリ r‐v‐ 、
        { ハ:..:ノ l: :.ト.ハ` r、!lV∠ --:彡'′ ニ <イ/ |ハ r'    }
  r'⌒ヽ-、|! /:ヽ  ヽ=-:\=キトユ ̄  ‐ ´   //'7-、|| ヽ_ィ  フ
  r'    j  | ヽ-:.\  ト、:ー: :`ヽ、 ヽ、 ァァー----Ll_/ー'    ー'
  7   i′  l! \_:..\|__>=ニ: : {、  /
   ー^ー ′  _l!.斗‐.<    | :. :.リ/
         ハ、: : : : :..}   _ j:. :/´
         ヽ:_ヽ__:.⊥<_ノ‐ ′
           `\





143 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/06/16 15:51:34 ID:xg5bIWR2

              _,...-:::¬ー-、.... -....、.
            ,..::'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
             /::::::::::::::::::::::::__:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ: 、          ……やっぱ、最高の癒しは戦争よね。
.         ,.:':::::::::;: -_..二....--......、.._` ヽ 、::::::::::::::::::::ヽ`ヽ
       ,.:':::::::::/:::´::l:::::::、:::::::::::::l::::::`::ト...、 `ヽ::::::::::::::::', ',ト、      ねぇ、疲れを癒すためにちょと戦争してきていい?
.      /:;::::::::/:::::ヽj_:::::;.ヘ::l、:::::::ト.:::::::::l、::::ヽ |:::::::::::::::::l. l l `i、
      /;ィ:::::::::l:;::::::/'l.`ソ、 1ヽ:::::| ヽ::_;:」ィ‐:::::|::::::::::::;:::::l  | l、 `l__
      〃|::::::::::'::|::/ ,r  ̄`ヽ ヽ:::|-ァ^¬ヘ.ヽ:::|::::::::::::!`ヽ─-,.l   ', ` ー 、
.     ′|::ハ::::::::|::l l     l   l′    l. V::::::::::/、./、ニ‐1|   l.    ヽ
     ,.,イr'ス::::::l/ ヽ、  ノ     、    ノ /::::::::/ .l::l 」ヽ´ |   l-一 ´
    (...__| 'ァ:ヽ:::l、' '   ̄      ` ー ´ /::::::;/::Ll:::::7  /`ヽ一 '′
      ム-‐ヘ::「` ‐ 、..__......_    ' '_,.ィ::::;.く::::::::、:::::ト.⊥ -'
          `         `¨ ¨´ /r ´  `ヽ、:ト、|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                         
                   /         ,     ',  、      \
                  /      /   /     ',   ',  ヽ ヽ  ヽ
                    /  /   i.l   /  l   .|  .l  l   ',  ',.  ',     おかしいおかしいその理屈。
                ノ  / /  l.l   {  ィ   |  l   }   l  l   ',
              ー=-イ / /   i ',  .∧ l !   !  ハ  ハ  ,'  !  l ヽ、_  普通、逆でしょうが。
                { i l l   l ト、 l l | ',  ハ / .l / l /  /  j ,ゝ´
                   l l l l  ハ | ヽ! ヾ ヽ./ |:/  |' _j/l  /  /./     まったくうちの陛下と来たら……
                 } .ハ ,l ヽ |ヘlニ;--,.._ ' ` 、',.-;‐;二__  l /  /./
                ノ'" l.ヘ. ト、! '弋赱!~ ,     ' 'T心!_ イ   j l′    それより、あのサクソン人……
                      |rヘ lヽ    ´     `     l  / ノ
                   ヽヘ l        i           l  /'´      ウィルフレッド・アイヴァンホーがアスカロンで
                    `l | ',、j      |         j /
                     jハ. ヘ      ヽ!       /! /ヽ       やる夫率いる敵部隊を撃退したそうですよ。
                      !ヘ ハ、   ,__,...、   /|/` ‐ヽ
                       i!ヘl\ ゝ-‐ニ‐-' ,. イ从'
                      , ィ' ヽ \    /  ノ ヽ、
                     / /   `ヽ ヽ- '´  r'   ', ヽ
                   /   l    /iーヘ   rニ' ヘ   l   ゙ヽ
                 , -イ   l   /`ヽOヘ  / /-''ヘ.   l   ヽ‐、
              _.. - ´ /    {  ,.ヘ、_>'^''< _..-ヘ.  l    ',  ` ‐、
          _.. - ´     /   , -i!/ ヽ    ',    /    ヽ |\    ヽ    ` ‐ 、
      , -''''´        /  /  l   `   ゝ- /   _ -' `!   \   \     `ヽ





144 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/06/16 15:51:55 ID:xg5bIWR2

          // ∠-‐''丁 ̄ ̄ ̄:.\ム:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        /ー/:.:./:.:.:.:.,イ:.:.|:.:.:.:.:.!:.:.:.:.ヽヽ ハ:.:.:.:.ヽrz_ム
         /:.:/:.:./:.:.:.:./│::ハ:.:.:.:.:|::.:.:.:.:.!:.l i|:.:.:.:.:.| }:.:.\
       l:.:.:i:.:.:.{:.:.:.:/  l:.:! .'.:.:.:.:|ヽ:.:.:.:|│:.i|:.:.:.:.:.| l、:.:.:.:.:>   そう、勝ったのね。流石、かつて『氷炎の貴公子』と呼ばれた
        l:.:.:.!:.:.:.ヾア `ヽ.Vi .ヽ:.:l >弋!ヽ|:.:.:.:.:.:| | lヽ<|
       l:.:.:.l:.:.: ̄ !ィ≠kト、  ヽ X ァ示k i|:.:.:.:.:.リj│ l:.|    だけの男だわ。
       l:.:.:.:! j:.:.:.|{i.f:::ハ`   \´f_::::バj〉:.:.:.:.ム「|:.∨:.|
       .',:.:?:.:.:.:.|!_r';_リ       r';;_/ リ:.:.:.:./´}.|:.:.:.:.:l
        N:.:.:.:.:.:ハ     '       /: : : /_ノ j:.:.,':.jl
          !|:.:.:.:.:.{小    v== ‐ァ   /: : : //:. ̄:./:.:.リ
        八:.:.:.:.:.:.| \   `ー'´   /:.:.:.:.//:.:.:.:.:./:.イ/
            ヽ:.:.:.:.:|ヽ  >、 __ , </:.:.:.:.//:.:.:.:.://〃
          \:.:.!_ ゝ‐< _|  //:.:.:./7:.:.:.:/'/〃
           ,r ''7´\   /< _  /:./〃∠≧<
       /::::::/ //   ,/== \/ /ノ´::::::: ̄ヽ
      ./:::::::::/ //    f/"⌒ヾ∨  // /::::::::::::::::::::::ヽ
      /::::::::::/ { {    /    /   // /:::::::::::::::::::::::::::|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
                     _._.,,.、.-.ー.-..、_
                 ゝ<´:::::::::::::::::::::::::::::`ー:.、
                /::::::::/::::::ヾ::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
               //::::::/::::/\!\_\::::i:::::::::::::::::\
                /´/:.:l::::レヘ! ヽ/__\::::l::::::::::::i:::::::::}      ……やはりアイヴァンホーの力はやる夫を
               !l:l::l::へ ヾ `´ニfソゝ ∨::::::::l:::!::::::::l
                 |:::レヘ f_))       レヘソヘ::!::::::!      超えているのでしょうかね?
                 レヘハ く        |/ )ソ!:::::::!
                   ! `        、//:::/リ
                   、  - - 、    ′|/:::/
                    ヽ    _ ´  ノ:::/
                         `ー、 ´     ∨_
                       _,∧  __,,、、<´ 〉、_
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
    l::l:/.:'::/ ./:::::::::::;' |:/`ヽ、';:l.ヽ::',ヽ::::::::::|l_Lィ,!:::|::|::::::ハ
.     l::l〈 /::/ /|::::::::::::| ,.|!テュヽ、ヾ.、ヾ:. \;:ィル|:::/::::l:::|:::i::::|
.   |::|::`::/  ,{」:::::::::::トヽ' { f'^! ハ `  ` ,ィ5ニトl:;タ:;.ィ::::!:::|::::|   さぁ、どうかしら?
   |::|::::::|ヽ /:::|:::::::::::|   ヒニソ      bり/rケ<.ソ::/::|:|l:::|
    |::l::::::|::::`:::::|:::::::::::|         、 ¨´〃ヘ_/:;イ:::l::| l:|   わからないわね。
    |.ハ:::::|::::::::::::';:::::::::::ト       __ '   〃 ,'-1 |:::;'::l. リ
   |l |::::::';::::::::::::';:::::::::::', ヽ、    ニ´ _,r'`7^!、,'   ,!:/:::;! ,l
.   ||::|::::ヽ::::::::::ヽ::::::ト:',   ` ,、... - 'ス / ,! Y  ノ/l::/ .,'
     |::ト.:::::〉.::::::::::ヽ:::| ヾ、 ′ ヽ / .}/ / .l rレ'/:/ ./





145 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/06/16 15:52:31 ID:xg5bIWR2

                         __
                    _ - ´ ̄、::::_ -`ー- 、
                  /, ::/>ー───、:ヘ:ヽ\
                  ///   _____ \ヽ:ヘ::\
                  //::/ / ̄:::::::::::::::::::\ー、ヽ::::l::::::ヽ
                /://::///:,:::::|;:::::::::::::::\:::::ヽ:::::Y:::l:::::、:ハ       ただ両者の力が接近しているのは確かね。
             /:/::l::::!:|::|:::::l:::::ハ::::、::::、:::::::\:::ヽ::::|:::|::::::|::ハ
                /〃:/!:::l::|'TートX、:v:::ヽ::::\::, -‐:Tー!-!::::::l:::ハ      ウィルフレッドは防御で私を超えて
                //,'::,'::|:::|::|:::|::|∨! `ヽ::::ヘ、:´ヽ、:::::::|:!:|::|:::::/::::::l
           /' |::l::∧:ヘト::|'ィ≠≡、 \ヽ\ゝ≠=ミ|:::i:_/、ー〈     やる夫は奇で私を凌駕しているわ。
                  |::K ハ:〉ヘ!パ::::::::}`   ヽ  ら::::::::ハ::|'´} \ 〉
             l::k'_ イヘ.r乂 乏タ       乏汐|::::lイ|ヽ Y、     だから勝敗は兵力によって左右されると考えるのが
             |::|:::|∧ ヽl:ヘ ,、,、,、   ,    , ,、、|:::|::| トイ〉\ヽ
             |::|:/,!:::) 〉:ゝヽ    、____,    イ::/:::〉|::`::l:| ヽ〉   普通じゃないかしらね?
             |::|./::/_/-´ \≧、_        ∠/::/\〈_::::ノリ }|
             くXハ´   __/´   ` ー─<孑二つ   >、 //
                /〉|ヽヽ/、\  ___   <≦__/:/;イ
                〉 | |〉ー〈 ヽヽ_ー'、_Y彡    ̄ `ー‐‐ィ/∨/ !
            | | |   \`ー‐/ーァ≦─ー ァイ_//:∧   !
            |  7   / ̄ ̄了/ ー ´ トニ二´//!-─'- 、
               ,' /         / ヘ      ハー─‐′ ヽ::::::::::::|
               / /       ∧ヽ ヘ ,、r、_/ ヽ        ヽ ::::::::|
            / /          ハヽヽ、ヘf| |!}/ /∧         ヽ::::::|
             / /         人 \\\∨ / / ∨       ト-ヘ
           //         /  ヽ  >≧≦/   ∨       \ ハ
           }        /    } /::::::::只:::::\   ∨        ヽ|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                      
      ‐-|.:!:l !  l  |   :.|
        |:l::l: l:  l: l |  l:|= ┐
        |l |: l  ,' / i  .:l_」|
        |!:; / :/二マ/ .:/|「_リ′
        |   イ:i::;ハ .;/ll |「´    ……やる夫が、負けるの?お兄様。
        |     ̄/ィジl!l| l|
        | __   , イ´.:/ l!l| |!
        |.__ ィ_:::.  .:| ll∥
      --|小、二〕 . ::!  , ' _ ,_
        |:|:ト、 ̄  . .::|,/ ´   -―_' 二
        |l|:l|_」__/ ̄`ヽ         ̄ 丶
      /´イ {i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨      ̄二一
       {_}tr{i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〉        ̄`ヽ
        |___,ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:イi              \
        |¨¨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.厶ヘ 丶        丶ヽ
        |:.:.:.:.:.:.:|}.:.:.:.:.:.:.:/l!_》 | ハ \ー 、丶 \ヽ \
      -‐|:.:.:.:.:.:/'.:.:.:.:.:.:/ l「l|    ヽ \  丶 ヽ\丶
        |:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:./ /' ∥





146 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/06/16 15:53:01 ID:xg5bIWR2

      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、    l:::::::::::l::::::::::::::::::::::::、
    /::::::::::::::::::/::::::::::::/::::::::/::::::::::::;::::\  l:::::::::::l___:::::::::::::::::::ヽ
    /:::::::::::::::::::/:::::::::::::ィ':::::::::/::::::::::::;:ィ:::::::::/:\!::::::::::ト-、二 ァ :::::::::',
  /::::; -r‐ 7:/:::::::::::://::::;:イ:::::::::::/ /::::::::ハ:::::::l:::::::::::lヽ,_//:__ノフ:i   ……もし今回やる夫が負けても生き残った場合
  // //ノ:::::::::/ /:/ /:::::::/  /:::::/  V::::l:::::::::::Kヽ、‐_‐ ':::::l
    /、 //|::::ィ'  `メ'   /:::/ , - ァ::/ ̄ ̄` ';::',::l::::::::::l`.‐-、ヽ :::::l   ひとつ策があるんだけど? 
   //〉:ィ'::::|/∧〃fヾ //  ´ ノ/____     }::}:::ヽ:::::::l::::::::::`-`:::l
   {/ /〃::::::::::::ヘ Vハ '       〃テ丁ハ     |ヘ:::::ヽ:::::l:::::::::::::::::::l   (チラっ、レスター?)
   Y ,':::::::::::::::::::::i に}          ヒハル :》    ' ', ヘ:;l::::::l::::::::::::::::{
     !::::::::::::::::::::::::} `~"        ひニ:ソ        ( }:::l::::::l::::::::::::::l
    l:::::l:::::::::::::::::::::l  (       ` ‐‐'' ´        - l::::}::::::l:::::::::::::}
    !::::i::::::::::::::::::::::ヽ   、__             /〉‐ ':::::ノ::::::::}::::::::::;'
     ,:::l::::::::::::::::::/:::::へ、 ヽ  ̄ ~}          ノ:::::::::::/:::::::::ノ:::::::::/
    ヽト:::::::::::::::ハ::::::/  ヽ ヽ__ノ    ,  <:::::::::::/:::::::::/:::::::/
       \::::::{ ヽ{    〉、`_  <  ‐=彡ァニ'__∠/::::::::; <
         ヽ、       / ||::| / ヽ    /      ̄ ̄   \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                      
         /: : : : : : /: : : :/: : : : : : : ヽ: : : : :: : `、
        /: : : : : : : :/: : : /: : ,ィ: /l: : : l: : |: : : : : : ::ヽ
        ;´: : : : : : : /: : /|/ .|/ .!: : /i: : !: l: : : : : :丶    (わかってますよ……兄妹のプライベートを邪魔するほど)
       .i: : : : :|: : : : |/      |/ | /|: :|: : i: : : :゙ヽ   
       i: : : : ::i: : : ::/ ´ ̄ ̄ ̄`''''   ´ ヽ|: : | .|: :丶    (俺も野暮じゃありません)
       |: : : :,-リ: : : |  "疋;:ソ`     '`'-、_.i: : |: |: ヽ
       .|: : :/-、',: : |         , f:テリ` /: : |: i丶     それでは、私はこれで失礼させてもらいますよ。
       .ソ、::l,.( _ リ、:|         l .`   /l: :/| i
        ,|::\__ ヽ|          ,    //|/ |/
         リl: ::| |           ′  //
          l::|リ ヽ    ` ― - 、   //
          ,リ   `、    `"    /リ
      ,----亠--- 、_`.、      / 彡
      // ̄ ̄⌒`ヽ` \::`::-、,_, ´.





147 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/06/16 15:53:33 ID:xg5bIWR2
<バタン

:::::r乞ト.::::`丶、
::::ヾこン:::::::::::::::\
^⌒^⌒^ーr、:::::y=l=x
li | il  |il l | ト《_八_》
|il|i|l i|li|l|lil|li|i| l`介'i′   策って何ですの、お兄様?
|li|l|l i|li|i|ili|lillili|il| il |
|il| | l l |l|i |li li|l|li|il| |
l l| ハl | l斗fT7从i|l |
       ◯  /l|ilil|
        'il |lil||
       / i| | lil|
  ¬   _イ|l i| |厶イ廴
≧==≦〈{|:::::\/三三≦
 〈八〉 〈{|:::::::::::?三三{
^⌒Y⌒〈{|::::::::::/l|丁ヾ{ ̄
 〈匂〉 〈{|::|::::::||i| l|
nnnnrタ::::|::::::||i| |l
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
               _,...-─‐-─…─-....._
            ...:::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::...、
          ..::´:::::::::::::::::::_____::::::::::::::::::::::::::\
        /:::::/:::::::::::/´      `\::::\::ヽ::::::ヽ
.      /::::::::::l:::/:::/.-::::´ ̄ ̄ ̄ `::::-.ヽ:::::ヽ::';:::::::::',
.     ,.':;. -─ 、/::::::/::::::/:::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::ヽ::::::V──┐    あなたが以前に拒んだあの話よ。
     /::::},.─ャ 7:::::://:::;イ::j:::::::';::::::::::::::::::::';:::::::|:::::::::.-、_」',
.    /::::::`ァ´ ':::::_j_j__/ |:::|';::::::ヽ:::::';::::::::::::'::_;:|_::::l  ヽ:::::!
   ,′::/>、_」:::::::l::|:::|`ヾ:!、ヽ:::::',\|ヽ;:イ::l::::|::|::::::ト._,.ベニ._‐、
    |://::::::/ ,|;::::::N∨-- 、 ` \:ヽ ヘヾ-f?ノ!:::::j:|',ヽ::::::| ヽ\
   i´/:::::::; ' ./.|:';::::V/ヒワ‐ミT   ``  'イう-ミ:ハ:〉::/::トヽ \   ∨
   |イ:::!:::::/ ハ. |:::ヽ::'. マ-ツソ       vヾシ//::/::::|ノ::ヽ、ヽ
   |.||::|::/  i::::`:';:::::::ヾ、`¨´           `¨´,/:;::'::::::l:::|:::小∠._
   lハ:l::ー、.」::::::::::';:::::::',     、_’_,.  ∠イ:::::::::/::/:/リ´-┐ ,!
    |:||::::::|:::::::::::::::、:::::'\    「ヽ    _. イ:/:::::/::/:/ /`ヽ/ /
     ヾヾト:|::::::::::|/ 、:::',、::'.丶、_| | __.  '´l/イ::::://イ  /`ヽ'^ヽ、_
.         ヽ:::::::|   \ヽヾ!  .| |   ∠ィ´/::/l.イ |  ′   `l    `
       ,〈 \:!',    ヾ、l____」 |__ _| ,シ'    l. l. ′   /
.      / ', ', ',.      |_/ '´-‐-.',__|    / / ′  /
.      i′ ', ', ',.     |_,/   ー-|フ_!   / / /  .i^i'
      y'   ', ', ',  ,.rァ'    ,rz:ノ ./   ,.' ,.' /  /J
     ,/    ヽ,.ヽ..ゝ1 | |   ノ '’ ./  / / /.|匸´__     /





148 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/06/16 15:53:55 ID:xg5bIWR2

                    __
                   一……ー-= 、
              , .::´.::.::.::.:ヒ包ヌ::.::.::.::..丶、\
                 /.::.::,.  -‐……‐-   ::.::.::.\ヽ
             /.::/      /      ヽ \::.::.Y
           r==イ   ,  / ′   ',   l   トr==k==、   ま、まさかあの……話?
           |レ'゙| /  |  | {     }  l|  / ゞ=仆='ノ
           ゞ=| |  l| | ヽ    j| /! /l  {{フ小マ}
        ,,. = ''" | |  |lヽ斗ヘl\ト`7ノ '十‐/イ  /ハ ',
              ハ ヘ ヘ>r示     ィfT;卞ミ/  〈/ |ヽ〉
             / ∧ \l`、ヾ'ソ     ゞ= ' /    '  |、
          / / ヘ   ヽ "´ ′  "∠ ィ  /  | \
         , ' / / ∧   ト    ==   /  イ|| |   \
       / イ /  ,′ヽ   ! `i  、_,.  / / i | | |_ \`丶 、
      // / /  /    > \┴――‐//――ォ| | l::.::.\ \  \
=============================================



                     “やる夫とアリエノールの婚約”



=============================================



149 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/06/16 15:55:19 ID:xg5bIWR2

                  _ _____ _
                ':"/  ̄ -――-、_> 、
               /: : / /: : : : : ヽ : : : :  ̄ \
              /: : :.:/ / : : : : : : : : i: : :ヽ: : : : : :\
          /: : : / ∠: : : :/ : : : : : : : : : :}: : : : : : : :ヽ_   やる夫はいずれイスラム軍の中でも重要な人物になってくわ。
          ,': : : :_| / } : /: : : : : : :,'|: : :│: : l : : : : : V、_ \
            lr―く_Y二7: /: : : : : / / |: : : j: : :_j_:. :|: : : ∨二/ もしかしらた大将軍……いえ、もっと上の地位に就くかもしれない。
.          lヽ_∠7: : : :.:l:´: ̄ :7 メ l: : /:|:´:/|: :`ト : : : }\
          l : :/ /: : : : : i: : : /j:/ /: :/ j: ,:斗_、/: : : /|  ',   
            |: :/ /|: : : : : :l: ィ示テミ //  /ィチ仔?: :/: |l │
            |: | l:从 :l: : : : Yノ゚::ハ      iトイj アイ: : : :l|  |
            |: | |: : :N: : : : : V仁ソ      `'ー" |: :!: : : : | /
            |: | |: : :| |ヘ: : : : :'、::::::     '  :::::: ,': :.!: : : : |?
            |: |__j: :.:.| |い: : : : :}   ー  '   イ: ノ: : : :l l: !|
            |: :|: : : i:|_|: :j: : : :l }≧=ー----‐=≦┴┐/):!:|ノリ
          !: :l : : :{.:rー|: :l: :乂           /::::/: リ
         \ゞ / ̄`j: ノ人_:\    _, -‐ '´.:::∠xく
           厂        _斗‐<,_,  -=ニ二厶- \___
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
                        __   ---  __
.                     _┬┼┴┴┼┬┐  ` ヽ
                     /┼┼|        └┼┐  \
                  / ├〈〉┤            └┼  \
                 / ┬┬┼┴┼┴┬┐   . └┼  ヽ      お兄様の脅威が大きければ大きいほど
.               //┬┘            └┼┬    ├┐ ヽ
             /〔/┘                   ├┐    ├   ',    彼のイスラムでの重要性も増していくでしょうからね……
.            /く/              ,′     └┤  ┼   ',
           | | ′   {     l     /   ,′1  //1〈〉\   l   
           |_しl     | ',  ',  |  |  /   / /|  // | ハ, \ l
            /|    | \ ', | /ノ/ノ-‐//イ| // │| l   〉 ト、
            /∧    ト、 N\ヽ  /"´___,,,、 -‐ァ/  >\/ .| ∧__ノ   \
            // ', ',  、二ニ、 `Y  / |↑d/ / / \ノl   |
.          //  .ヽ \  弋_ソ       `ゝ‐ ' //     | ',  \   ヽ
          //    / \ \_|// j    ////イ::|    ,′ ',    \
.          Ll.   /  l \  ト、  、      u,':::l   / /|   \   \
              /  /     /、      , ':::/  / /. l   ',  \__/∨
       .     /  /    /  | \ __,, '-‐ 7  / /  丶  ヽ
           /  /   /   ,人  `ノ┬イ /  / /    \
.          /  /  /   /    /〕∧ヽ/  / /--/ ̄ ̄ヽ





150 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/06/16 15:55:44 ID:xg5bIWR2

   /     /:/  /   │ |   \ヽ   ヽ 丶 \
i  ,′    |/  /      !  j     ! !    !  ',  ヽ
i. |     |  /     ,′ ハ   | |ヽ/´ !   !  !ハ
ヽ |     l  l     / / │  i| l ハ j  |  | リ   ええ、そしてそれを講和の条件に利用する事ができるわ。
 N    ┼‐|ー─ -/t /- 、|   j| / { _jzム ∧ │
/ |     ', l    / 〃  _ lヽ / j/ ,イ仏}// } ∧    やる夫とあなたが結婚して、シリアを共同統治するの。
\_|     ヽ { /,ィ≠テ女、j/    V_;;| {  j / ハ
丁∧.       ∨ 〃{か;;;;小       ちj_ ! イl
│|仏     ハ ヾハ圦_:::jハ       `ァ  ',  ト、 l
│|/∧     ヽ  ヽ^)::ン‐          }i |ハ !
│|.厂 ヽ      \  `´        __ ノ   厶 リ  ', |
└‐ゝ. ーヽ    ヽ \        ` ̄     /  /  l |
 ヽ、 `'ー‐\    \ \             /  /    l.|
   \   `\   \ \         /  /     リ
ヘ    ` ー- 、 \   ' ー=>ーx‐‐ァ¬′ ,′
 \       ヽ `ミ=- ...__Xテ‐ゝ_{__八 {
   {\      `ヽ ヽ-‐‐'' ̄ ̄´___`>〈
\ ヽ `ヽ、_     }\ }     /    ̄ ヽ
  \ ヽ   `ヽ  ,ノ  リ   /        \


=============================================
共同統治……

その提案は、すでにリチャードが非公式ながらも十月にサラディンに打診している事だった。

「共同統治の王権をイェルサレムに置き、ジョアンナ(アリエノール)がヤッファからアスカロンまでの海岸一帯を統治する」

「ヒッティーンの戦いで奪われた『真の十字架』っを返還する事」
=============================================




151 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/06/16 15:57:11 ID:xg5bIWR2
和平への模索……リチャードもちゃんと戦争の落としどころはちゃんと見据えて戦っていたのである。
しかしこれはどうみても政略結婚である。以前の彼女なら拒んだに違いない。だが……

 , =/      /==' ' : l : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
|レ     ∠ノ: : : : : :..:.:l : : : : : : : : : : : :ヽ : : : : : : : : :
.イ    /l|.: : : : : : : : : :.l l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
V  /=='': : : : : : : : : : :.l: :l:.: : : : : : :..:. : | l : : : : : : : : : : :
ィ| /=イ: l : : │ : : : : !: : :l :.l..:: : : : : : : : : | |  : : : : : : : : :
,イ! ト ヽ.:.:|: : : :|..: : : : :| : :ト.ヽ : : : : : : : : .∧!ヽ:ヽ. : : : : : :l : :
::| |::ヽ V : : :│  : : :l、 : :l \i : : : : : : :. l__lj__j ハ : : : /l        そうですか……
::| |: ::j  ヽ: :.:l\_:_:j__ヽl..__ \  : : : :ィ リ Y: .ヘ : : ,
::|  / /\ゝ´ \: :l ー\    \ : :/     l :/|  /         
::|   /: :.|  \!  ゝ\   ヽ    ゝ/ ___,.ィ /:/ ! /
:: : 丁| : : :.ヽ.     _____`.,        ` ̄´ /  ..イイ
::.: : |│、  : :\ ´´  ̄ ´             //..: : :|
:: : : ゝ\:ゝ、. . :\              /   イ  ..: : : |
::ヽ: : : \\l `ー‐`          _     イ   .: : : : |
:: : \: : : \\            ̄     /│ : : : : : |


驚きはあったものの、彼女の顔に悲しみの色はなかった。むしろ嬉しそうですらあった。


       /: : :_/: :./´:/: :/: :l : : :{: : : : :ヽ: : :ヽヽ! ト __ `7
      r‐ ´ ,.ハ-/―| 7!二|二 .l -- ̄ _lニー|-.|^| ヽ>i′
     ∧_,./ム 十:.丁:ハ: :.:|: : :.:l::. : : : : :|:: : }: :ト.l、 〉、|
      ': :.く |: :.斗┼l┼-ヽ_ト : :.:.ト、:_:斗 十:十‐ト|:「「ハ ヽ
    l:l :/ {V! :.|:.ト:| ≧_-、ヽ ヽ:.:{ >、:._:|}_/:./|:.|_:l lハ/      無理して答える必要はないわ。
    l:!/ //rl: :.l:.{ィイ厂:`ド   \、z代メjフトメイ}:.|r } 〉: |
    |||イ:.L{小: :トlヾトィ::::ィ|         |ト::::ィリ///:.レ ハ:|: |!      けどあなたはやる夫との結婚を喜ぶ?
    ||!:.|: :.ト.l: ヽ:ヽ.゙辷zノ       ヒzシ′7 : レ':: リ:.:ll
    ハ:l!: ハ::.V::.::.ト、      ′       /: :/::.: /:.〃
      ヽト::ハ: :V.::.ト、    ` ニ ´    .イ: :/!::. ///l!
      . ィ:´:|::.:l:{:::ト{ト .         イ/:.:./イ::./く|′
    /  ヽ: :|.:ハト:.ヽ  |> __..  ´ /: :./ |:/: リ `ヽ
   /     ト:リ: \ ヽ.\ }      /:.イ-/{ : /    i
    !     } \: :\ ` ー     ‐ ´ / : : イ    |




152 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/06/16 15:57:50 ID:xg5bIWR2
そこにかつての獅子の妹の姿はなかった。
謀略を好む獅子はすでにやる夫にSATUGAIされていたのである。

                          , -―‐z=x=、- 、_
                       ,__'´-‐: :'´: 乂三ツ:`-、ヽ、
                    /: :_; :-―――‐- : _: : : :ヽ.ヽ
               ____/  ̄ ./   /      `ヽ: : : ヽヽ i
              |_/  /   ./   /    /     .\: : :iハ i
             〈_/ / / .l  !  /   /i|    |.  ヽ: |i ハ
              ///| /l\i..l_|__ /!  .././!   |   /ヽ.「\           はい!
              / l/ l /...| |k|/ V.' |l../.// __  /.i   ./ . /|  l〉 
            /:.:.|  l'  | | .l ‐ ヾイ/ .//_|, /メ  ./ ./.l:|/\
     \-、 /:.:.:.:/ :    | | .l´ ̄` lイ'  ィ,ニ∠_.../   |_」j\   ヽ/
    _. ヽ: : :ヽ;:./_..  ./ | l ..レ''   ,      ,,  /  /i |   ヽ/_,
 ̄ `>: : :`ヽ: : ::::::>-./ | ハ ト     、 __,   ___/ ./ l| !_/´: : :<__ _
´: : ̄: : : : : : : : r' /   iイ| |:::::ヽ、      ..ィ:.:.下´/ //____: : : : : : : :/´ ̄
 ̄´フ: : : : : : :// .  ./l .| i:::::::::::个::‐ : ´: ::l:.:./ / ./ ̄: : : : : i: : : : : :└:、_
, :'´_: : : : : : l/./. / i r‐'ブ ⌒ヾ __  : :/j/ / ./: : : : : : : : ヽ: : : : : : __ 丶
/´ /: : : : :_l < ..i/人_/ /‐'_⌒ヽ〃  ヽ: /:/ .//し : : : : : : : : :i: : : : : :ヽ   ̄
  /: : : /: :\:ヽ|   ./  '´// l | i ̄ ヽ i ./,イ'`: : : : : -:-、 : : : : ヽ: : : :ト、\
/'´l7: :l : : : : : \\: |   j| ! l |,「|  |/./' : : : : : : : : : : : : 丶: :  i/N:|  ̄|
  /' lヘ|、: : : : : : .\\i  ...l    ! l /ノ   : : : : : : : : : : : : : :   ./ |丶  l
i | '、 ト、_: :___r 辷.ト、_/ヘ    .| にソ|、|: : :_: :_:_: : : : : : : :  /   ! | l  i
丶 |   ヽ!  / Y ヘ {_f┘_,ヘ__  .r¬ノ1 |、l:、f: : : : : ::`:ォ升r '´lリ|   ,' .l |   |
  `|     / /rし' r 〈 iツ┘ f 」_!} __'_ソ: /: : : : ://ト、!// j   /  l ! |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
        _ ._,
       /:::/:::ヽ-、
     /:::::::::::::::::::::::::} ̄`ー、.,_  ,,
.    /::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::ヘ,\く
    /:::/:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::ト、 i:::ヽ、     ……あなたには意に沿わない人生を送らせてしまったからね。
.   i:::/:::::::::::::::::;:::::/::::::::::::::::::::::i:::i .|:::ヽ:i
   |:::i:::::::::::::::::/:::::i:::::::::::::::::::::;;ィ、:レ:::::::::ii|    兄として、せめてこれくらいの事はしてあげたかったの。
.   |::|:::::::::;::::/:::::i:|::::::::::::::::::<ィif.i::|:::/::::} |
    i:|i:::::::::i:/:::::/リ:::::::::::::::::::/i.|Y::|:/::::/
    i|ヤ ト::i::::::/:::::::::::::::、,ィ<./.|_|::|'.i/
.     〉ト}:}::::/'"'’`ー".,..,ィーァ,、::|
    ,.イ ノハリ \ .,ィー/ .ソ / i ト,i
   /   ,,.ィ,.ニ=´ヽ, {_,__.,.,.ィ´
.  /   //     \-ーキ




153 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/06/16 15:58:26 ID:xg5bIWR2
アリエノールは十二歳の頃に、すでにシチリアに送られ政略結婚の道具にされていた。

        ,、-rッニ二^' -、
      ,ヘ/ ∠-ー 喜 ヽニヽ
      7^`´     `ヽl、' .'、
      天 l  リ   ,  {>、<}リ
      ハ、lハノ l__,.ノイ/i l ,)イ
      / トァ=、    ' l .イ l! l
     /  ヽっ 、__ =、 // l! |
     /  ッ^ヽ.`.′r/ l .l! l
     l  /::::::}::7ハ>:7r:::'ァ、  |
     |   ーr'ュ::l:::::::l:::トヽ{'^  l
     |ィ-'"´::ユ/ト、::::l::ヽ_)、イ ハl
   /::::/:::イ::个、ヽ::\::::\'′
  /-‐/:::::/:::(_ノ::L_)ト::::ヽ:::::::\
   ∠_:::::ィ:::::::イハ:::ヽ:::::::l.-‐‐-`
      ヾ、へl-‐-、/\l


陰謀、策略……そういったものを好む性格は過去によって育てられたものだった。


                    - _-
                 ´:::::::{く它ア}:::::::`
              /::::::::::::::::>三<:::::::::::::::\
                 /:::::::/]宀冖冖冖冖宀[\:::::ヽ
             /::::/] ̄     |     ̄[\::::l
               |:::/」    '  l|    |     Lヽ|
               |/」|  |  |  |l    |     [|ト、
              /|ト l|  |  |  l|     j ||l |   /小
          〈//|レ八 |-ト l|     /l」⊥L| l〈{儿}〉
          く/|:||ハ \トfYYYヘ   /厶≦]l| |l l下、
           くノ|  ヽ/〉l |||  \/八_ノノ| リ | |l }〉
             l| |   | {ノ | ||       ̄ ノ / | |l
             || |   /     |  '      イ | |l
             リ| l     ー-、      ' | | |l
             〃 |  |   _ < ̄    イ   | |  |l
          //   l /⌒Y´ |\_><_/:|  j |   |l
            //  ┌くト--{入」::::〈{_艾_}〉:::/\_′ ,   |l
        // く ̄| ト--く  |\:::〈八〉:::/   / //ー 、 |l
          //::::::ヽ| |   |\ト、 ̄   ̄   / //::::::::::::::\
        /::::::::::::: ノ l   |  l rヘ―z_ト-/ //::::::::::::::::::::::ヽ
        \:::::::::::く⌒ーく ̄廴ノ| | |  | /イ/:::::/:::::::::::::::::::::〉
     / / \::::::::::\   \  | |、|  | / /:::::/:::::::::::::::::::::/ l \
.    / / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ \ l \  l /:::::/::::::::::::::::::イ | トヽ
    / イ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\__ノ\ /:::::/::::::::::::::/ |l  | | }
   / | 厶 - ┬― ┬-、::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::/::::::::::::::/| ||l | |
   | l| | l l| |:::::::::::::|  | ` ー<::::::::::::::::::::::}:::::::::::::::| | |l ||ハ | |
   jノ从 l| || |:::::::::::::|  ヽ::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::ノ j ノ从 }ハ丿




154 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/06/16 15:58:49 ID:xg5bIWR2
今もまた政略結婚の道具にされようとしている。だが、そこにあるものは今までのそれとは異なっていた。

          _,...-‐::::::: ̄:::::::ー-..、
           /::::::::::::_;:. -一ー- 、::::`ヽ、
      ,..-::':::::::::::;/   _,.......-‐-..ヽ::ヽ:ヽ、
    ,.:':::::::::;:::/::::'  ,..-:'::´::::::::::::::::::::ヽ:ヽ::ヽ:ヽ
    /::::::::::::l:;'::::::|/:|:::l:::::';:::::::::::::::::::::::ヽ:ヽ::ヘ::ヘ     これからは幸福に……そして
:   /::::::::;:.-d:::::::|:::::::|::::';::::::':;:::::::::::::ヽ::::;;ゝヘ:::ヘ::ハ
   ::::::r'´ /'|:::::::|::::::ハ:::::ト、:::::ヽ、:::::::::rく::::::l:::|:::::l::ハ    愛する者と結ばれる事を祈る
   ::::::ヽ,ノ, |:::::::|::‐ト-、:」_ ヽ、::\ー/:::_ヽ:::N';::::|::::l
   :::::::/ ./7r|::::::::ト:::|   ヽ、`ヽ`¨ー  ,.-‐`|::|::::|l:::|    普通の娘に戻りなさい。
   ::::/ /,'||:::::::::lヾ ,..-‐-、    、   |::l:::;'||::|
   ::ヽ_/::l rヘ::::::::::l ′            |::lイ::||::|
   :::::|::::::`‐! l:::、:::::',     、... -‐  ̄!   ,!::||::| l:|
   l::::|::::::::l:::ヽ」;:::';:::::'.,     ヽニ   ノ  ,i':::;',:/ ′
.   l::::|、::::::l:::::::::ト:::lヽ:::ヽ      ̄  ,.:'/!:〃
   ゝH::::::::';::::::::l:ヽ',_ヽ::ヽ_ー- 、...__ /:::l l/
.    ':;lヽ::::::ヽ::::::l:::l.\` -\ ̄二ニ二ニ=ュ_
      `,.ゝ::::::',ヽ::',ヾ_,...r'^`          ^¨ヽ、
    r‐'  /ヽ:::', `ヽ、r'                (
    ヽ、ノ   `7ー'´          __.........__   {
     `ー-‐'¨         _,.r-‐'´     `ヽ._r
                /,r'           ヽ


=============================================


そう妹に告げる、獅子の声音もまた人のそれに戻っていた。


=============================================


【第七章】(5)終


157 :名無しのやる夫さん :09/06/16 16:11:20 ID:hOxR+FO9

むしろほぼ毎日更新してる現状がすごい


158 :名無しのやる夫さん :09/06/16 16:32:52 ID:u857KHjV
乙です
銀様キャラ変わり過ぎw
だがそれが(ry


159 :名無しのやる夫さん :09/06/16 16:40:28 ID:peBQQBLB

銀様十二歳……だと……?


162 :名無しのやる夫さん :09/06/16 18:39:30 ID:peBQQBLB
この物語のヒロイン候補
本命 銀様
ライバル チルノ
大穴 インデックス

うん、間違いないな


164 :名無しのやる夫さん :09/06/16 19:23:46 ID:8FPS9AHt
乙です いいですな~
イケイケなリチャード・ハルヒかわえぇ~(心底 傍迷惑なヒトだがw)
銀様 しあわせになってほしいな


166 :名無しのやる夫さん :09/06/16 22:53:55 ID:fA6xpEtg
シャナシード涙目w
まあ、アスカロン戦では見せ場があったはずだから、そこに期待


167 :名無しのやる夫さん :09/06/16 23:44:40 ID:9vKPRwXG
>>166
だれそれ?あのウザイ無能兵長に名前あったの?


168 :名無しのやる夫さん :09/06/17 02:02:41 ID:MXNgnGin
それはさすがに言いすぎだろww猛進すぎて手のかかる部将ではあるが
まったくの無能でもないだろ。


170 :名無しのやる夫さん :09/06/17 12:34:57 ID:EnEYeS2n
手綱握って完全にコントロールしてくれる上役がいれば生きる
向いてないのに判断力が必要な遊撃に今は回されてるからなぁ
イスラム側に余裕がないから仕方ないんだろうけどね


179 :名無しのやる夫さん :09/06/18 00:07:26 ID:SFIJF6Ch
姫もどうせ単騎突撃するなら、森長可や可児吉長くらいふっきれていればよかったのに……。


180 :名無しのやる夫さん :09/06/18 04:08:56 ID:2HKbx1SK
しかし学力に関しては、
ヴァレリー>掛け算も怪しい
エルシード>当時の数百年先を行く天才数学者

と言う設定
ちょっと色んな意味で無茶があるなw


182 :名無しのやる夫さん :09/06/18 07:21:57 ID:4Up3n2cY
シャナシード数学者だったのか


183 :名無しのやる夫さん :09/06/18 11:20:52 ID:dVNQypJi
>>182
エルシードが二進法を生み出したという設定。それが本編のストーリーに関わってくる。


【やる夫がジハード(聖戦)を始めるようです】 第七章 ―6―

COMMENT

.


 

TRACKBACK http://orehaya.blog73.fc2.com/tb.php/650-502a2b71

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。