スポンサーサイト スポンサー広告 --/--/-- -- .

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やる夫で学ぶ「太平記」 巻ノ一 c3 t0 やる夫で学ぶ「太平記」 2009/05/31 Sun .


「太平記」は鎌倉幕府の滅亡から建武の新政、室町幕府の成立、南北朝の動乱、
細川頼之の管領就任までを描いた「平家物語」と双璧をなす軍記物語の傑作と言われている。

康永年間(1338年~1345年)までに法勝寺の僧、恵鎮が足利直義のもとに持参した三十余巻の
「太平記」を複数の人物が書き継ぎ応安三年(1370年)の頃には現存する四十巻本が完成したとされる。

       __________
    r´ ´\                \
    (    \   太  平  記   \
     \     \              \
      \     \                 \
        \     \                 \
          \    \                 \
          \    \_________\
                \   r´=========r´
                 \ 《 三三三三三三三三三=
                ヽゝ==========ゝ


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ ここでは足利高氏(やる夫)を主人公に「太平記」を学ぶお!!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /





2 :名無しのやる夫さん :09/05/24 21:22:29 ID:/iMdD+bA

やる夫こと足利高氏は河内源氏の棟梁八幡太郎義家の子・義国を祖とする足利家の
嫡流・足利貞氏の嫡男として生まれた。

足利家は鎌倉幕府の有力御家人の一つである。

       ____
    /     \
   /  ─    ─\   やる夫は足利家嫡男・足利高氏。幼名は又太郎。
 /    (●) (●) \  でもやる夫と呼んでくれお。
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

      足利高氏

.






3 :1 ◆XR6x1ddXyM :09/05/24 21:24:10 ID:/iMdD+bA

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)   本当は次男なんだけど
. |     (__人__)   .兄の高義様が早世なされてるから嫡男なんだろ
  |     ` ⌒´ノ    .常識的に考えて。
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \




      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |  お前は誰だお?
. |   (__ノ ̄    /
. |         /
  \_      _ノ\
    /´         |
.     |  /       |





4 :1 ◆XR6x1ddXyM :09/05/24 21:26:01 ID:/iMdD+bA

   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |  俺は一色右馬介。
. |  (__人__)  |  お前の幼少からの側近だろ、よろしくな。
  |   ` ⌒´  ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

  一色右馬介




5 :1 ◆XR6x1ddXyM :09/05/24 21:27:12 ID:/iMdD+bA

            うるせーな!!史実史実うるさいんだよ!!
        / ̄ ̄\ 大河でも登場しただろ!!
    /ノ(  ゝ 、_,ノヽ        r'´ ゙ヽ      /`ヽ          ____ 一色右馬介なんて人物は実在しないお!!
    | ⌒(( ●)(●)        ヽ   ヽ从从/   /        \   /\  Wikipediaにも載っていないお!!
.    |     (__人__) /⌒l     \  \/  /て       (●)liil(●) ノ( \
     |     ` ⌒´ノ |`'''|    ? ヽ/  /  そ     / (__人__)  ⌒   \
    / ⌒ヽ     }  |  |      ,)/  / \ く     |   |!!il|!|!l|         |
   /  へ  \   }__/ /      /   /\  \      \i⌒ヽェェ|      /
 / / |      ノ   ノ    /   / YYY\   \     \ \  /⌒,/´
( _ ノ    |      \´    /   /       \   \     / \ \/  /l
       |       \_,/   /         \   \_/    \__ノ |\
       .|            /            \             |) )
       ヽ          /               \           ,r' /
         \      , '´                   `' ,        /ー'′
          \     (                     )     /
            \    \                  /    /


一色右馬介は架空の人物だが、吉川英治著の「私本太平記」では足利高氏の側近として登場し、
それを原作にしたNHK大河ドラマ「太平記」でも設定を変えてはあるが同じく高氏の側近として登場している。



6 :1 ◆XR6x1ddXyM :09/05/24 21:29:00 ID:/iMdD+bA

やる夫たちは今、鎌倉に赴いていた。

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)   まあ、そんなことより
. |     (__人__)   .いよいよ今日、赤橋家から若の正室となられる登子様が
  |     ` ⌒´ノ    .この足利屋敷にやって来るぞ。
.  |         }    .もう心の準備はできたのか?
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \




     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/    ん~~…実はあんまり気が進まないんだお…
|       (__人__) l;;,´
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /





7 :1 ◆XR6x1ddXyM :09/05/24 21:31:08 ID:/iMdD+bA

        / ̄ ̄\
      /  _ノ ,ヽ\
      |   ( ●)(●) …やはり北条家から嫁をもらうのは嫌か?
. \    |     (__人__)
   .\  .|     ` ⌒ノ
   . \ ヽ       }
      .\_,ゝ     ノ
      /, r、    く
     ./ 〈  \    i
    . ヽ、 .ヽ   \ i..|
       .て_)   \ノ
             \
               \
                 \




       ____
      /      \           …足利は源氏、北条は平氏だお。
     / ⌒  ⌒   \        昔から源氏と平氏は対立してたお。
   /  (ー) (ー) /^ヽ..       いくら執権とは言え北条の軍門に降るようで嫌なんだお。
  |   (__人__)( /   〉|      それに高時様もあまりいい噂は聞かないお。
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
―――――――― \ _ _ _ )





8 :1 ◆XR6x1ddXyM :09/05/24 21:32:57 ID:/iMdD+bA

鎌倉幕府十四代執権・北条高時は政治を疎かにし、闘犬や田楽に興じていた。

                     /i
          _,,,..-‐-...,,,_     // i!
        ,r'",,    "';;;,`ヽー'’;;/:::. ヘ
      /,;;;'      ';'。,i;'::;;;;;;;;ヽ: :.ソ'i
     /;;i'。';;;,     。 /.: ::;;; ;;;;;;;v',;;,l
    ./;;; ヘ.。    。 /. :: :::ヽ¨/;;;:く
   ,/;;;; ;;; ;;` ‐-゚-─''"''::;; :: ;; /(_・)=-;!
  ,/キ;;;; :;;:::.: : :::: r'     '':;:;; ::;;;ヽ;;;:/,;l
 /!;;;;:キ;;;: ;;,:::'   ;' ,;;;r、;..... . .;:::r、,;;:;;ヘ:;;ノ  ガルルルルルル……
/ iヘ;;;:;;;キ;;:;;:;;::.. ( .:;;llllllヽ,.:: :::::';_0,;9;i'
;! ` ヽ;;;:;;;`;;;:;;:` -`_ ';;;i!>ヾll`v-…-、:;/
;;ヽ  `::;;;:;;; ;;;;;;: ::.';;ヽ::ソ_,-‐-、';r'"v'
::;;;,ヘ  `ヾ';;: ::: ;; :;;;;';ヽヘ?ワュ’.,
;;;;;;:;;;ヘ_ '',,..,,`'''r-''"_;;:;;ハ_;;:;;: .::;;ノ




           ,へ、      /.ヘ
         /i. l::>-yr ‐ <::/:. !l
         !、_ィ(、_,.イ ト、,__ノ::::\7:l
           /::/iJ/  \/iJハ:::::`(
         |::::ゝf‐、    、ー :::::::} ウウウウウウウ……
          |:: {_,ニ´、___   l    :ハ
            ',   }.,__,-、ノ    ノ:::l、
          \ト辷iV _. -‐ニ_  ::::l、
           └r-イ   ヽ  `^ ニ:l
 ヽニー-、        /::ニ     `    ニ:::l、
  ヽヽ::::::ミヽ     ノ::::ニ ヽ       ノ ヽl




    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:| + フフ~~~♪
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|  
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
   \  `ニニ´  .:::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


幕府十四代執権・北条高時



9 :1 ◆XR6x1ddXyM :09/05/24 21:34:34 ID:/iMdD+bA

元寇以降、鎌倉幕府の権威は揺らぎ始め、当時は悪党と呼ばれる新興勢力が現れ、 寺社の強訴が相次いでいた。
鎌倉幕府はこれらに動きに高圧的な姿勢で対処し、 各地域独自の動きを強権的に抑え込もうとした。
しかし、この鎌倉幕府の対処はかえって反感を呼び、幕府への不平不満が高まっていた。

               +      +
   m n _∩          +      +  ∩_ n m
  ⊂二⌒ __)  +  /\___/ヽ +    ( _⌒二⊃
     \ \    /''''''   '''''':::::::\    / /
       \ \  |(●),   、(●)、.:|  / / うるせー、お前ら言うとおりにしろ!!
        \ \.|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::| / /
          \  |   ´トェェェイ` .:::::::|  /
           \\  |,r-r-| .::::://
             \`ー `ニニ´‐―´/
             / ・    ・ /





10 :名無しのやる夫さん :09/05/24 21:35:16 ID:RTaxnxEd
太平記キター!
やる夫ってことは綺麗な尊氏なんだろーか?これからの展開に期待


15 :1 ◆XR6x1ddXyM :09/05/24 21:43:48 ID:/iMdD+bA
>>10
有難うございます
太平記は長いですが頑張ります


11 :1 ◆XR6x1ddXyM :09/05/24 21:36:23 ID:/iMdD+bA

やる夫と婚儀が決まった赤橋登子の赤橋家は北条家の一族であり、
登子の兄・守時も鎌倉幕府内で重要な職に就いていた。

       / ̄ ̄ ̄ \
      /  ─    ─\
    /    (ー)  (ー) \        やる夫にもプライドはあるお。
    |       (__人__)   |       赤橋の娘とはあまり仲良くなれそうにないお。
    \      ` ⌒´   /
      / ヽノ   ⌒\__
     / |      \___)⌒\
     ` ̄\ \     -''' ⌒(___)
         \         /\ \__
           ` ―─―─´   ヽ___)




        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |      .まあ、気持ちは分かるがこれも足利家繁栄のためだ
     . |:::::::::::     |      仕方がないだろ…
       |::::::::::::::    |  
     .  |::::::::::::::    }         と、言ってるうちに登子様が到着したようだな。       
     .  ヽ::::::::::::::    }        .ほら、会いにいくぞ。     
        ヽ::::::::::  ノ         
        /:::::::::::: く         
-―――――|:::::::::::::::: \ -―――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)





12 :1 ◆XR6x1ddXyM :09/05/24 21:38:01 ID:/iMdD+bA

           , -‐  ̄ ̄ ̄`  、
        , ´:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. : \
    /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.:\\ヽ
.    /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :ヽ卅ゝ;:ヽ:ヽ:ヽ:ヽ
   /:. :. :. :. :. :. :. : l:. :. :. :. :',   ヽ:ヽ:.ヽ:ヽ:ヽ
  ,':. :. :. :. :. :. l:. :. |: : i:. :. :l |   ',:.:l:l:. i: :lV
  l:. : |:. :. :i:. :.|:. :. |: : l:. :. :l |´ ̄`l::j:|: :|: :|
  ',:. :.|:.l:. :.l: : ト __i_l: :.|:.:l: |リ   _リj:.:ハ:.j      はじめまして、高氏様。
   ',: :ヘl:. :. l/lヽ;|リヽlV'V   ,'" ̄゛ l/:.V       .赤橋登子です。
    ',:. :ヽ:.:/:ト、| ,,===、      、、、、 |:. :|',     ふつつかものではございますが、
    ',:. :.h::、:. ハv'      、    j:.:. l:.',     これから末永くよろしくお願いします。
    ',: :ヽl::\ヘ `````         イl:. :.|ヽ'、
     ',: : :l:. :.:.:|:.\    ‐ ´ /j:ll:.:. |:. :ヾ、
     }: : |:. :. :|: |:l ` ーn---y´::::{7||:.:.:j:. :. :. \
     |: : ヘ:. :.:|:.jj /ヽ ̄ ̄:::::: / .||:.:,' ̄`/7ー ヽ
     | :. :. |ヽ:.ヽ´   |r' ̄ ̄ / .lj:/  / / /./`ヽ
     | :. :. | ハ: :ヽ   | ̄ ̄ 7  レ' //,イ./   ',
     | :. :. |:| l \l.  |   /   //// |    ',
     | :. :. |:| l、\\ |   /  /// / l     ヽ


             赤橋登子



13 :1 ◆XR6x1ddXyM :09/05/24 21:40:16 ID:/iMdD+bA

      / ̄ ̄ ̄ \
    //     \\       はじめましてだお、登子。
   /  ( ≡)   (≡)  \       やる夫が足利高氏だお。
   | /// (__人__) ///   |     . 呼ぶ時は高氏じゃなくてやる夫って呼んでほしいお。
    \__ `ー ' __/       これから足利家の妻としてお願いするお。
   /    ヾ、 //  \ ヽフ
   ヽ_⌒)ハ //   | レつ||)
  i⌒l ミ゚Д゚,,彡⌒)  ヽ_ノ  ̄
  |  | ヽ__"" ヽ_ノ|  |
  ヽ  ̄ ̄ ̄/ ヽ ヽ_ノ
    ̄ ̄ ̄ /  /ヽ__)
       (__ノ




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー) ………分かりやすい人だ。
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ.
.  |         }.
.  ヽ        }.
   ヽ     ノ
   /    く
   |     |
    |     .|


こうして足利高氏ことやる夫は赤橋登子と婚約した。
夫婦仲は良く、後に義詮、基氏など七人の子を儲けたとされる。



14 :1 ◆XR6x1ddXyM :09/05/24 21:42:06 ID:/iMdD+bA

一方その頃、京の都ではある男が密かに鎌倉幕府を倒そうと動き出そうとしていた…

:::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... ....::::::::::
.. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... ::: :::.. ... .. .. ... ... ..::. .. .
  .. . .. .:::::      :: :.         ... .::::: :... . .:::: .. . .
... .. ..   . ... ...    ..::   . .. . .. . .. ..   .  ... ...      .. ..::   . .. . ..
 . .. . .. ... .. ..   . ... ...    ..::   . .. ...     ::  ◯    :   . .. .
. .:: : :.. . ... ::: :::..   §. .. . .. .. .. ..     ... ... ...   .... ..::   .
 . .. . .. .. .. ..   . . . .. .  §  . ... ...      . .. .
 .. . .. .:::: ::     -‐'" ゙''‐-  . ... ...     . ... ...    ..::   .
  ..::   . .. . ..    ``侖侖''"               . .. .
              -‐'"韭 ゙''‐- . ... ...    ..::   .
゙''、,,_,,,,-‐'゛``''、,    ``侖侖侖''"
;'' ;~'',;'''',;'';'' ;~'',;''゚ ;~'',;;-‐'"韭韭 ゙''‐-
,;'',;''゚ ;~,;":;;;: : ;: ;: ;::::::``゙''ー-侖侖''"::;.-‐'゛~゙`゙''-、.,,,::    . ... ...
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:"゙''、,;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:`;'' ;``'‐.、;;;;;;;.,.,.,.,..,.,.,.,.
:;,':,:;.,:;'' ;~'',;''゚ ;~'',;;~'',;';~.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙ :: :;":;; ~゙"'ー-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...
":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; '' ;~'',;''゚ ;~'',;'',;' v'゚ ;~,;''゚ ;~゚''゚ ;~'',;'',;'~,;゙''、,,_ュiュ... .. ..   . ...
::;...;;.;;ii:i;;:;i,'' ;~'',;''゚ ;~'',;'',;' '゚ ;~,;''゚ ;..;;.;;ii:i;;:;i'',;'',;''゚ ;~,;::;.:".:;.:'::;...;;.;;ii:i;;:;i|゙:.:゙,:;、,"コエ...HE
゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ,:;,`゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ;~゚''゚ ;"i|:;.::;,,;''゚ ;~゚''゚ ;":;.::;,゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ,:
:.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ,::.ミ,,;'',;' ;~,;:.ミ,,ii;'',;' ;~,;''゚ :.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ,:;,`゙ゞ:.ミ,;'',;' ;~゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~,;,:.:.、;:...:,:.:.、
.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙





16 :1 ◆XR6x1ddXyM :09/05/24 21:44:05 ID:/iMdD+bA

その男とは当時の帝であり、文学に優れ政治を好み京の都でも善政を敷いたとされる…

     ,. -――‐- ._
   ,. '´::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
../:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   (フフフ…今、幕府への不満が高まっている…
l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    これは倒幕のチャンスだ…)
.'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
 V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::┘、
  l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\





17 :1 ◆XR6x1ddXyM :09/05/24 21:46:02 ID:/iMdD+bA

後醍醐天皇その人である。

     ,. -――‐- ._
   ,. '´ /⌒ヽ /⌒ヽ `ヽ
  /    !  o l_!o   !   ヽ
../  ,. ‐へ_,ノ-ヽ__ノ‐、  ヘ
,' / ``'''ー-  ゙、_,ノ  -‐''" ヽ  ',     こんにちわ。
! l  ̄ ̄_   |   _ ̄ ̄ l  |      僕、後醍醐天皇です。
l l ‐弋´   |   `~フー ! l
.', ',    >-、_ | _,. -'"   / /
 VV  {   )  ̄      / /
  ヽ/ `ー'_____,//
  /    /--/⌒ヽ----┘、
  l     /  ヒΤフ  ヽ  \
      後醍醐天皇





18 :1 ◆XR6x1ddXyM :09/05/24 21:48:14 ID:/iMdD+bA

この時代の天皇家は後深草天皇を祖とする持明院統と亀山天皇を祖とする大覚寺統の二系統に分かれており、
それ以来その二系統から交互に天皇が即位していた。

後醍醐天皇は亀山天皇の孫、大覚寺統に当たる。

後嵯峨天皇(88代)――┬──宗尊親王(6代将軍)
                    |
                    |【持明院統】                                
                    ├──後深草天皇(89代)―――伏見天皇(92代)―┬―後伏見天皇(93代)
                    |                                    |
                    |                                    └─花園天皇(95代)
                    |【大覚寺統】                             
                    └──亀山天皇(90代)―――後宇多天皇(91代)―┬―後二条天皇(94代)―――邦良親王
                                                    |
                                                    └─後醍醐天皇(96代)





19 :1 ◆XR6x1ddXyM :09/05/24 21:50:22 ID:/iMdD+bA

後醍醐天皇は三十一歳という当時としては遅い年齢で即位した。

元々は兄の後二条天皇の遺児・邦良親王が成人するまでの中継ぎであり、
父の後宇多法皇より自身の子孫に皇位を世襲させることが否定されていた。

        _,,,...-――-,,.._    
      /::::::::::;' "Y'"ヽ_;;::\   
    /::::::,. -‐i  ・l・_,ノ _,ヽ::i         僕は政治もやりたいし、
   ,|::::/ー-  ` "●  _,,_`i       甥の中継ぎなんかには終わらないぞ。
   |:::|-‐     |_,-、 、_  }  
   |:::i,,,-'"       _,ノ  ` i
    i::i、       、_,)    /
     ヾ >、_____,,,ィ.
     ,i :::: ̄ ̄,=(t)‐、'':::::i





20 :1 ◆XR6x1ddXyM :09/05/24 21:51:57 ID:/iMdD+bA

1321年(元享元年)後宇多法皇は院政を停止して、後醍醐天皇の親政が開始される。
後醍醐天皇は積極的に政治を行った。

                 _,,,,,--―――--,,,,_
.             ,r-‐'´r-―-、;;;;;;r-―-、;;;``ヘ
            ,〆;;;;;;;;;/``ゝ、  ∨ _,,-''´ヽ;;;;;;;;;;\
           /;;;;;;;;;;;;;;l    `''-l-''´     l;;;;;;;;;;;;;;ヽ
         /;;;;;;;;;;;;;;;_,,,l     ・ ∧ ・    |_;;;;;;;;;;;;ヽ      商売や往来の邪魔になっている
         /;;;;;;;;r-'´  ヽ、   ,ノ-ヽ、__,ノ   `ヽ;;;;;;;;∨    新しい関所は大津と葛葉の関以外全て廃止する。
        ,';;;;;;;/       ` ̄´(;;;;o)        ヽ;;;;;;;l  
        l;;;;;/  ̄ ̄ ̄     /::::::::ヽ    ̄ ̄ ̄  l;;;;;;|
        |;;;;l ―――     (:::::::::::::::)   ―――  |;;;;|     富裕な者どもが蓄えた米、雑穀を
        l;;;;|    ,,,-    ` ̄ ̄´   ー--,,,,__  |;;;l     .飢えた民たちに安く売るんだ。
  ,r-―-、   i;;;l -‐'''´   ,r'´ ̄`ゝ―'''´ ̄ ̄`ヽ     l;;;l
 /    ヽ  ',;;;l    /;;;;;;_,r-―――--、;;;;;;;;;;ヘ    i;;;l
 l     /`ゝ、;;l    {;;;;;r'´::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;;;|   /;;/
 ヽ  /:::::::::::::::ヾ   ヽ;;;l::::::::::,r-――-,,,_ l;;;;;;;;ノ  /;;/
   ゝ::::::::::::::::::::::::::ヾ:   `ー'''´       `ー''´  //
   l:::::::::::::::::::::::::::::::::ム-―――――――――――ァ-、
   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::l::::\    ,-‐'´`ヽ、    ,〆:::l:::::ヽ
    ヘ::::::::::::::::::::::::::::ゝ--ァ\<´  〉-〈   \/r-、/::::::::::::ヽ
      \:::::::::::::::::i:::::::::<:::::::::`ゝ、 |   | ,〆:::::::>:::::ヽ:::::::::::::}





21 :1 ◆XR6x1ddXyM :09/05/24 21:53:55 ID:/iMdD+bA

だが、1324年(正中元年)の後宇多法皇が死去すると邦良親王派から後醍醐天皇に
皇位を邦良親王に譲るように催促されるようになる。

また持明院統からも量仁親王(後伏見上皇の子)を皇太子にするよう主張されており、
これらは全て鎌倉幕府の意向であった。

         ____     
     ,.>‐'::::::::::, - ,;::::::,ニ、'‐-::、   
   ,.;'"::::::::::::::::/‐- 、l/   ';:::::::::\    
  /::::::::::::,;::::::/  .( ・)| |--- .|::::::::::::: 
/:::::::::::::::/:|-'へ、/⌒,.!、`ヽ ./ ̄\:::::::::l   
:::::::::::/ し'    ' ‐-イ::::::::)‐'"    \:::|     幕府め…
:::::::::/    ̄  ̄ ' -  '‐r''" ' ̄ ̄ ̄  ',:!  
:::::::/  ∧ー――-   .|   ――∧-  l|     皇位に口出しするなんて
:::::::|  し'     _    |   ー- し'_  l|    武士のくせに生意気だぞ。
:::::::l  ―― '´  ,r ┬个┬-、     ./
::::::::l    -‐='"┴┴┴┴ ┴=:、   /     
::::::::' 、                 ̄ /  
\::::::\___________/  
  >------------r―-:、------ゝ、  
/::::::::::::::::::;;-‐'"´ ̄ト‐┬‐l ̄\:::::::::::\
::::::::::::::::::::/      ヽ -‐'   `:,:::::::::::l





22 :1 ◆XR6x1ddXyM :09/05/24 21:56:01 ID:/iMdD+bA

そんな中、後醍醐天皇に倒幕計画を持ちかけたのは側近の日野資朝であった。

          (|li||il||)  
          `|ニ|゛
      , -‐‐‐‐-、|
    , '´, '''`v'‐-、  \      . そんな幕府ならいっそのこと
   , '  i OiO  |   ヽ     倒してしまえばいいナリよ!
   ,'   ヽ〇`、,ノ     !  
   i  (_          .|  
   .i  ヽ ̄ ̄ ̄`ヽ   /   
   ヽ  i , ‐'""゛`|  ./  
     ヽ、`‐‐----',,/
        ̄ ̄ ̄

      日野資朝



        _,,,...-――-,,.._    
      /::::::::::;' "Y'"ヽ_;;::\   
    /::::::,. -‐i  ・l・_,ノ _,ヽ::i  ……資朝。
   ,|::::/ー-  ` "●  _,,_`i  
   |:::|-‐     |_,-、 、_  }  
   |:::i,,,-'"       _,ノ  ` i
    i::i、       、_,)    /
     ヾ >、_____,,,ィ.
     ,i :::: ̄ ̄,=(t)‐、'':::::i





23 :1 ◆XR6x1ddXyM :09/05/24 21:58:01 ID:/iMdD+bA

            _. .,、 .、
            i!、/'!'レZ゙l
         ゙'/'''!レ゙‐'
         │ | ._,,,..............,,,,、
             !..-'~゛ .、  、.   \
        /    .,r \i l'/''、  \     今は武士の間でも幕府への不平不満が
       /      ./   ゙l゙   !   .ヽ    高まっていると聞くナリ。
      /         |  _,,/_  |    .l.  その者たちを味方につけるナリよ。
      /       `、 ...ノ ~' i '"     !         ,,,、
      |           ゙'- ′     .!   ._,,_  .,-',゙ヽl
      .!           _........ 、     / _./  `'ヽ /
      ゝ      ._,x;;´    ヽ   ./ | l     .|
       ヽ_.   ./   `''-,  │ / _..|  l     /
       iノ\ `────‐┴‐'´ l'|"、-'゙! ヽ'r‐'"




          _____
     /´    -、 -、\   
     /   , -|   ・|・  |-ヽ
   /  /   `ー ●ー´  ヽ     なるほど。
    l   /    二   | 二 、 |     .それはいい案だ。
   |  l |\_ ─  | ─_ノ l...    ならばその不平不満の武士たちに
    l  l ヽ    ̄ ̄ ̄ ̄ / /     味方するよう働きかけよう。
   ヽ ヽ ヽ、___ / /    
      l━━━━O━━ ー◯     
    l   \´___ ヽ /
    |    _◯ _ノ | |





24 :1 ◆XR6x1ddXyM :09/05/24 21:59:55 ID:/iMdD+bA

               _,. -――- 、,_
             /         `ヽ
            /,. '" ̄ ̄ '''‐-、    \
            { , -、   , ―、 ヽ     ヽ_
       /`<つ_,l | r1   |  r1   |  r'" ̄
       (\//\ i | L|  |  L|  l  l   その任務、拙者めにお任せください。
      / ̄ヽ、⌒〉`-'〇  `- '', -、 l  l       _
      (      Y(_____ (Cノ/ /   ,.‐'"   ,.>
     \    /^ \      ` ,ノ ∠_ノ     /
         \/   / i`t― --r''フ´    \-― 'ヽ(
          \i_/   \\/ノ  r     |
            ヽ,    {>ロ<}  }-―- 、」
            |      \\( ___   }
                l       `/´    `y'
              l   __ /      ノ、
             l/,ゝ   `ヽ, _,. <_l〃\
            <// / ,/ /_,,ノ'iニニニi\  \
               「 Lハ_/ノ ` '┘    `ヽ \//


              日野俊基



25 :1 ◆XR6x1ddXyM :09/05/24 22:02:06 ID:/iMdD+bA

日野俊基は山伏に姿を変えると不平不満の武士たちに
天皇の倒幕計画に参加するよう密かに接触をはじめていた。

   ,.、             __
  く/\        /:::::::::::::::::`ヽ
   \□\.     /::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     \□\   〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      \□\  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    山伏・日野俊基、ただいま参上!
        \□\|:::i、::::::::::::::::::::::::::/i:::〉   ___
         \□i:::| `(・) iヽ, (・)´ .|:::|一'´.::::::::::::::::::\
         / ,Xへi @  |l }  @ j::::≦´ ̄\:::::::::::::/
       ヾ/ /\\`ー/ ノ`ー'_ノ:::::::::::::\  ヽ:::::::::〉
           /.:::::::\ヾ:| ´ ̄ヽ}:::::::::::ハ::::::::\ \::ノ
           /::::::ハ:::::::ヽノ '⌒ヽ{::::::::::{ ヽ:::::::::\
        /::r'⌒ー‐一'´   )ノ::::::::::::|  ヘ:::::::::::}
         〈::〈〈XXXXXX{ー一'´\:::::::::::〉   }::::::::,′
        ∧::ゞ'´ ̄::::::::::::::::::::::::::::{:::::::::::)\ ⌒V
        /::::::::::::::::::::::::::::::{ ≧{ }≦〉:::::::::〉、:. \
       ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::7 ハ\ゞ'⌒{:::::\:: \
      .{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l__|::ヽ/::}Xx|::::::::::ヽ:: \
      \::::::::::::::::::::::::/ ̄〃7/:::::|Xx|::::::::::::::', 、  \
        `'ー一ヘ='ヘ.   {.{ }ム::::ノXx{::::::::::::::::} \  \
              ,ゞ'"´〉|〈_,.イ´ ̄ヽ::::::::::::/   ヽ./,)
            r((⌒_,ノ:人:ノ j , , , }:三/      ̄
            `ー‐一'゙  `ー'ー'ー '  ̄





26 :1 ◆XR6x1ddXyM :09/05/24 22:03:29 ID:/iMdD+bA

そんな天皇の呼びかけに応じたのが土岐頼貞や多治見国長ら在京の武士、
そして比叡山の僧兵らであった。

            -─‐- 、.   .. -─;-
       -=ニ´ ̄     ヽ'´ ∠´__
        ,.'"´            `>
.        /     , /| /^l ト、   ヽ
       |      /|イ、l_;;::|ノ_,.ゝ.、 ト、l    ククク………
       |    ,イ/‐、_,リ:::;::リ,-ヘト |ヽ! `
       |  , ‐、r':=。=;;;:(=。=lヽ!        帝の命とあらば…
        |   { f、||u`ー‐' r_\-' l
.       /  `ー'ト、::: ー----:ヲ│    
       / /|  |::\::` ー-‐' /!ヽ、
      ∠-/  \|`、 :::`‐、__/リ!\   
.      -‐''""|  /ヽ|`ヽ、.__ノ|w レ `''‐
         レ'' ◯|;';'';';';';';';'|=\|

            土岐頼貞



            ___   ,,.......、 ヽ, 、
          / r''`,r'"    `ヽ) ヽ , - 、
         /   レ"          '"∠⌒`
       , -、!                 、゙ヽ
     /                     ヽ`!
    /⌒>                     ゙、
     /                       ',
    /                         !
    i  /       ,i! ハハ   ,!i        ,'
    '、 {!, i      ,! l l l .l  /! l  ,ィ     /     断るはずないだろ。
    `ヽ! ヽj、     H,,!、! .l /'! l ,!-j/jノ  i
         `'!,   i !r',.、\l/  jノ∠゙`'l i   '、  )ヽ
     /(   j  (i i `''゚`''` ー'''"゚-" / l)   `'''゙ノ
    (  `''-'"   '! ハ     j     /l .!     `ヽ
     `>      V ゙\  ー - ,/ V       `ヽ
  ,r''~ ̄    / ,'    | `''- ''" |  _ ヽ  `:、   !
 /,r'7     ,' ハ(ー'゙r`┘、__  __,, ゙くノ ヽ__i   !  ハj
 '、! !____r''T"!、 ! `ー' l----------/   ,/  ,イト:、 ノ


              多治見国長



27 :名無しのやる夫さん :09/05/24 22:03:58 ID:txUmY+6+
尊氏がエタってたので期待


28 :1 ◆XR6x1ddXyM :09/05/24 22:05:25 ID:/iMdD+bA

比叡山には後醍醐天皇の皇子・三ノ宮が梨本房の門跡に入り、
天台座主に任じられ法名を尊雲、通称を大塔宮と呼ばれていた。

彼が後の護良親王である。

         ____
       /        \?
      i──────┐ ヽ
      | ⌒ヽ ⌒ヽ\ |   |      武芸にも励んできたし、
      |  >|・   |─-|_ /       .いよいよ父上の役に立つときだね!  
      j ーc ─ ′    ヽ
       ⊂____ /!   _ノ
  _(\ \ \ __/ /
 (─   ヽ、 ` ─_──イ- 、
  ヽ二_ノ \/|/\ /   \
      \


      大塔宮(護良親王)



29 :1 ◆XR6x1ddXyM :09/05/24 22:07:25 ID:/iMdD+bA

倒幕計画は進み、ついに挙兵は九月二十三日、
北野神社の祭礼の日と定められた。

          (|li||il||)  
          `|ニ|゛
      , -‐‐‐‐-、|
    , '´, '''`v'‐-、  \       当日は祭の準備で
   , '  i OiO  |   ヽ        六波羅探題が手薄になるナリ。   
   ,'   ヽ〇`、,ノ     !       そこを土岐、多治見の兵で急襲するナリよ! 
   i  (_          .|  
   .i  ヽ ̄ ̄ ̄`ヽ   /   
   ヽ  i , ‐'""゛`|  ./  
     ヽ、`‐‐----',,/
        ̄ ̄ ̄




      ,. -─- 、
      /   ___丶
   ∠. /´ ,.- 、r‐、`|
      l |  | ー | lー | |     宇治、勢多方面は
     l. |@`ー' oー' l       比叡山の僧兵に守らせればいいでござるな。
   (\ヽヽ ~~~~ゝ 
   \.ゞ,>nn‐r=<
    ( / `^^´`ヽハ)
     /`! ー--=≦-‐1





30 :1 ◆XR6x1ddXyM :09/05/24 22:09:19 ID:/iMdD+bA

       ____  
     /    \,,/ \
    /  / -|  ・|∠ | ヽ   いよいよ決起する時だ。
    |  /    `-●- ヽ|   頼んだぞ、頼貞、国長。 
 .  | |   三   | 三 |     
    i | / ̄ ̄\|   /    
    ヽ|       \ / 
   /━━━( t)━━i 
  ○   /   / /ノ 
         ̄ ̄ ̄




            -─‐- 、.   .. -─;-
       -=ニ´ ̄     ヽ'´ ∠´__
        ,.'"´            `>
.        /     , /| /^l ト、   ヽ
       |      /|イ、l_;;::|ノ_,.ゝ.、 ト、l    ククク………
       |    ,イ/‐、_,リ:::;::リ,-ヘト |ヽ! `
       |  , ‐、r':=。=;;;:(=。=lヽ!        いよいよ倒幕…
        |   { f、||u`ー‐' r_\-' l
.       /  `ー'ト、::: ー----:ヲ│        . まずは六波羅を…
       / /|  |::\::` ー-‐' /!ヽ、
      ∠-/  \|`、 :::`‐、__/リ!\      . 攻め落とす……
.      -‐''""|  /ヽ|`ヽ、.__ノ|w レ `''‐
         レ'' ◯|;';'';';';';';';'|=\|




    i  /       ,i! ハハ   ,!i        ,'
    '、 {!, i      ,! l l l .l  /! l  ,ィ     /     まかしとけ、陛下。
    `ヽ! ヽj、     H,,!、! .l /'! l ,!-j/jノ  i
         `'!,   i !r',.、\l/  jノ∠゙`'l i   '、  )ヽ
     /(   j  (i i `''゚`''` ー'''"゚-" / l)   `'''゙ノ
    (  `''-'"   '! ハ     j     /l .!     `ヽ
     `>      V ゙\  ー - ,/ V       `ヽ
  ,r''~ ̄    / ,'    | `''- ''" |  _ ヽ  `:、   !
 /,r'7     ,' ハ(ー'゙r`┘、__  __,, ゙くノ ヽ__i   !  ハj




       _ヽー-v-─‐z._
      ,>  `       <.
.    ∠       /v、     \
    /    ,.イ ./   ヽト、ヘ、  ゝ
    7  ,.イノコ/‐ u ,!エ、ヽト. ゝ
.    1 /_/, == ヽ_/ == 、ヽ__! |    (………果たして本当に成功するのだろうか…)
    /´l.「 ヽ.ー-゚ノ─ヽ.゚-‐',ノ l.「iヽ
     {.i´|| U  ̄ l v' l  ̄ u ||`;リ
    ヾ:」!  、 └‐-‐┘  ,.  l!ソ
.   / |  } (二ニニニ二) {   ! \
-‐'''7    ヽ. ´   ー一   ` , '    「'''ー-
  i      |`ー-、.___,. --イ     |


         土岐頼員



31 :1 ◆XR6x1ddXyM :09/05/24 22:11:45 ID:/iMdD+bA

計画に参加した一人、土岐頼員は六波羅探題の奉行・斎藤利行の娘を妻にしていた。

         . /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.,:.:.:.:.ハ:.:.、:.:.:.:.:.:.,:.:`、`
        /:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.イ:.:.イ:.:.:./ .l:.:.:l、:.:i、:.:l:.:.トヽ
        l:.:.:.:.:.:.:.:イ:./.l:./ l:/  .l:.:.l ',:.l ',:.:ト:.:'.,`
        l:.:.:.:.:i:./ l/ /'-‐'、_ゝ .ヾ:l-.',!、_',:l `、!
        l:.,:-‐lー-./  ̄\   / ̄\''!
        l:.l ヾ:l:l | (  o |ー‐‐.| .o .) .|‐   (計画が実行されれば合戦になる…
        l:.l ゝ ll  \ _.イ   \_イ    .そうなれば私も討ち死にするかもしれない…
         l:.:ヽ l'      . l    _l   l     このことを妻にどう話すべきか…)
        _l:.:.:./´l    ,-,-,-,-,-,´-,、  l
      /~:.!:.:/  l   )、二二二二 '(  l
     ./: : : !'   l      ー―    . l
  _,-‐'/l: : : : :.!  ヽ_         _/、_
-'´: : :./:.l: : : : : :.!      ̄`‐、___,-'´l: : :.ヽ\、__
: : : : :/: :l: : : : : : : !            .!: : : :.ヽ:`: :`‐-、_
: : : :/: : :l: : : : : : : : !ヽ _       _,-' !: : : : :ヽ: : : : : : `‐-、_





32 :1 ◆XR6x1ddXyM :09/05/24 22:13:07 ID:/iMdD+bA

そして、妻との別れを惜しんだ土岐頼員は
妻に天皇の倒幕計画のことを漏らしてしまった。

     z―-y-―z_    
   ァ´        く  
   フ , , ,、 、    ヽ    
  7 ,イ /! / ヽ ト、 ヽ  l  
  |/ l/ l/_,,,  ,,ヽ__\ト、|    
   rl/,‐。、ヾニ/,‐。、ヽ」|ヽ   実はかくかくしかじか…
   |(|ヽ二イ ̄ヾ二ノ::||)|.   
    ヽ! u  {_ _j:.  u :|lノ      
    |  )=====(  :| \    
--‐'7´ト、._  一   _ノ!  l`ー―
-‐'7 .ト、 `ー― '´  ,イ.   ト、
 /  |ヾミ=====彡'|   |
/   |ヽ   ̄ ̄ ̄  |




       /⌒ヽ
  ,,..ィ'" ̄`'     \,
  !     ,l^^l     ゙ヽ
 ↑  _,'ノ  |、     ゙i
 ,!  y',r‐¬  ゙;亠-、ュ  l
 |  i' 、'''''。'i  i'。'''' ; ゙!、 l      えぇ!?
 | n.l  `‐‐' ,  、゙‐‐"  l.n |     なんですって!?
 l ヒj.l、 _/_,._,._'、_ , |.iッ.|
 |   |゙t`iェェェェェェェェiヲ" l   l
 !  | 、ヘェェェェェェェッ'ノ l   l
 !   !、.._ ̄ ̄ ̄ ̄_,丿   l
└凵_L_]`ー=ー''[__」__,,L凵.
      。j     l,。


      頼員の妻



33 :名無しのやる夫さん :09/05/24 22:13:38 ID:KiHPakW0
幾人もの作者が挑戦し、今だ完結を見ていない南北朝に敢えて挑むか…


34 :1 ◆XR6x1ddXyM :09/05/24 22:14:57 ID:/iMdD+bA

さらに頼員の妻はその日の夜のうちに父の斎藤利行に事の次第を打ち明け、
驚いた利行はただちに六波羅に参上し、事の次第を告げ鎌倉に早馬の使者を立てた。

           , -──────- 、
        /        ,. -‐-.、 `‐、
       /./`::‐ 、.__,...‐'::´::::::::::::::::ヽ  ヽ
.        /./::::::、:::::::::::::::::::;:::‐'::::::::::::::::::::l.   !
      //  :::::`:ー-‐::'::::::::::::::::::::::::::::::::l  i
.     |' ̄`~`'‐、:::::::::::, ‐''"~´ ̄ ̄ :::::::!   |
       l.  ─‐- :::::::::::-──  :::::::/   |
      │===。=, :::::::==。=== :::::| l⌒i |   帝が謀反だと…
     │ ` ‐-‐/ jv :::ヽー--‐ '  :::::|.|,ヘ |. |
.       l. ー-‐/  u:::::ヽー--‐'  u::::|ト、 l |   早く六波羅と鎌倉に知らせなければ…
.      | ,r‐'〈__,、_,、_〉 `ー-‐ 、::::|!_ノ  !    
        |/ ,,,;;;;;;;;;;     ;;;;;;;;;;;;;;,,,,,  l::::|ヽ  |\
       l 匚匚匚匚匚匚匚匚匚lヽ::::|:: ヽ |::::::\
      | `┴┴┴┴┴┴┴┴┴':::::!::  ヽ|::┃::::i`‐-
.      !、    =====  ::::::::::::::/::   ゝ::┃:::::|:::::
      ,. ‐'`i'‐ 、   :::::::::::, ‐ ' ´::::   /;|:::┃:::::|::::
   ,. ‐'´┃:::::|:::┃::`i ‐ ' "´:::::::::::::    /;;;;;;|::::┃:::::|::::      


      六波羅探題奉行・斎藤利行



35 :名無しのやる夫さん :09/05/24 22:16:33 ID:s2/LnFDN
展開速いなー


36 :1 ◆XR6x1ddXyM :09/05/24 22:17:10 ID:/iMdD+bA

六波羅探題は京内外の武士たち三千余騎を召集し、
九月十九日、三条堀河の土岐頼貞邸を急襲した。

 ///      /| |::l .|l  |ヽ  ヽ\
   /        /::::|.|:::l |::| |/\ \\           まさか……
.  | /    ./::::::::l|:::::l |".l |/::::::::ヽ、_\ヽ__      
  |.l.| l   /::::::::::::|/ i /l| _,,、、-  ~  ::::ヽ ヽ/⌒ヽ、一族の頼員が裏切るとは…
  || | .|l  /\::::: ヽ /,、-'''"        :::::::ヽ ヽ'⌒ヽ.ヽ
  . | |.| | /  \  〃          i.l ::::::::ヽ ヽ'⌒| .|  クッ… 
.    |l |l    \ ;;; ヽ、  ,,、'      ij  :::::::::ヽ ヽ、_ノ |
           /:::::    ‐''~         ::::::::::::ヽ ヽ、_ノ  不覚……
          / ,':::::::             :::::::::::::::::ヽ ヽ
         / ,':::::ij:::::: U    `ij     :::::::ij:::::::::l;ヽノヽ  無念……
        / ,':::::::::::::::::             :::::::::::::::::l;;;:::::: ヽ
       / ,'::::::::::::::::_::`)       _,,、-'''´~~`ヽ::::::::::l;;;:::::: ヽ
      / :::::::::: ''~ノ    __,,、-‐´   _、、-‐':::::::::l;;;;:::::::u ヽ
      `''''    `''-'、~    _ 、-‐´    :::::::::::::::l;;;;;;:::::  ヽ
                `r‐''' ´       :::::::::::::::l;;;;;;;;:::::   ヽ


「太平記」では土岐頼貞は奮戦して自害したことになっているが、
これは誤りであり、その後も存命し後の戦乱でも活躍する。



37 :1 ◆XR6x1ddXyM :09/05/24 22:19:00 ID:/iMdD+bA

また同じ頃、六波羅の軍勢は錦小路高倉の多治見国長邸にも攻め込んだ。

          トv'Z -‐z__ノ!_
        . ,.'ニ.V _,-─ ,==、、く`
      ,. /ァ'┴' ゞ !,.-`ニヽ、トl、:. ,
    rュ. .:{_ '' ヾ 、_カ-‐'¨ ̄フヽ`'|:::  ,.、
    、  ,ェr<`iァ'^´ 〃 lヽ   ミ ∧!::: .´
      ゞ'-''ス. ゛=、、、、 " _/ノf::::  ~
    r_;.   ::Y ''/_, ゝァナ=ニ、 メノ::: ` ;.
       _  ::\,!ィ'TV =ー-、_メ::::  r、
       ゙ ::,ィl l. レト,ミ _/L `ヽ:::  ._´
       ;.   :ゞLレ':: \ `ー’,ィァト.::  ,.
       ~ ,.  ,:ュ. `ヽニj/l |/::
          _  .. ,、 :l !レ'::: ,. "
              `’ `´   ~


多治見国長邸の合戦は四時間に及び国長も奮戦したが、自害し果てた。



38 :1 ◆XR6x1ddXyM :09/05/24 22:20:54 ID:/iMdD+bA

この事件の報せはただちに後醍醐天皇に伝えられた。

            //_
              ,"r‐=l;;;;7,=ニー-- __
   マジで!?   ///o.ll//o. l.}: : : : : : `ヽ、
               /::,.-ll゙-゙/ll ゙-゙-"'''ー、: : : : ::ヽ
           l>ゞ、,,ヽ〈;;;;;リ==二二  ` 、: : : :
,,-"|   ∧  〈 ̄ 二二 ` ./ 二-二"、   ヽ: : :
.  ! ./  ヽ、ヽ、__,,__  /__ , ―'─  `ヽ、  !: :
   レ'       ∨   `y'"  , -、 .r―‐ 、 !  l: :
                |  /   l l     l  l  l: :
              ,.l、,,!,   り,,,,,,,. ノ / /: :
           rー 、_l_  `ー' ̄   `l_/ /: : :
            \   ̄ ` ー----‐‐'  /: : : :





39 :1 ◆XR6x1ddXyM :09/05/24 22:23:22 ID:/iMdD+bA

          (|li||il||)  
          `|ニ|゛
      , -‐‐‐‐-、|
    , '´, '''`v'‐-、  \       そんな…
   , '  i OiO  |   ヽ        一体どこから計画が   
   ,'   ヽ〇`、,ノ     !       漏れたナリか?
   i  (_          .|  
   .i  ヽ ̄ ̄ ̄`ヽ   /   
   ヽ  i , ‐'""゛`|  ./  
     ヽ、`‐‐----',,/
        ̄ ̄ ̄




      ,. -─- 、
      /   ___丶
   ∠. /´ ,.- 、r‐、`|
      l |  | ー | lー | |     …だから謀は慎重に
     l. |@`ー' oー' l     進めるべきだったでござるよ。
   (\ヽヽ ~~~~ゝ
   \.ゞ,>nn‐r=<
    ( / `^^´`ヽハ)
     /`! ー--=≦-‐1




       _____       
.    /   -、- 、ヽ   
    /  , -|/・|<\|-ヽ     もういい。
   i   / U `-●-´   i      今はそれより
.   |  |    三. | 三.  !     これからどうするかだ。
   | | /⌒\._|_/^i /  
  ◯ヽ ヽヽ______ノ/◯     六波羅にバレては
  \ ━━━━o━━ /       もう計画は中止だ。
    |.    /      ヽ |′ 





40 :1 ◆XR6x1ddXyM :09/05/24 22:25:19 ID:/iMdD+bA

            _. .,、 .、
            i!、/'!'レZ゙l
         ゙'/'''!レ゙‐'
         │ | ._,,,..............,,,,、
             !..-'~゛ .、  、.   \         ………陛下、
        /    .,r \i l'/''、  \       .これは全て我輩の責任ナリ。
       /      ./   ゙l゙   !   .ヽ      .死罪だろうとなんだろうと、
      /         |  _,,/_  |    l       我輩一人が罪を着るナリよ。
      /       `、 ...ノ ~' i '"     !         ,,,、
      |           ゙'- ′     .!   ._,,_  .,-',゙ヽl
      .!           _........ 、     / _./  `'ヽ /
      ゝ      ._,x;;´    ヽ   ./ | l     .|
       ヽ_.   ./   `''-,  │ / _..|  l     /
       iノ\ `────‐┴‐'´ l'|"、-'゙! ヽ'r‐'"




               _,. -――- 、,_
             /         `ヽ
            /,. '" ̄ ̄ '''‐-、    \       資朝一人だけに
            { , -、   , ―、 ヽ     ヽ_     . 罪を被せるわけにはいかぬ。
       /`<つ_,l | r1   |  r1   |  r'" ̄     .拙者も共に処分を受けよう。
       (\//\ i | L|  |  L|  l  l
      / ̄ヽ、⌒〉`-'〇  `- ''   l  l       _
      (      Y(_____ @/ /   ,.‐'"   ,.>
     \    /^ \      ` ,ノ ∠_ノ     /
         \/   / i`t― --r''フ´    \-― 'ヽ(
          \i_/   \\/ノ  r     |
            ヽ,    {>ロ<}  }-―- 、」





41 :1 ◆XR6x1ddXyM :09/05/24 22:27:20 ID:/iMdD+bA

       ____
    /´  - 、 - 、\    
   /  , -| /・|・\| 、ヽ
  / /   ` ー●ー ′ ヽ   資朝、俊基…
  l l    三   |  三  |   君達の忠義は忘れないよ。 
  | |     /\    l   
   ヽヽ   /   \  /      
    >━━━━6━━<        
   /    /___ヽ ヽ      
   ◯   l ヽ__ノ ノ l○  


こうして日野資朝、日野俊基の両名はその日のうちに捕らえられ、
二人は鎌倉に送られた。



42 :1 ◆XR6x1ddXyM :09/05/24 22:29:23 ID:/iMdD+bA

だが、幕府から下された処分は予想より遥かに軽いものとなった。

         /\___/ヽ        俊基は証拠不十分で無罪放免!
       / ''''''   ''''''  \       資朝は死一等を減じ、佐渡へ流罪とする!
       .|::::(●),   、(●)|                    ,. ‐- .. _
       .|::::   ,,ノ(、_, )ヽ、,, |                  ./  __  `` ー- 、
       .|::::   `-=ニ=- '  |                , ィ/   ゝヽ ̄ヽ ー- '
       \    `ニニ´  /              _ / { {ヽ、_   ヽ' ノ_,.〉
         /!    _ /_/_ -ァー- 、_ ... -‐ '    ヽヽ、 `>、..ノ=┘
       /j >-‐ ' ´/ /   /    /   _ノ      \ `ー '!
   , -‐ 7´/{⌒|  / _/   j                  >‐'
  / / //| 〉‐f/ \'    !                ,  ' ´
  / ,' > .|/ レ   ゚ノ    |           ,.. -‐ '"
/  {  ヽ |  〉  /__  t     ,. -‐ ' ´
   |   ヽ| / /  '   `  ヽ、  /
   |   `!//           /


鎌倉幕府としてもこれ以上事を荒立てて余計な波風を起こしたくなかったのである。



43 :1 ◆XR6x1ddXyM :09/05/24 22:31:37 ID:/iMdD+bA

この事件が世に言う「正中の変」である。

       ____  
     /    \,,/ \
    /  / -|  ・|∠ | ヽ   
    |  /    `-●- ヽ|   (クソッ…
 .  | |   三   | 三 |    だがまだ諦めたわけじゃないぞ…) 
    i | / ̄ ̄\|   /    
    ヽ|       \ / 
   /━━━( t)━━i 
  ○   /   / /ノ 
         ̄ ̄ ̄


この事件で天皇の倒幕計画は一旦鎮静する。
だが後醍醐天皇はまだ倒幕を諦めていなかった…



44 :1 ◆XR6x1ddXyM :09/05/24 22:33:14 ID:/iMdD+bA

もちろんこの事件は鎌倉のやる夫たちにも伝わっていた。

       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \ まさか、帝が謀反を起こそうとしていたなんて…
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \ でも大事になる前に片付いてよかったお。
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)      ああ、もし帝の計画が実行されてたら
. |     (__人__)      .承久の乱の再来になってただろ…
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \





45 :1 ◆XR6x1ddXyM :09/05/24 22:35:16 ID:/iMdD+bA

                   / . / :./ :/:/: : : : : : : : : : : : : : :.`ヽ、
                / . :/: :/: /:/: : : : : : : : /「こN: : : : : : :ヽ
             / . : /: :/ :/:./: : :.i: : :.l: l/// /lN: : : : :l: : :.l
               / . :.:.l: :.:l: ::i: :l: l: : {: : :.l: l  ̄`ヽ|: : : : :l: : :.l
            | . : : :| :l l:.⊥⊥l:.:.:.|: :.l:L:L_ _  |: : : :.:l: : : |
            | : : : :|: l l´l:{⊥:l .: :|: :.N リ __  `1: : : .:l: : : |
            | : : : :| :l.彳フ〒メ、: |: :.l 〒 ==ミヽj: : : : l: : : |   本当に戦乱になったら
            |ハ.: : :| :ハ V ハ。lヽ| V  r小 } Vl: /: :.:l: : : :|   足利家も赤橋家も戦に
                V:.: :.:ハ ヽ りノ      じ。ソノ l/: : :.ハ: :.:.:|   巻き込まれてしまうわね…
                   V.:.: i..ハ    、           /l: : : lノ: : : |
                  ヽ\ :.:ハ             /: : : :l: : : : :|
                 1: : i\   rっ     , イ: : : :/: : : :.:.|
                    l: : :l : :> 、 __ , イ: :/:/ : /: : : : ::.:|
                __ _」: : l/:::::〈     /V: /// : : : i: : : |
             /     \ |::::::::.ヽ   l:::::V//: : : :i: |: : : |
            /-- 、       \::::::::::.L   \/丶、: l :|: : : |
             /    ヽ     ヽ:::::::::.\二二ヽ:::::.、`丶、: |
          /      \     \::::::::::.\   \::\  \




      ____
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\        大丈夫だお!もし鎌倉に敵が攻め込んできても
  / /// (__人__) ///\     . 足利家も登子もやる夫が守るお!!
  |     |r┬-|      |     だから登子、足利家繁栄のために今夜こそ
  \     ` ー'´    /      子作りを頑張るお!!





46 :1 ◆XR6x1ddXyM :09/05/24 22:36:58 ID:/iMdD+bA

              __
           .-´    ``ヽ
          /  ヽー     `ヽ ぐぇあ!
         / ノ    (O )ノ ̄ ̄`ヽ、―ニ
        / (●) __)⌒/ ´`ヽ _  三,:三ー三,:
        | ::⌒(__ノ/  ノヽ--/ ̄ ,    `   ` ̄ ̄ ̄
       。ヽ 。   )(  }.  ...|  /!
          ヽo (__ン  }、ー‐し'ゝL _
         人  ー   jr--‐‐'´}    ;ーー------
        /        ヾ---‐'ーr‐'"==





47 :1 ◆XR6x1ddXyM :09/05/24 22:39:03 ID:/iMdD+bA

        /: :/: : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : \
       /   /         /. . . . . .../ZZZz|: : :|:.ヽ: ハ
        ,'  / .. . : :/...:.|: :.|: :|: : :|:.:.,'/////|: : :|: :.| : :l
       , /.::{: : {: : : :!: : :|: :.|: :|: : :|: :| ̄```'|: : :|: :.| : :|
        {: |: l:.|: : |.: : :.|.:../|:./|: :|: : :|: :|     |: : :|: :.| : :|
        |: |: l:.|: : |: \l: :l .!l |: :|: : :|:./   _.ム:.:.:|: :.| : :|
        |: l:.:|:.!:.:.:|: : {:{\_,」 .|:l |: : :l/   ,/__ }: /: :.:| : :|    バ、バカ…
        |: |: |:.!:.:.:|:. 「マテZ7k|:l |: : :| ィチ〒Z7!/: : /j : :|    私はまだ心の準備が出来てないって
        ヽト、!:l .:.:|: lヽ弋zrリ .!ヽ、.: :| 弋zンノ/l/: /! l : :|    前から言ってるでしょう!
         \ヽ: | ` ー '    \!  `ー ' イ/:/:/.ノ : :|
          }ヽ:∧ ///  ,   ////l:/: l: : : : :|    この変態!!
          }: : :!.:ヘ           , ' /: :/l: : : : :|
           l: : :|.:.: :> 、   -ー‐-   イ:.://:〃l: : : : :|
            /: : :.|.:.: :.l: :|:..}`> --匕 {:.|://: :/:.:l: : : : :|
        /x==、|: : :.|_ノ´        `ヽ./ : /x==、: |
        ィ´ :.:.:.:.:|: : :.|ヘ- 、       _.,' : :/j.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ
      ∧ ヽ:.:.:.:.:|: : :.| ヽ \  / /.!: : :!ノ :.:.:.: / .:.:.:.:|
      |.:.:.:.:.ヽ .:.:|: : :.|   \__.,/ |: : :|.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:|




       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \       (ウゥ…登子は超が付くほどの奥手だったお…
  / o゚((●)) ((●))゚o \       初夜も結局ヤラせてくれなかったお…
  |     (__人__)'    |     .それにおっぱいも全然なかったお…)
  \     `⌒´     /





48 :名無しのやる夫さん :09/05/24 22:40:46 ID:00X8bQM3
胸のことは言っちゃダメww


49 :1 ◆XR6x1ddXyM :09/05/24 22:40:59 ID:/iMdD+bA

          _____ 
        / ` /  /´  ァー-    ぐぎゃあ!
        γ◎ヾ  ..///.:.::/ .:.:ト、  (心の中を読まれたお…)
     / ヾ_  / .://;へ、/!.:.::/:.}       ,__-‐'''´-‐'''-‐''´
    /    r  l    ヽ  r^ーfノr_-γ--/ /
  /     ト--^弋_ソ/       / ///   `
  |       \ ゞノ ノ"}          l l |  |    胸は関係ないでしょ!!
  |         ソ /ノ"}|          l   | 丶
  |         ) '|    _,,,,     ,. -'´ - -'
   \       ヾ \.r"     /     /\ :_
     \       〃丶、__ ./⌒ヽ---┬'     \
     /                \
    /                   ヽ、
   l                     \
   |                       ト、





50 :1 ◆XR6x1ddXyM :09/05/24 22:42:56 ID:/iMdD+bA

     | |     | |  |  | |  l | | |     |  |    ',  |
     | |  |  ト、.l  |  | |  | | | |     |  レ    |   !
     | |  |  | |\j │ |  | | | |   ,. イ´ |!     !   |
     | |  |  |r≠=≧ミ! ! :∧| | |,_ ∠..=≠=ァ   !ヽ │
     | ,ヘ.  | l.小 トヘ ハ?j  |ゝ!イ トヘ ハ  //   | } |  全く、そんなことばっか考えてて。
     |/ ヽ l l |  V::fi!爿       ト::fi!爿 〃!   l ノ |  少し外に出て頭を冷やしてきなさいよ!!
        ヽ!ヘ! ヽ.弋匕リ         弋匕リ   |   lノ  |
           \ヽ\l/l/          l/l/l/ .l   |   |
               |\く     '         ..イ!  /     |
               | |lゝ .    _ _ ,、    .イ !  /\    !
               | || | > .       . .</   | /  .ハ  |
               | || |、   {≧ー≦:::::::::/   l / /: :.}  |
               レヘl |{.\   ト- - ―./   レ,.イ: . : . ヽ  !
             /: : : Nハ ヽミ、 ヽ   /   . イ ∧: : : :ハ |
          /: : : : : :/ ヽ 二≧-ゝ-.ム-彡二.イl!.∧: : : :ハ |
          \: : :彡:\.ヘ: : : : : {三}: : : : : : : / | |ノヽ: : : : 〉!
            \: : : : : ヽヘ: : イ川ヽ、: : : : : :}:/: : : : : ://
             ` 、 : : : ソ,〉 〈 ! 》=`ー r,.くヽ: : : : イ /
                ー‐.f ノ ハ ! /    ハ > <l /j/
                  レ   ∨     V ノ! レ




      メ ,, -──- 、._\
    メ/ u    ゚ 。 \\     は、はいだお!!
  / /    ノ  ヽ、   \\   (でもやる夫は別に間違ったことは言ってないお…)
   ! |  o゚((●)) ((●))゚o  |            
  \\    (__人__)   /く<
   ノ メ/   ` ⌒´   ヽヽヾ


事前の密告により防がれた後醍醐天皇の倒幕計画であったが、
これは後に始まる大乱、そして「太平記」の序章にしか過ぎなかった…

そして足利高氏・やる夫やその妻・登子もこの戦乱に否応なく巻き込まれてゆくのであった…


                         ≪やる夫で学ぶ「太平記」≫ つ づ く



51 :1 ◆XR6x1ddXyM :09/05/24 22:44:04 ID:/iMdD+bA
今回はここまでです。
応援よろしくお願いします。


52 :名無しのやる夫さん :09/05/24 22:48:56 ID:RTaxnxEd



53 :名無しのやる夫さん :09/05/24 22:49:35 ID:3GkI7LZk
おお太平記! 期待してます
乙でした


54 :名無しのやる夫さん :09/05/24 22:49:54 ID:00X8bQM3
乙でした
応援してますよ


55 :sage:09/05/24 22:50:21 ID:vdYJwovO
高氏も佐々木道誉もエタったぽいから
期待。


56 :名無しのやる夫さん :09/05/24 22:51:59 ID:txUmY+6+
乙でした


57 :名無しのやる夫さん :09/05/24 22:52:26 ID:0mZBB7Ah

南北朝ものは過去何作も打ち切られてることを見ると難しい題材だけどがんばってくれ


58 :名無しのやる夫さん :09/05/24 22:52:42 ID:lxok3hrM
お疲れ様でしたw

登子のAAは誰ぞ?


59 :1 ◆XR6x1ddXyM :09/05/24 22:54:11 ID:/iMdD+bA
>>58
ハヤテのヒナギクさんです


60 :名無しのやる夫さん :09/05/24 22:55:15 ID:lxok3hrM
なるほどw
ありがとうございますm(_ _ )m


61 :名無しのやる夫さん :09/05/25 04:14:02 ID:xq6mqfqq
渋いスレだなw
でも乙


62 :名無しのやる夫さん :09/05/25 06:31:50 ID:sKzPh7ZM
大河の太平記を見てました やらない夫が馬の介…いい
次回も楽しみに待ってます


63 :名無しのやる夫さん :09/05/25 09:55:00 ID:ruwgcA8h
乙でした。
やる夫の
軍記もので完結したのって徳川家康ぐらいだっけ?


64 :名無しのやる夫さん :09/05/25 12:04:12 ID:8xOgTwei
日本史の長編だとそれくらいだね。


65 :名無しのやる夫さん :09/05/25 12:45:44 ID:5qqIc2pL
世界史ならハンニバルとかあるね


67 :1 ◆XR6x1ddXyM :09/05/25 22:28:45 ID:5NPyP/Kd
≪やる夫で学ぶ「太平記」・第二話予告編≫

やる夫こと足利高氏の前に現れたのは―――

    | u   ( ●)(●)   ____
.    |     (__人__)  /:::::::::  u\
     |     ` ⌒´ノ/ノ└ \,三_ノ\    ,∩__  
.     |        /::::::⌒( ●)三(●)\ fつuu 
.     ヽ       |:::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ |  |   | 
      ヽ      \::::::::::   ` ⌒´   ,/ _ |   |


一人の男と一人の女―――


         \、.--|l-‐''"_,. -‐''",. =,=¬ミ、/: : :/  /: : : ノ゙,ニ==ミ、 | |   |  |
        /  ̄|| ̄   {: :く   ト-'  }  : : / ./: : : : : ト-'   } // /   j l !
        /   .!',      \:.` ゝ -‐'  .//      ー--  ./ /   /j | / 
         /     ', ヽ   \ゝ、        ノ : : !           ノ/  .//ノ'  
       ./    .∧ \   \                  -┐ ∠ -‐''" /    


     : : :,':.{: : : : レ' ム-=、K. ノ'`  ハ: ノ .lハ:,i: :.}: : : :.ハ!
     : : :.rキi、: : |. {{ っ:::リ ヽ`   ,' レ'_`'ix|ハ: i: : : :.,} l! 
     ∨{ノ !ヘ: : :|  ヒり       -==、 リ>:,': : : /:| l  
     ヽ、 { ゝヽjヽ ´ `         Z::::} )/ノ: : :/|:.j
       \_二、゙             `ー' ん': : ノ リ
       /: : ヘヘ     rー     '     / ''´
      r': : : : : : )\    { ヽ フ      /


そして、やる夫と登子の関係に危機到来!?―――


   /( ○)}liil{(○)\    
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /


        |: |: l:.|: : |: \l: :l .!l |: :|: : :|:./   _.ム:.:.:|: :.| : :|
        |: l:.:|:.!:.:.:|: : {:{\_,」 .|:l |: : :l/   ,/__ }: /: :.:| : :|
        |: |: |:.!:.:.:|:. 「マテZ7k|:l |: : :| ィチ〒Z7!/: : /j : :| 
        ヽト、!:l .:.:|: lヽ弋zrリ .!ヽ、.: :| 弋zンノ/l/: /! l : :|  
         \ヽ: | ` ー '    \!  `ー ' イ/:/:/.ノ : :|
          }ヽ:∧ ///  ,   ////l:/: l: : : : :|
          }: : :!.:ヘ           , ' /: :/l: : : : :|
           l: : :|.:.: :> 、   -ー‐-   イ:.://:〃l: : : : :|


後醍醐天皇の野望もさらに動き出す!?―――


   ,.;'"::::::::::::::::/‐- 、l/   ';:::::::::\    
  /::::::::::::,;::::::/  .( ・)| |--- .|::::::::::::: 
/:::::::::::::::/:|-'へ、/⌒,.!、`ヽ ./ ̄\:::::::::l   
:::::::::::/ し'    ' ‐-イ::::::::)‐'"    \:::|   
:::::::::/    ̄  ̄ ' -  '‐r''" ' ̄ ̄ ̄  ',:!  
:::::::/  ∧ー――-   .|   ――∧-  l|   


:                   /   ,..-\l l._,/、,     .`'-,
                 /    /     |/_  ゙l       . ヽ
                /     l゙  (`l/ ,i   |        l
            i′    .!、 .....,,.l`'′... /         .l
               |       .l゙ .‐,! ゙  ..          :|


、:::::::::::::::::::::::::::::::::::|     /   ヽ    / ̄ ヽ  l
ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::l     |  rー-、 ゙i   l rー-、 l |
/::::::::::::::::/:::::::::::::::l      l  l::::::::::i l   l l::::::::l l |
::::::::::::::::/::::::::::::::::::l        l  l:::::::::lノ    ヾ_::::l_ノ |
>::::::::::::::::::::::::::::::::|      `  ̄ ´   (⌒)     l


そしてあの伝説の男もついに登場!?―――


  '  /|:.:./|:./|:.:.:.:, ';l:.:.:|.:`ヽ-',      '
  ‐'  |:.:,. l' |:.:./ /ヘ.:.:.v:.:.:.:.:.:ゝ ._  `ゞ'´


やる夫で学ぶ「太平記」・第二話


                 本日深夜二十四時更新予定!! 乞う御期待!!


やる夫で学ぶ「太平記」 巻ノ二

COMMENT

悪党 * URL
05/31 19:30
 ちょ・・・・護良親王がのび太かよwww
北方系の南朝小説好きには結構ショックだwww
ああああ * URL
05/31 20:37
 太平記は説明が多くなりがちなのがネック
とりあえず        * URL
05/31 23:15
  そいやぁ吾妻鏡も終わってなかったな。

それにしてもヒナギクとズッコンバッコンか……やる夫もげろw
.


 

TRACKBACK http://orehaya.blog73.fc2.com/tb.php/493-3c7d9bb0

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。