スポンサーサイト スポンサー広告 --/--/-- -- .

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【やる夫がジハード(聖戦)を始めるようです】 第三章 ―12― c0 t0 やる夫がジハードを始めるようです 2009/05/14 Thu .

アルスフの戦いで敗れたサラディンはヤーファへと撤退した。

しかしここで大きな問題が発生する事になる。


             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{. -‐'' `‐- リ| l.│ i|  兵力が全然足らないにょろッ!!
         レ!小l.-- ,  ,.-‐‐,从 |、i|
          ヽ|l`‐-‐'  `‐-‐'.| .|ノ│
            |ヘ.  r‐-、 |||! j  | , |
          | /⌒l`ニ`, イァト |/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |




元々、足並みのまったく揃わないイスラム側でアイユーブ朝単独で
対十字軍戦争を行っていたわけであるから、一回の戦いでの敗北は サラディンにとっては致命的な痛手であった。

総兵力が五万から一機に一万数千に激減した今、イングランド軍
十万を止める術は無く、撤退戦に徹する事を余儀なくされる。

また、勝ってる時は多少なりの援軍を送ってきてくれた他のイスラム国や
大アミール(大名、領主)達も、サラディンが敗北したと知った途端に そっぽを向いてしまったのである。


  ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'       ヽ:::::::/         ゝ‐;----// ヾ.、
       [          }二          |.r-'‐┬‐l l⌒ | }    ……え?負けた?じゃ、後は自分たちで頑張ってくれたまえ
        ゙l         リ ̄ヽ         |l:::::::::::!ニ! !⌒ //
.         i        ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ':::::::::::::::::ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄  :::::::::::::::::i/‐'/
          i:::::::::::::      .:::ト、  ̄ ´     ::::::::∪::::::l、_/::|
          !::::::::::::                :::::::::::::::::::::|:::::::::::|
             ヽ:::::::::::   --───--   :::::::::::::::::: !::::::::::::ト、


.





242 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/05/04 14:14:49 ID:V0r4n5Ij


それまで人望によって兵を募っていたサラディンにとって、一度の敗北はその信用を大きく低下させた。
これではヤッファ防衛どころか、聖地防衛にすら支障を来すことになる。
 

          , -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
         /:::::/" `ヽ ヽ:::::::\
     (( /:::::::::/     ヽ ヽ:::::::::ヽ     い
        l:::::::{:::l ,    ー-j从:ヽ::::.ヽ    じ
        | ::i::ル{レ'     ●` li!:: ト、:::.',   め
        │ ::::i"●      l|:: ||ノ:::.l   る
        ソルλ⊂⊃  ,_,⊂⊃l|:: |:::::::::.l  ?
          ス、,ゝ、_ `´    ィ<|:: |_:::::::.l
          |l:::: i "Tーイ'^ァレ'l_::::::.l
         ,,t|l:::: l'ヾ::|三/:://l/ ヽ、'i
         |::|l:::: l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, | :ji
         \ ̄ ̄)スモチ( ̄ ̄/
           ̄ ̄       ̄ ̄




さらにサラディンを悩ませたのは膨大な数の民衆であった。
今まではほとんどイスラム勢力下だったため、かつて第二回十字軍の行った
虐殺の恐怖が根強く残る民衆は街を捨ててサラディンに助けを求め集まった。
その膨大な数の民衆を守らなきゃならないという課題も発生してしまったのである。


             十字軍が来るぞーッ!!
   ∧∧ ∧∧ ∧∧ ∧∧ ∧∧ ∧∧ ∧∧
  (,,゚Д゚(,,゚Д゚(,,゚Д゚(,,゚Д゚) ゚Д゚) ゚Д゚) ゚Д゚) ・ ・ ・皆殺しにされるぞーッ!!
  / ,,⊃ / ,,⊃ / ,,⊃/ ,,⊃⊃,,⊃⊃,,⊃⊃,,⊃⊃
ヽ( _) ( _) ( _) ( _) _) _) _) _) _) _) _)




      iヽ       /ヽ
       | ゙ヽ、    /  ゙i
        |   ゙''─‐'''"    l
     ,/               ゙ヽ
     ,i゙    /         \ ゙  
     i!     ●      ●  ,l   聖将サラディン様ならきっとおら達を助けてくれるよね?
     ゙i,,       (__人__)  ,/
      ヾ、,,          ,/
      /゙ "         ヽ
    /             i!
  (⌒i    丶  i   !   i!.,
    γ"⌒゙ヽ  l   l  γ'.ヽ
     i     i,__,,ノ   i,__,,ノ_,,丿
     ヽ,_,,ノ"~´ ̄





243 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/05/04 14:15:18 ID:V0r4n5Ij

当然、仁義の将であるサラディンにとって民衆を捨てて逃げる事など考えられなかった。
一国の大事を左右する君主の立場で、その有り様は間違っていた。
だが、それがサラディンという人物なのである。


               , -‐ r ─― 、
              /   /      \
           // ,=vシ== 、 ヽヽ ヽ
             // //     ヽ ヽ ! l l
         〃{ i{ {‐-、   ィ尢ハl i| |   ……というわけで、兵力も大激減。
           {仆 f _     _ |  | |
           |ハム  ̄ ,    ̄ l  |)l|!   大量の民衆を守りながら迫り来る十字軍とは戦えない……
           l `∧  r‐‐v   li  l l |l
.            ,'  i ゝ、 ヽ ノ  ィ'l   l l ! 
          /  ,'  l _}>‐匕!_ /  ,'l l |
         /rt/   ィf< _ _ `/  /_j | l   正直、どうしていいか分からないにょろ。
        ノ |l/   ,' llニニ二ニ/  /  >、|
       /  /   /. ├ ¬ー/  / // ヽ  皆の者、忌憚のない意見を聞かせてほしい。
.     /   /   /  |   ,/  /´,/    ヽ
   , イ    /  ∧  | fA./  //レ''´    \
  〃≠-、,.イ/  ∧ \,|  /  /  ハ.      \
 〈     { /  /  \__,jイ/  /  /  !`ヽ、   ≠、ヽ
  ヽ   V  /  {  ̄i{}7  /  イ  i   >'´   /
   \  / //`个tト-イ/  / _/   i l/    /




: : : : : : :: :::: :: :: : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::…: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::: :::::::::::: : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: ::::::::::::::::::::: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.:. ./彡ミ゛ヽ;)‐、. .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l .  ./ :::/;;: ヽ ヽ::i:. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ..(_,ノ ̄ ̄.ヽ_ノ ̄


重臣達は黙り込んだ。





244 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/05/04 14:15:44 ID:V0r4n5Ij

                      _ __
                 ,. -'´::/::::`ヽ:::::`丶、
                /:::::::_::::::/::::::::::::::::::::::::::::\
              ,.'::::::::/::::ヽ:!:::::::::::::ヽ::::::::::::::::::\
.             /::::::::/:::::::/::_::::::::::::::::::::',:::::::::\:::::::`::......_
            , ':::::::::/:::::::::::::ハ厶:::::!::::::::'.::::::::::::ヽ::::ヽ ̄
           ∠イ::::::/:::::::::|::::厂  ',::ト、::::::ト、::::::::::::',:::::ハ
             |::::/:::/:::::_L::l._   ';l ';::::l ヽ:::i::::::',:::::::.   ……ヤッファは防衛には不向きです。
             厶'-:';.r|::::::|∨ `丶 '  '斗-‐';┼:::::|::|:::|
                ̄|::::{ |::::::| 'Tツト     ';}ゥT'';|.::::::|∧:|   十万の十字軍をここで止めるのは無理でしょう。
                 l∧ヽ|::::::|  `¨´   i   ̄ ハ::::|  :|
               ヘ:',::N         }    |:::ハ: !     ここは撤退して、聖地イェルサレムで迎え撃つのはいかがですか?
               _,.イヽ!ヘ         ′   /l/ l;′
            _,..- ´  ! | ',\  ──‐  , 'ヽ、
       ,. '´      |. |  ヽ \    / |  `  ._
      /        | !   \ ` -イ .|. |     `ヽ.
.     /           l.  |    \ /   | |      ヘ




             _,,,.......,,,_
         _,.-ッ≦―:::::::::::::::::::::::::::`:ー、
      ,..r::´:/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::ヽ
     ,.r:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::ヽ
    ,イ:::::::::::{少‐"´ ̄`^<::::::::ヽ:::::::::::::::!:::::::::::',      .私もそれは考えたにょろ。
  ,イ::::::::::::/^        \:、:::ヘ:::::、:::::i:::::::::ヘ:',
  r:::/:::://           1:!、::::i:::::}::::::!:::::::::::!::,     だが、民衆を置いて撤退するわけにはいかん。
  l:::i::::::i::i         , - ¨了ヘ:::ト、::i::::::i:::::::::::i:ハ
  i::!::::::ヘ:!__     /   ソ  !ツ i::|:::::::}:::::::::::}:::!    仮に民衆を一緒に連れて行っても行軍速度は遅くなり
  t:从::::iヾ_  `゙       ,.ィf斤本ヾ}:;!:::::::i=ェ;::::::i:::i
  f !::::ハ  x=ェ.      t弋り!}"|::!:::::::::ト、 }::::::!:::!    聖地までの道のりで十字軍に追いつかれてしまうにょろ。
   ! ヾ_:::ヽ《ft爪!      ちエン 1j:::::::::tイソ:i::::i:::::i
      `iムヾムイ 、         リ:::::::::::|´:::::|::::!::::i
      |::::ハ  ̄           f;:::::::::::::!::::::::|::::i:::::!
      f:::::::::ゝ    r 、 _ _   |i::::::::::i::|:::::::::!::::i:::::}
      i:::::::::::↑-、_. |  !    ,.イ::::::::::j::!:::::::::|:::::|:::::i
     j::::::::::::::|::::i:::|i l  !、._,,. -´ f:::::::::::リ:iト、::::::;!:::::|:::::|
     ,{:::::::::::i:::|:::::|::!'!  ,!;:r^! , -=、::::::::::;'::j: : ヽ:!:::::::l:::::|
     f:::::::::::j::::|:::::!_/  .,!.  /  /:::::::::;':::,': : : : :`-、|:::::|





245 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/05/04 14:16:15 ID:V0r4n5Ij

                   /: : : : :_l:: :ヽ: : : :\: : : : : : : :ハ
                   /: : :./: ハ: : :ヘ: : : :.ヘ: : : : : : : :.ハ
               /: : : :| /  l: : : :ヽ、: : :ヘ: : : : : : : :ハ
             _/´/:l: : !:|   ヽ: : : ヽ\: :ヘ:: : : :l: : : ハ
               ,': :|: : lリ ̄`-ト、: : l_ ,.X: ト; : :.!: l:l: !:!
               |: :ハ: :l ィt〒ォ、ヽ\:| .ィt-ァ.',: :|: :!j:/}|       では私が兵を率いてヤッファに籠もります。
               |:.ト、!: l   ̄      `┴'´ l:.,':./)}、 !
           _ - ´ ヘ! l: :|       l         !':/イ ` ー 、      最低でも三日は耐えてみましょう。
        _ - ´     / ヘ: ',       !      /:/イハ    ` ー 、
         /       /    トt、  ー─ -   イ:/. /' ハ         \  それだけの時間があれば、陛下も民衆も
.       /       /, - 、リ_!_> ---、ニ_ //' !  _ l          ハ
      /    、    /      く, -ニ二´、__ `Yニ´ ̄  `ヽ、!        ハ イェルサレムに無事戻れるはずです。
   .   {    l  < \      亡r-- 、_   ー′        >、       l
      >    /  \ \       , -、_`ヽ、        / /`ヽ、    ム
       〉  /     ヽ Y`ー― 、_,/ , 、‐'ー '┬--─ 、/ /    ` 、 〈
    / /          ヽ ヽ    ト- ´`ト _ >  ,'      ,' ,'        `、ヽ
   /   /          y´    ヘ  |:::::::::| /       / ,'          `\




                   _
                __/:::::::::::`::ヽ.、
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            /:::::::::::;; -─-、::::::ヽ:::::::::::.
            /::;::::;r'´     ヽ::::::l::::::::::|     そのような事は認められないにょろ。
             |::j:::::| '´ `  ´ ̄ lハ::ト.::::::|
            |:ハ::::ヘfフヽ.   '{,¨ヽ::| |::::::|     兵の多くは皆負傷しており、満足には戦えまい。
            1 |::l::ヘヾソ   ヾ-'j:::|'::::::::|
             |::l:::|ヽ、 rー;  ノ!::|:::::::::l     私などが生き延びるためだけにお主や兵達が玉砕するのであれば
              |::|:::|:::_;/ヽニ -'リ`!:::l::::::::::l、
              /´|:::|/ /   / l:::::ト-、:::ヘ    いっその事、私もここに留まって滅ぼされるほうがましである。
           / l l::::|'´}/` -ァヮ」:::::|  ハ::ヘ
           /  V::::| fミニァ ´l::::::| ,ノ |::::ヘ
          /     !::::! |    |  |::::::|'´  |::::::ヽ
       /    ,..j:::::l. |   |   l:::::::|、   |:::::::::ヽ
        l  ニァヘ/::::;l  |   | l::::::::|ヘ.   !::::::、:::ヽ
         ヽ    /::::/l  |   |  |::::::::|::::l   |:::::::ヽ::::ヽ
        /::\ /::::/ソ  .!    l  l:::::::::ハ:::|   l::::::::::ヘ::::ヽ
         /:::::::::〉::::://   |   |  l:::::::::| |:::l.   l:::::::::ヽヽ:::::、
.       /:::/:::/:::;:/〈  /ニー--|  |:::::::::| |:::l    |:::::::::::::. ';::::::.
      /:::/::::;':::/::!_ト、__/  川|.  |:::::::::|〈::;!   |::::|::::::::l l::::::|





246 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/05/04 14:16:52 ID:V0r4n5Ij

                 ,.. -─‐- 、               / ヽ/
                /     _ ヽ          / ヽ/-‐、
               /  ,...:.:´:.:.:.:.:.:.`:゙:‐...、      / ヽ/"......_.`ヽ.
              ' /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.....ヽ    ,/-‐´::::-‐ ' ゝr‐,}
                ,.'...:.:.:.:.:.;'.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.ヽ:.:.:ヽ:.'、 !  ..::: (      `
             /..;....:..:i.:.:l!.:.:.i.:.:、:.:.:、:ヽ:ヽ:、:.';.:ゝ'....:: ...::ノ
                 ,':.:i:.:l:.:.l:.:.:!、:.:.:lヽ:.、ヽ;.:.ヽ:.;.::.:,-'´  :::/´         陛下、ここは私に任せてもらえないでしょうか?
             l:.:ハ:.:!:.::l:.;.L」:、:.ヽ>ヾ,>」_:.:i:.、!   .:/\
.               l.:l l:,:.l:.:.l:.l」,._、ヾ:、 '´!:::、:i !:.:j'  ..:: 〉、 \
               ';:! l:..:l..:.l i'、::i:!ヽヾ、 ゞ'" !:/...::  ノ:、 \ \      私の私兵三千で、リチャード王と十字軍を足止めします。
              l!. !:.:.ヽ:.ヽ`'" ,    !' ,. -、_./::、::丶 \. ヽ
                ヽ!..:.:.:l:.:.:ゝ _  ´ // ...__ ヽ:.:::.:::`、  \ヽ
              ノ;,;-´l:ll:.:l´  /二'´ ̄   ` iヽ::.:::、:丶   `、._
             /    l:l l.:::i. /' /,..、        ヽヽ::::.:、::\   ', `ー-
             /´ ̄ヽ l:Lゝ/r',-、丶\      / ',::、:::.:、:::\  ゙、
            /´ ̄_ ̄ ̄ _ -‐´  ヽヽ. j   , /.  l:::';:::.:::、:::、\. ',
            / /:.:.:.:.:::ヽ '´     _ -ニj/‐- ..ノ. ̄ ̄  l::::';::::.:.:;:::`、 ヽl
        _ノゝ_/:.:.:.:.:.::/    ,/,..:::_/    l  ` 、.    l:::::i::::::.:.:';::.ヽ |`
        / .//:/:.:.:.:./    _,..ノ:、:.ー.、/     l.   `    l:::::i:.:i:.:.:.:.、:.:.ヽ|
    /  ,//:/:.:./    /::::::::.:.:.`:、:.:.:ヽ、.   l       l::::::i:.:l、:.:..:.:;.:iヽ!
   /   / ,'://   /::::;{:::::::::::.:.:.:.:丶::.:.:.:.\ 丶     l:::::::i:.:l ';.:...:.:,:l.,'`,
 /   ,.' !:j'′ 、/::/::::/.:ヽ::::::::::::.:.:.:.`、:::.:.:.:.:\/ ` ー - ‐ lヽ::::i:.:l !:..:.:./,  !
./     l l:/   /.::::/j-'  .::ヽ::::::::::::.:.:.:.:':;:::.:.:.:.:.:l\-、  - '  ヽ:.:l  !:.:/:.:l  !





247 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/05/04 14:17:20 ID:V0r4n5Ij

             _,,,.......,,,_
         _,.-ッ≦―:::::::::::::::::::::::::::`:ー、
      ,..r::´:/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::ヽ
     ,.r:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::ヽ
    ,イ:::::::::::{少‐"´ ̄`^<::::::::ヽ:::::::::::::::!:::::::::::',
  ,イ::::::::::::/^        \:、:::ヘ:::::、:::::i:::::::::ヘ:',
  r:::/:::://           1:!、::::i:::::}::::::!:::::::::::!::,     (この展開……前にもあったような気がするにょろ)
  l:::i::::::i::i         , - ¨了ヘ:::ト、::i::::::i:::::::::::i:ハ
  i::!::::::ヘ:!__     /   ソ  !ツ i::|:::::::}:::::::::::}:::!     一応尋ねるが、そのような寡兵でどのようにして止めるつもりにょろ?
  t:从::::iヾ   `゙      ,.ィf斤本ヾ}:;!:::::::i=ェ;::::::i:::i
  f !::::ハ          t弋り!}"|::!:::::::::ト、 }::::::!:::!
   ! ヾ_:::ヽ     ,     ちエン 1j:::::::::tイソ:i::::i::::i
      `iムゞ=r'''" 、        リ:::::::::::|´:::::|::::!::::i
      |::::ハ             f;:::::::::::!::::::::|::::i:::::!
      f:::::::::ゝ    r 、 _ _   |i::::::::::i::|:::::::::!::::i:::::}
      i:::::::::::↑-、_. |  !    ,.イ::::::::::j::!:::::::::|:::::|:::::i
     j::::::::::::::|::::i:::|i l  !、._,,. -´ f:::::::::::リ:iト、::::::;!:::::|:::::|
     ,{:::::::::::i:::|:::::|::!'!  ,!;:r^! , -=、::::::::::;'::j: : ヽ:!:::::::l:::::|
     f:::::::::::j::::|:::::!_/  .,!.  /  /:::::::::;':::,': : : : :`-、|:::::|




    , '::/::::::::::::::::::l:::: :::::::::::::::: :::::::::::::ヽ:::!
  /:::/: :::::::::::::l:::i|: ::::| :::、:::l:::::::l::: ::: ::.!::::!
  !:/l:: ::::::::/:/|:.!.|:::::::|: : |、:|ヽ:::| :::::::i:.!::::|
  !.!.|::|:::::::ト::|‐l:l、l::::::::lヽ:|‐l‐ヽ::|:::::::|::|::::.!
  ! !::.!:::::/j'〒=r、ヽ、::.! ',r=''Tヽ、l:::.!:|:::::|
   │:!::::i` .l:::::j|.  \:l .|:::::,!/ `'|/!]:::::::|
     l::|ヽ:|!、 ー‐'´   ' `ー'  ./::|´::::::::|          ……言えません
    ` |::::|:ヽ     __    /:::::|::::::::::::|
      |:::|: :::\        /|:: ::|:::::::: !::|
      |:::|::::::|, r'`lー-- ´|` 、l:: ::|:::::: ::|::.!
     ,l‐'|::::::|.:..!: !l    .//:|:::::|、:::::::::!::.!
    /ヽ、|:: :::|:.:.! | -‐、  //.:.|::::::|.: >-、!:::l
     ! ヽl::::i:|.:.:.! |'´`\/:/ .:.|::::::|´ /´ヽ.!
    |  .|i::.l:|ヽ:|│  ./ /.:,,.-|::::::|'´     |.!
  /   l|:!:|ト、 |、|  /:/"´  |:::::::|     |:!
  ヽ、   l! l|   ト !, ' /-‐' ̄|:: ::: !     \
    lミー- l '  _、|!`l /     |:イ:::/      /
    `トーl   ,.|ニ'| ー   |' |;〈        ,<:!
.     | /-‐'´ |0| \  ノ ´ `'┬'ニ'二-」:!





248 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/05/04 14:17:56 ID:V0r4n5Ij


小を殺して、大を生かす……サラディン脳裏にそのような言葉が過ぎった。
彼は君主としてそれを決断せねばならない立場にあった。


                     _......-───--......_
                  ..ィ::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
                ..イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\     (……やる夫に頼むつもりか……)
            /:::::::::::::::::::::::::__:::::::__::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             ,.':/::/::::::::::::/ `'´  `ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
          /:/:::::/:::/:::::::;.'            ヽ:::::::::、::::::ヽヽ::::::::::.
            /:/:::::/:::::|:::__/_            ::::::::l:::::l:::|::|::::::::::::.   ……よろしい
         l:/ |::::|::|:::|::::/  `ヽ、         ';:::::l:::::::::|::|:::::::::::::.
         |′|::::|:?|::/            ´ ̄ ̄`'トL_::|::|::|::::::::::::::i      エルシード。
           l:::l::l::::「'l ィ行ミト、          ';l:::/|;'|/:::::::::::::::|
           ハ:l:::ヽ| |  「   |      '〒hミ._、 |/::::::::l::::::::::::::::|      そなたに十字軍の足止めの任務を命じる。
              j::::::::::::| |  }ヘ_り         j   `ト>::::::::ハ:::::::::::::::|
          ;:::::::::::::ト!   ̄´  ,     ら、_j、/ |::::::::j. l:::::::::::::::|
            /::/:::::::::|::l       、_     ` ミソ ;::::::::’ノ:::::::!:::::::|
            /::;.|:::|::::::|:::ヽ    「 `ヽ      ,./::::::/::::::::::::|::::::::!
        /::/|:|::::::|::::::::\   ヽ _ノ     イ/:::::::/:::::::::::::::::::::::|
          /::/ .|:::|:::::八:::::::::::`  .__..  - ´  l,::::::::/::::::::::::::::!::::::::|
        /::/   V:::::j77 ̄ ̄ ̄  ,|      /:::::::/::::::::::::::::::l:::::::::|
.      /::/   /:::::;//       ハ      ./:::::::/\:::::::::::::::!:::::::::!
     /::/   /::::::;{|     /       /:::::::/  \:::::::::l::::::::::!
.    /:::/    /:::::::;1 |       ム、     _/:::::::/    ,>、:::|::::::::::!
.     /:::/   /::::::::; ||    /`  `ヽ、 //:::::::/   //>、::::::::::l
   /:::/   /:::::::::;l ||    /    `/  /:::::::/  ///  ヽ:::::::l
   /:::/   /:::::::::/| ||   /   /   /:::::::/ ///      マ::::l
.  /:::/   /:::::::::/ .||l   /  , '     / ::::::////         |:::::l
 /:::/   /:::::::::/  |||  i  /     /::::::::/ //           |::::::l





249 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/05/04 14:18:23 ID:V0r4n5Ij

      〃/:.:.:/.:.:.:.:.:./ :: /::/.: .:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:l: .:.:.:.:.:.:!ヽ|::、l::ヽ :|
    .〃 /.:.:.:/:.:.:.:.:./-、/::/|:.:.:.:.:.:.:li::|:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:. :.|
   〃 !:.:.:.//::l::|::|::::/;X |.:.:.:.:.:.:!.!::|.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.、:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:|
    l!  |.:.:.:.l::l :||::|/l:/.!/ ヽ.|: .:. :l.! |::l、::__:_l、:!__::ヽ::|.: .:.:. :.:.:|    
      | .: :|/|::||::l!/==、、 ! .:.:.!l! Xlヾ、: l.!:l、:.:.:.:ト!:.:.:.:.:.:.:.:|
     |:.:/ |l:.!.!:| '´|:┘; | !.:.:.! !  ===ァミ :.:.:.:|.:.:.:.: :.:.:.:.!       というわけだやる夫。
      、l  !:|:l::∥ |?リ .ヽ:|    |:┘::::/'i/:.:.:.!:.:.:__:.l :.:.:.!
       /:::'イ::ト ` ー'.   ヽ   |,、:::,ノ/ /:!:.:.|/ /:.!:.:.:.:.!      十万の十字軍を止める方法を考えろ。今すぐ。
       /:: ::: ::|::.!      r    `ー-'´ ./:.: .!:/  /:.:.l.:.:.:.:|
.    //:::::::::::::::!:\    ┌-、      /:.:.:.:.:/  /、 .:.!:.:.:.:.!
   / ::/:: ::::::::: :::| :.:.`i 、   `  ′ r‐-、/.:.:.: .,イ  .!:::::`丶、:|
    !:: /::::::::_:__ :.!.:.:.:.ト、` i. 、__, -‐`、   `、://  |_ ::::::::::::::丶、
   |:::└ : ´::::::::::::::.!:.:.:.:.!:: l ` , --‐'/: :ヽ   |/   / `、:::::::::::::ヽ
  「 ::: ::::|::::::::::::::::::::l.:.:.:.:|::::|   |::::::./ .:.:.:.:.!  .! ∨  / 丶、::::::.!




     ____
   /      \
  /  _ノ  ヽ__\
/   (─)  (─ )\   
|       (__人__)    |    今度ばかりはやる夫もお手上げだお……
/     ∩ノ ⊃   /
(  \ / _ノ |  |     三千足らずの兵で、十万の兵を足止めなんて……
.\ “  /__|  |
  \ /___ /      やる夫は神様じゃないんだお?





250 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/05/04 14:18:46 ID:V0r4n5Ij

               -―――- 、    }
         /          丶__ノ
        /             ヽ
       / /  .::{  ヘ   ヽ 丶    ',
      ,イ"/ //:::::|  ヾ  、:::..ヽ: ハ    l
     〃l:::l l::ト、:∧  ! \,ヽィ:l :: ハ:  |
.      {! |:::l |::N.\ハ: lメ´_ヽ\! ::::::!   |
        |:::lヘl:∧代ヽ\|!イ才丁ル、:::|  |
      ヽリヽ ハ V;j   V_;ソ /::∧|  |     無茶を言っているのは分かっておる。
          Y:ゝ"  _  " /::/ ´:| !::l
          !:::::{ >`.'_, .ィ≠‐┐:::l:: l!:|     だが、どうしても奴らの脚を止めなければならんのだ。
          ,ゝ;枡#で ::::/ヽヽ  ヾリ:: l!:|   
          {;;#(7^ヽヘ/  ヽ L_」::: l!:|     出陣の準備も整っておるし、後はおまえの指示を待ってるだけだ。
          ゝ_;>く 〃  /`  ̄¨l::: l!:|
             ヽr-イ     |::::.l!:|     常に斜め上の変態的な策を感がえるおまえだからこそ適任だと思ったのだ。




━━━━O∧,,∧━━━━ロニニ>   . ━━━━O∧,,∧━━━━ロニニ>
     ∧,,∧(・ω・`)                ∧,,∧(・ω・`)  出陣だー!
    /ο ・ )Oニ)<;;>               /ο ・ )Oニ)<;;>
    /   ノ lミliii|(ヾゝ              /   ノ lミliii|(ヾゝ
   (o_o,イ__ヽ´|(__) ノ~⌒)彡         (o_o,イ__ヽ´|(__) ノ~⌒)彡
      ノllllllllヽ| | ̄ノl ノ              ノllllllllヽ| | ̄ノl ノ
     / /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_            / /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_
     ヽニフ|_|   (_/  ヽノ           ヽニフ|_|   (_/  ヽノ
         (_ヽ                      (_ヽ

※元アッカの守備隊




       ___
     /   ヽ、_ \
    /(ー ) (● ) \      ……わかったお。
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \   敵を遅滞させるだけなら出来ないこともないお……
  |  l^l^lnー'´       |   
  \ヽ   L         /   けど、保証はないお?
     ゝ  ノ          
   /   /            リチャード王を止めるって事はそれだけの意味だお。





251 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/05/04 14:19:13 ID:V0r4n5Ij

             / ̄ ̄\
            ノし. u:_ノ` ,,\.
            /⌒`  ( ◯)(O):
           .:|   j(   (__人__)       やる夫様ッ!私はもう頭に来ましたッ!
          :|   ^  、` ⌒´ノ:
          |  u;     ゙⌒}:        
          ヽ     ゚  " }:         なんですか、姫の態度は……
            ヽ :j    ノ: i |i |
         /⌒      ヽ  | || |  |
     :: / ̄ ̄ヽ ::       \ ||     |i     自分は苦労もせずに、問題や厄介ごとをすべて
    :: (「    `rノ ::      \   ||i  \
     :: ヽ   ノ ::          \       \   やる夫様に押しつけるッ!勝手すぎますッ!
ガタッ!  |   | r         「\   \       \
       |   | |       ノ  \   \__   \
          ヽ_ノ       /||| l   \_,       `ヽ   \
     || i  /         | ||| |    (_つ ̄と_ノ)    \




     ____
   /      \          
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |    ラスカリスは姫の出自について知ってるかお?
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |       姫は先帝ヌルッディーンの末子……
.\ “  /__|  |
  \ /___ /       かつてはサラディン陛下を殺そうとしたそうだお。





252 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/05/04 14:19:36 ID:V0r4n5Ij

               / ̄ ̄\
             /   _ノ  \         
             |    ( ●)(●)  
.             | U   (__人__)    
              |     ` ⌒´ノ           ……姫が……ですか?
.              |    .    }       , ´
.              ヽ        }      (
               _ヽ     ノ`ヽ、_     )
                _/|\ ` 、,__ 、小 L  ̄ ヽ (
            _, ハ  \ ` ァ、 /ヘ,レ―‐‐、__i__,)
        , -‐ ´   ,ゝ   \/ _ 又/    ,ヽ\丁
     /   ヾ.    \    , イ{`<   _ ,ィ 〉〉〉|
      /  `゙ヾ\    ヽ/ ヽ\`く´ / `ー(/ |




      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \
   /  (●)  (●)  \.    ……姫は心のどこかでそれを負い目に感じてるお。
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /    だから後先考えずに、陛下のために働こうとするんだお。
   /              \
                    そこは分かってやってほしいお。





253 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/05/04 14:19:51 ID:V0r4n5Ij

   / ̄ ̄\        
 /   _ノ  \     
 |    ( ○)(○)   
. |  U  (__人__)     (しかしそれでどうして貴方が、その負い目を負わなきゃいけないんですか?)
  |     |r┬-|    
.  | ι   `ー'´}
.  ヽ     u  }      (……どうして貴方は、それを喜んでるんですか?)
   ヽ     ノ       
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、




             (ヽ三/) ))
         ___( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )   さーて、うだうだ言ってても始まらないおッ!
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\    
    |    (⌒)|r┬-|       |   やる夫はやる夫がするべき事を実行するまでなんだおッ!
    ,┌、-、!.~〈`ー´/     _/
    | | | |  __ヽ、   /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄


【第三章】(12)終





254 :名無しのやる夫さん :09/05/04 14:30:09 ID:Uk5N7R0r
>>1乙。
東洋に孔明あり、とするなら西洋にやる夫あり、だなw

ん?
西洋と言うより中東?w


256 :名無しのやる夫さん :09/05/04 17:09:53 ID:9dywiQt2
参考になれば

戦術の世界史
1191年 9月 アルスフの戦い
http://www.k2.dion.ne.jp/~tactic/alsuf.html


257 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/05/04 19:45:48 ID:V0r4n5Ij
明日から東京に行くので、二日か三日くらい更新が止まります。


259 :名無しのやる夫さん :09/05/04 20:18:05 ID:ElFKh1BP
ごゆっくり~


260 :名無しのやる夫さん :09/05/04 20:30:48 ID:LhDD+q4p
まあ、ここは更新速すぎるくらいだから2、3日開いてもいいさw
とはいえ確かに姫にはもう少し自力で頑張る部分があって欲しいなあ


264 :名無しのやる夫さん :09/05/05 00:17:36 ID:Y9bLV1pS
乙~。
やらない夫がいいたくなる気持ちも分かるなぁ。
そりゃまあ、やる夫は実力を示さないと立場を確立できないから、受けないわけにはいかんだろうが。


【やる夫がジハード(聖戦)を始めるようです】 第四章 ―1―

COMMENT

.


 

TRACKBACK http://orehaya.blog73.fc2.com/tb.php/388-ebe43f24

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。