スポンサーサイト スポンサー広告 --/--/-- -- .

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【やる夫がジハード(聖戦)を始めるようです】 第三章 ―11― c1 t0 やる夫がジハードを始めるようです 2009/05/14 Thu .

ダマスカスでやる夫達がルイセからの報告を聞いているほぼ同時刻。
ティールからヤッファにかけての街道の森でイングランド軍を後方から追跡していたサラディン率いるサラセン軍は、
湿地地帯で動きを止めたイングランド軍の様子を確認し、正午になってから騎兵による突撃を開始した。


                        ,,r=''´::::::::::::::::::;;:'''::ヾヽ;;/ヽ;::::i,:::::::::::ヽ、
                       /''7/::::::/:::::::,ィ'´        ヽ::l:、;::::;::::::.`、
                        /i::::,,イ::::::;イ`゙゙'''ヽ、       l::|. l;:::l:::ヾ゙ヽ、
         ,, -‐‐ ィ''¨''ー- -.、_    /:l::/ /l::::/:l     ゙'、    ,;;|;l=''i:::l:::::l
      ,, ‐ ''::::;::ィ'´  Y     ヽ   i::|/:/:::レ'::::l.,,ィc''Tiェ、    '´__,,,_ .l:::;l:::::l
      r'f.l::::::::::〈  、_,,,,≦、/ i  l   ヽ. l:::::::l:::::|:::::::|ヾ |::illi::|゙ `   '゙!゚ii::)ゞ!::;i|::::j
    .{::l l::::::::::::ヽ、.  __∠,,,ノ  j__,,::<゙,,{;;;::::l:::::l::::::::|  わッリ_     hll;/ ル'i:|;∧
     ゝ::、、:::::::::::::.ヽ,,,,r''ヽ(,,ィ=ァ゙‐-‐'  ヽ!:::::|::::::::|!    r- 、 _'_ 'ー'゙ ./::::::!':::::.ヽ  我がイスラム騎兵の機動力をとくと味わうといいにょろッ!
    ./ ヽ;::、、;;;::::::::::::::::::ィ/-、/       `ヽl::::::::::ト、   l     ヽノ   ,イ::::::::l::::::::::.ヽ
   /   ヽ、;;;;;三三彡゙    ̄ヽ.       |::::::::::lィ'\ ヽ、___/ ,,,ィ'゙ィl:::::::::|:::::::::::::.ヽ 全軍、イングランド軍に攻撃を開始せよッ!!
   ヽ、  ‐=ニ''゙                 |::::::::::l゙>、.X゙''ー -r个'ァ'゙ |:::::::::l::::::::::::::::.ヽ
     `'''ー-- ,,,,_        ノ      |::::::::::l  〉,ニ= 、''' ̄ .{,r-‐、!;::::::::ト、:::::::::::::ヽ
             ¨'''ー--r-=*''       |:::::::::::ト, //ヾ;:゙ヾ、_/.'゙⌒l.l;i;:::::::゙l, \:::::::::ヽ
                 l、        _ノi::::::::::ヾ{.i゙.  `ー,,>X{゙''-z_l.|. l;:::::::::゙i,  .l::::::::::ヽ
                 \     ,ィ''¨  |::::::::::::ヾ`ー=彳^ヾ,.゙ー==イ-、!;::::::::::゙i,/:::::::::::::::ヽ.
                   ヽ、_,,/;:;:ヽ、  l::::::::::::::ヽ.   ヽ、i.|  `ヾ、、゙ヽ;::::::::.゙ヽ、::::::ヽ、::ヽ
                   |:::::::;:;::;:;:;:;:;:;:ヽ、.l::::::::::::::::ヽ.   ,iリ     ゙l.i, ト;:::::::::::::ヽ;:::::゙i.ヽ;:ヽ,
                   i゙:::::::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l::::::::::::::::::ヽ, .,;rノ゙     .|.l j. ヽ;::::::::i:::.ヽ;::l  l :::i
                     /::::::::::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l;:::::::::;r,,ニ彡'´,   、   .:l.l,/ ,,ィ-i:::::::li、::::l::|.  |::::l
                 /::::::::::::;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;l;::::::(/.:::::::::::X゙   | `'':::r'}ノ''¨:;:;:;:;:l:::::::l l::::ト!、 l:::::|
                 /::::::::::::;:;:;:;:;:;:/.:;:;:;:;:;:;:;:;:;l;:::::::::::::::::::::::::\ !  /,:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l::::::l. l:::| ヽ|:;;::!
                   /::::::::::::::;:;:;:;:;/.:::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ト、::::::::i、:::::::::、:::ヽ、 .l.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l:::::ト,l:|:  ゙i入


.



213 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/05/03 21:49:02 ID:uF0kXyOo


ヨーロッパでは主に、重騎兵による戦闘が主流である。逆に鉄製の鎧を重用せず、軽装を好むイスラム側の騎兵は軽騎兵であった。
サラディンは、軽騎兵の機動力を生かした連続波状攻撃の戦法を好んだと言われる。


   突撃ーッ!!
\_____  ______/
          V
. ━━━━O/⌒ヽ━━━━ロニニ>
     ∧,,∧(^ω^ )
    /ο ・ )Oニ)<;;>
    /   ノ lミliii|(ヾゝ
   (o_o,イ__ヽ´|(__) ノ~⌒)彡   ┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
      ノllllllllヽ| | ̄ノl ノ
     / /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_
     ヽニフ|_|   (_/  ヽノ
         (_ヽ




. ━━━━O∧ ∧━━━━ロニニ>
     ∧,,∧( `Д´)
    /ο ・ )Oニ)<;;>
    /   ノ lミliii|(ヾゝ
   (o_o,イ__ヽ´|(__) ノ~⌒)彡   ┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
      ノllllllllヽ| | ̄ノl ノ
     / /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_
     ヽニフ|_|   (_/  ヽノ
         (_ヽ





214 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/05/03 21:49:26 ID:uF0kXyOo


対する、イングランド軍は重い鎧を着た歩兵が主であり、動きは鈍くしかも湿地地帯に追い込まれていた。
リチャード王は森を背にして、V字に開けた場所で軍を三つに分け、三段構えの陣を敷いた。


                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                 /:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::i::::i:::::::::::::::ヽ
              /::::::::::/:::::::::/::::::::,:::::,イ:::::|:::::!:::::i:::ヽ:::::ヽ
           /::::::::::/:::::::,.イ:::::::,ィ:::,イ::::::/!:::::|::::::!:::::!:::::::ヽ
           ,'::::::/::::!:::/,イ::/ .!/ .|::::/ |:::::ハ:::::!::::::!::::::::::i
            !::::::l::::::レ',! ー-、    !/  !::/ !::ハ:,イ:::::::::::|
             !::::_」:::::::::! ..,,_`ヽ、_,.   ,リ  ´ _,..,_ !::::::::ハj    陛下ッ!敵の騎兵による攻撃が始まりましたッ!
          !/f r.|::::::::!  弋エノ`    `'ィニ二_ /:::::::::!
               k.ヤ!:::::::!           ゞzソ,. /::::∧::|     このままでは陣が突破されるのは時間の問題……
           |∧`Y::リ           i      //|/  ヾ
              !Tヾ  u.     j       //ノ        しかも湿地地帯で我々の動きは鈍く、逃げ場がありませんぞッ!
             ヤ. ヽ.    , ‐-、,__    ,.イ:/
              r<´|.  \  弋,__,/  / |/          せめて陣を敷くなら、もっと別の場所に……
             !  `丶、.  \  ー   /
           _/     `'-、. `'ー-r<´
       , -'" `ヽ、      `ヽ、 f`, \
     , -'´    ヽ `ヽ、      >く_Lr'´`ト、
   /        ヽ  \  /ヽO〉 |`r、.| `丶、
  /           \  \/\r‐=<. !`    `ヽ,
  /    _ --‐     ヽ    ヾ   ! ヽ      i
 /   /            !     `トー〈   !    /  |




           // /  / : / /. : : : : l : `ヽ  ヽ: : l: : : : : : : : : : :l
          / :/ / / /l / l : : : : : l : : : lヽ  !: :! : : : : : :l : : : :l
        / . :i: l / / !/!: : l . .     ! : : : l: :∨ : ト、: : : : :l : : l: l
         / . : l: :l !/`ヽ! l: : :l : : : : . . .l   l  l   ト、 ヽ、|: : : !: !    ふふ、レスター。あんた何言ってるの?
.         ′: : l: :l !fモヽ ヽ: :lヽ  __: l: : . .!  !  l | ト、   ヽ、 l: !
.         l /. : : l//l k_ノ|  ヽ! ´\ ̄`:ト、:/. :/ : : l  lヽ\/´: /. :!    この『我が軍に圧倒的有利な地形』を捨てろていうわけ?
       l ! : : : :/ :l ゞ ソ       ≧ !::/l :/. : : :l  _!: ヽ、`>. :!
       l l : : :/. :/!          〃/ ノ`ヾ l/. : : : l/´l : : : :∨ : : :   
.         ! !: : :l :/ ∧  ′      トくノ /ノ/. : : : /|  l : : // : : :/
.         l l: : :l∧/ ∧ 、      ー ' /. : : : /´_ヽ」: /:/. : : /
         ! 、 : l /イ!::∧ 丶 ー       /. : : : /くノ ノ /:/ : : :/
       ∨ヽ! / j//.:ヽ、      __/. : : : /ー‐ ´: / / : : /
.       / ヽ /  /.::/ / ̄「 ̄  /. : : /. : / : / :/ : 〃
      /   /   /.::/ !  ノ  /. : : :イ. : :/ : //://
.   /   /     /.:::/ ノ  /_.. < l :/|//イ: //
.  / (ヽ/l     /.:::/     ̄  ‐-  j/   !   |/
/(ヽ、ヽ!::!     /.::::: ̄:::... ―-           |





215 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/05/03 21:50:03 ID:uF0kXyOo

                  _,ィ'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.``丶、
                /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
              ,.イ´:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
              r'´.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.,イ:.,イ:../i:.:.l:.:.:ヽ:.:ヽ:.:.:.:.:.ヽ、
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!/ !:./.|:./ |:./ !:.:..ハ:.:.,|:.:.:.:.ト-、ゝ
            ,イ.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:/ !ナ-、_レ'  |ノ レ'ヽ:.ノ!:.!
              !:.:.:r‐i:.:.il:.:.:..!  こヒr`i`´  _ュ=-.,リ .リ
            |,イ !i^)レ'l:.:.:./    ´    l´ヒr /:.:.ノ
            ! !:ヤヽ、.ヽ/  u       ヽ  l:.:./
              k.l,`-ァi           '´  /∨   圧倒的……有利?
               k_N.l     r'´ ̄`ア  /
              _,イj  ヽ     ヽ-―┘./    (はぁ?どう考えても圧倒的に有利なのはサラディンだろ?)
            /´r'´\   \.    `´ /
        _,.ィ=''7´;;;;;;;|   \   `ー-ェ-‐'´
    _,.ィ='''´;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;!    \   ノ \
-‐'''"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;:;:;:;:;:;:;:;:!    /トュ  ヤ Zト、
;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:く;:;:;:;:;:;:;:;:;:;!  /\ヽ! ノ _,,>!.ヾ.、
;:;:;:;:ヾ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\:;:;:;:;:;:;:;ト、/ `ー-、>--'''7 ト、|;:;:;:〉;\
:;:;:;:;:;:;:!;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;:;:;:;:!    ヽ、_,__ノ |;:;:;:;く:;:;:;:;:;:\
;:;:;:;:;:;:;:!;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:!       ! ' .! |;:;:;:;:;:ヽ;:;:;:;:;:;:;:ヽ
:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\;:;:;:;:;:;:;:;:!.    |   | |:;:;:;:;:;:;:〉:;:;:;:;:;:;:;:li
;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:/i:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\:;:;:;:;:;:;!   |.  | |;:;:;:;:;:/:;:;:;:;:;:;:;:;:!.|




                      ,. ―‐- 、
                   /´`       ヽ、
                      ,'        、} ト.
.    rr、                ,'    '   ,.イ゙V }
  ,イ川、             ,' .!  ,' .i  〈_,イ「l/        フ ヽヽ         /
  |  !」_          / ,'::! .!,': ::! .:.:| ハ〉|     / J ヽ     ̄ ̄ ̄   Λ_丿
  l  //```ヽ、       l:i::!::! :::l:::l :::l ::::,`:!:i::|
  `ーl_{     ``丶、__ _从{::|:::::l::,':::::| ::::,':::'l::l::!                 ,.┐
     \_          `/ Λ!::/:ノ!::/!::ノ::/ノノノ                 /フ′
       `¨` ー- 、_   / /  ´ ´ ''´ '´7´/´ ̄`¨¨`¬……――''"´`>ーァ'´,イ__
             \! ..___    / /               / /  '´,.-┘
                 ...___   ̄´ /     ___ ___      {___j--‐'´
              |      ̄ ̄´ ´厂 ̄´        ̄`¨¨´
                /         ノ'´               そんな事よりもお腹すいたわねー?
                }___、      |
            /     ``¬―v‐'                 .敵が陣を突破してくるまで大分時間あるんじゃない?
            /        ,.   |
          //        /     !                  丁度いいから昼食にするわ♪
         //      ,'      '、
        / /l         !        ヽ
        \,'|         !          >





216 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/05/03 21:50:22 ID:uF0kXyOo

      /                ヽ    \  \
      ,'     /  /            l    \  ヽ
      !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,
.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ
     イ 八{´l  !レ<.f{矛:下 ' u  イ孑代フ イ } /           ……
.        Vハ  |{  r';;z j      r';;zリ /}, '//
        ヽ ',  |u   ̄      、   ̄  チ' /
         `ヘ lヽ       _    u 厶 ./
             ', {.代ト、 u         , イ | /
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./
            / ヽj       {`ヽ   ′
.        _ /  「´        ヽ} \
    _, -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、
. r<\\        ヽ '´ ̄ ___ `ヽl|     / /ヽ
 y⌒ヽ \\      V  ̄ _ `ヽl|     / / ∧
./    ヽ. \\     ∨ ̄  `ヽ |     / / /  l
{      ヽ \\    ヽ     /    / / /  │




       / ,. - fォ   l j    |   、      ヽ、   、  l. l.  `、ヽ \. l
       r' ´ ,.ィ' |   l |   ハ   l          l.  ト   l. l、  l. ヽ--' l.
       lヽ∠/  j   | |   | 、  ト、       l   l ',   |_ l.  l  _ン   !
.       |  〈   lj   トA._ | ヽ.  ', \       l  Lx‐''ハ |  hヘ ヽヽ |
      |  /7-/ l   | | ヽ`'''ト、 \  ',. \    ,.ト'´|  l | ||  | l l. ', ヽ |    あら、どうしたの?
        |  / ,' ' ハ  | l. ヽ l. `ヽ、ヽ、 '、  `ヽ/ N-=リ=、|ノl   | l. l ', ',|
.       | ,' l. / l 〉.  N ,ィz弋ドヽミ` ヽk、   `イo,...、 l`レ l   |. |  | ', ',   実際の戦場を見て怯えちゃったわけ?
     | l l. l  | /∧. l Y/仏'f¨ヘ. l`.        仆{__ソ,ィ|  |   「`l  |  ', 〉
      | ヽ」 l  | l l ゝ ',ヾ、'ケ、ヽイ,t|         'つニ'ゥ′ l.  l.  } 」   l´|  
      | |  ヽ」 | | | iヘ ヽ `乞ニ-┘    l       ̄    !  l ノl'´   l.|
     | |     | | | l、`ヽト.ヽ              ,      ,'  l ´  |    l.|
     ||   lヽヽ丶  ` ミー    ー一…… ´     ィ  ,′   !   l |
.       ||   l. ',       ヽ、.._             ,// /    /   l. l
        | |、   ', l、           `ヽ、       ,.-' / ,イ    /    j. ′
      l |ヽ  、 ヽ \           ヽ   , -' |ー、/,r'/   /   〃 /
       ', | ヽ ヽ  ヽ   ヽ、         lー ´   l ,シ^ソ  /     // /
       ゙ヘ. ヽ ヽ  _,.ゝ  〉-`ュ、     ノ      '1 |  /ー- 、_// ,/





217 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/05/03 21:50:42 ID:uF0kXyOo

ノ::::/::::::/:::::;:::i| :::l::::::::::{:::::::::::::.ヽ:::::::::::
7:::;':::i:::i:::::::l::::|i::::|::::::::::.l、::::::::::::::::i:::::::l::
:::/::::|:::|:::::::|:::l |::::ト;:::::::::l i:::ト、;::::::::l::::::l:
イ::::::l| ::l::::::i.|:|__l_;レ゙、:::::| l;:トx,,_、;;::|:::l::
.l:::::::|:l::::l::::| |! ,,_!;ト、 \{ ヽィ _,,ヾ|/`    ……そ、その目玉のついた世にも恐ろしい下手物を……
. l:::::i゙l;ヽiヽ! イ{゚ ゙'r     ィ'゚ ゙.}゙ゝ
 ヽ;!:i;ヘ;::::::|`.!cッ;j      !c;;;ツ /::    わ、私の前から遠ざけてください……
  ヾ.|i.|:::::::i,      、      ./::::
   ノ゙ ヽ;::、ゝ、         , イ:;::::;
      ヽ::`、{゙' 、 ー ‐- .,,r''V//.::/
       \:::l,,イ:}::`:::: ''゙ .{ヽ///
     _,,::‐''´ヾ /゙     `'i:.'゙.:`'ー
 _,,:‐''´.:.:.:.:.:.:.:.:.:{ー--、  , -‐-}.:.:.:.:.:.:




                           ト-、___
                     _,,-‐‐‐‐‐‐t-:、_ `‐、、_
                __,,,-‐'´     .:. ,,:.:``‐、;:;:;ヽ_
  ,,,_____,,..、_,,,,,-‐‐‐-、、_,,-'´    ............:.:/: .:.     ````ヽ、_
 〈=__,,,,__,,,,,,,,,,,,..::::::::::...  ;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,;ノ::.            `‐、、
/ .._____.. .. . `````ヽ- '--‐‐'''''~~~'`::::ヽ:.:.:.....        、     ヽ、
ヒ;-'´  ````:‐:‐:-:-.:__,,、、、、、  ....:.:.:.:.:.:.`:.:.:.:,;,;,;,;.:.:.;,;...........ヽ、ヽT   ◎ ヽ、
                 ````‐--:-:‐:':´:`:`´:: :::``:..、_:.:.:.:.:.:.:.ヽ、__ ,-==,
                                 ````‐‐:-:-:-:-:‐"


※注 どう見ても昼食の魚です





218 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/05/03 21:51:10 ID:uF0kXyOo

                     _ _
                  , .‐'_____:::`ヽ、        _ , 、
                 /::/_,, -─ `ヘ:::ヽ.   _, ' ´    ',
                /::::://:、::::::\::ヽ:ヽ:::!ニY´   ,.    i
                !:::/:l!:::ハ、:k、:::::ヽ、ト、ト;:`!゙}、.   f´     !
               l,r,!;:::!、::!__゙ヘ_`‐xkト,,、!l::}´、\, .j       !   ……あんた、戦場で人が死ぬのは怖くなくて
      .    , -──< l l:::::| ゞz、   ト、::i} !l::|:ヽ`v'     ,'
       _, '´       />ト;:::v{.゚;:::}   `"´ i!:l'::::::>'     ,'    魚の目玉が怖いわけ?
        i     __  i |:ィ!:ヽ::ヾ¨´  _    ノ;::!'l´l      /
       ヽ    ´ `、| || |::::\:ヽ_     /_l::ト;:! l      /      ほんと変わってるわね。
        \      `ヾ__,..、_ト:::、.rT ‐' !-|ヽ!l::! l ./   /
          \       ヘ !:iヽ| <_.,,..∠l  i::l .l、  /       あ、第二陣まで突破されたわね……
            \       i i::!  Y_/二=! . i::l .l 、/
             \    \ !ヾヽ   Y´ _,、 ! i::l | |
               `ヽ、_  ヘ ヾヽ  ヽf j ソ !::i !:...}
                  \ .{\ヾヽ、 ヽ | /://::"{
                   `ヽ' ;`-`_-`;;;ヽ.|;//:::". j
                      ヽ` :::::``-ミヽ/_  ヽ
                       \   /`ハ、__}_/
                       |   >-i !>ヽ-、-\
                       ヽ/i,. '´ !|. ヽヽ 、  \
                        >´i   !|.  ヽヽ 、   `、
                          |  i  l |   ヽ冫、  ヽ_
                           |  i  l .|      、 ::.  \




┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
          ヽ_|||∠    ノ(oノ ヽ_|||∠    ノ(oノ  ヽヽ_|||∠    ノ(oノ  ヽ
           /  ・ \ /(゚Д゚,, /  ・ \ /(゚Д゚,,ヾ   /  ・ \ /(゚Д゚,, ヾ ヽ おらぁぁッ!!
          /   丿  \Ю 二 /   丿  \Ю 二二\ /   丿  \Ю 二二\≡\
          ( ´/\    ─(◎( ´/\    ─(◎_∥( ´/\    ─(◎_∥ ヽ ノ⌒)
       <━━━━( (  <━━━━( (   (<━━━━( (   ( \Ξ\ヽ (
              ノ ノ   ヾ ヽ   ノ ノ   ヾ ヽ   丿ヾノ ノ   ヾ ヽ   丿ヾヽ
             / / ノヽ ⊆二ゝ/ / ノヽ ⊆二ゝ /  / / ノヽ ⊆二ゝ /
             / //丿      ヽ / //丿      ヽ ヽ く / //丿      ヽ ヽ く
           // //        // //        ヾヾ// //        ヾヾヽ::
                                     ┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨





219 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/05/03 21:51:49 ID:uF0kXyOo


イスラム騎兵の前に、イングランド軍の第一陣、第二陣は次々と撃破されて行った。
撃破されたイングランド兵は、左右の林に消えていく。サラディンはそれを追撃しなかった。
する必要は無いと判断したからである。


だが、あまりにもイングランド軍が弱い事に、サラディンは疑念を抱いた。


             _,,,.......,,,_
         _,.-ッ≦―:::::::::::::::::::::::::::`:ー、
      ,..r::´:/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::ヽ
     ,.r:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::ヽ
    ,イ:::::::::::{少‐"´ ̄`^<::::::::ヽ:::::::::::::::!:::::::::::',
  ,イ::::::::::::/^        \:、:::ヘ:::::、:::::i:::::::::ヘ:',    ……なんか妙にょろ。
  r:::/:::://           1:!、::::i:::::}::::::!:::::::::::!::,
  l:::i::::::i::i         , - ¨了ヘ:::ト、::i::::::i:::::::::::i:ハ   リチャード王にしては抵抗が無さ過ぎる……
  i::!::::::ヘ:!__     /   ソ  !ツ i::|:::::::}:::::::::::}:::!
  t:从::::iヾ   `゙      ,.ィf斤本ヾ}:;!:::::::i=ェ;::::::i:::i
  f !::::ハ          t弋り!}"|::!:::::::::ト、 }::::::!:::!
   ! ヾ_:::ヽ     ,     ちエン 1j:::::::::tイソ:i::::i::::i
      `iムゞ=r'''" 、        リ:::::::::::|´:::::|::::!::::i
      |::::ハ             f;:::::::::::!::::::::|::::i:::::!
      f:::::::::ゝ    r 、 _ _   |i::::::::::i::|:::::::::!::::i:::::}
      i:::::::::::↑-、_. |  !    ,.イ::::::::::j::!:::::::::|:::::|:::::i
     j::::::::::::::|::::i:::|i l  !、._,,. -´ f:::::::::::リ:iト、::::::;!:::::|:::::|
     ,{:::::::::::i:::|:::::|::!'!  ,!;:r^! , -=、::::::::::;'::j: : ヽ:!:::::::l:::::|
     f:::::::::::j::::|:::::!_/  .,!.  /  /:::::::::;':::,': : : : :`-、|:::::|




                   ゴ          ル            ァ!
          ヽ_|||∠    ノ(oノ ヽ_|||∠    ノ(oノ  ヽヽ_|||∠    ノ(oノ  ヽ
           /  ・ \ /(゚Д゚,, /  ・ \ /(゚Д゚,,ヾ   /  ・ \ /(゚Д゚,, ヾ ヽ
          /   丿  \Ю 二 /   丿  \Ю 二二\ /   丿  \Ю 二二\≡\
          ( ´/\    ─(◎( ´/\    ─(◎_∥( ´/\    ─(◎_∥ ヽ ノ⌒)
       <━━━━( (  <━━━━( (   (<━━━━( (   ( \Ξ\ヽ (
              ノ ノ   ヾ ヽ   ノ ノ   ヾ ヽ   丿ヾノ ノ   ヾ ヽ   丿ヾヽ
             / / ノヽ ⊆二ゝ/ / ノヽ ⊆二ゝ /  / / ノヽ ⊆二ゝ /
             / //丿      ヽ / //丿      ヽ ヽ く / //丿      ヽ ヽ く
          人// //て       // //そ       ヾヾ// //て       ヾヾヽ::
 人人人   人人人人人そ    人人  人     人人  人人人      人人人人 人

 バシャ      バシャ              バシャ         バシャ  





220 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/05/03 21:52:25 ID:uF0kXyOo


しかし攻撃を止めるわけにも行かず、サラディンは第三陣を突破。いよいよイングランド軍本陣へと迫った。
勝利は疑いようのないもののはずだった。


だが、次の瞬間イスラム騎兵の脚は止まる。


                   ,、            !?
                r'"/ "‐-、,   ,.-'"
           /i/i  ゝ∞===|`' ,.-'"   
          / ・,彡 /(・_・ヽ=ゝ'"    
         /ゝ、ノ. 彡 ノヽフ(ヽ=ヽ
         ヽ´/|    彡ソ<<ゝ ヽ=ゝ     う、馬の脚が沼地にはまった……??
           ,.|   彡≡Юノ≡ヽ  
         ,.-'" ヽ===|| ̄[|):)] ̄`ヽ    
      ,.-'"  ,へ>(  |  ⊆ゝ|=丿))  
   ,.-'"   / ヘ ヽ >ヽ_,/ヽ_ー 、  
  ∠     く <  //      / /  
        ヾノ く <       / /
            ヾノ     〈 く    
                   ヾノ




        (⌒ヽ(ソ)
  "'--;, _ ヾヽ・皿・       //    ど、どうしてこんな所に沼地が……!?
      (ノ-.ノミノ丶)/ヽ    ((((     
        ミミミ;,ゝゝヾノ、  ノノソ    くそッ!身動きが取れないッ!!
       /  . ノ'--;, ヾ\_(( (  
      /  .(  |ヽ=ヽ'--) ノヽノ
     「ヽ--' ヽ |ヽ≡≡ヽ"'--;,丶  
   _ノ ノ ノヽ `-' | /ヽ     "'--;,_ 
  (  ~~~ゝ~~~|~~~ ヽ⊇ ーー、  ヽ \\  
  | / ̄(   ノ\__/  ヽヽ ̄ヽヽ    ̄
  | |  | / ̄         ヾノ  ヽヽ
  ヾノ. | |               ヾノ 
     ヾノ




             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{'´     ヽリ| l.│ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|
          ヽ|l⊃    ⊂⊃| .|ノ│  ……え?
            |ヘ.  r‐-、   j  | , |
          | /⌒l`ニ`, イァト |/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡,


元々が湿地地帯であるが、この沼はリチャード王があらかじめ水を引いてさらに泥濘に改造されていた。
イングランド軍は追いつめられて、この地形に逃げてきた訳ではなかったのである。





221 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/05/03 21:53:10 ID:uF0kXyOo


そしてリチャード王はこの瞬間を待っていた。


                           , ‐'' "´ ̄:.:.`ヽ-──- 、
                          , '.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶
                     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                    ,.:'. :.:.:.:.;:.:. ´;.、 -──‐- 、:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、
                      , ' . :.:.:/.:.:/         `ヽ:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:゙、
                   /.,:、 -ァ. : ./,.、 -‐r──‐- .、    ヽ:.:.:.:.:.:.,_r‐、:.:.:.:ハ
                 ,く´_/. : ../´/: :.:.::l:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.`ヽ、  ゙,.:.:.:.:.:.ドヾ. \. :'、        ふふ、それでは欧州で唯一重騎兵に対抗できる
                 .':└ノイ. : ._,': . ! : . /| : . l : . :.:.:゙、:.:.ヽ:.:\|:: :: :: .|  ト、 〉::\_
                 .゙.:.:く,__i. :.:.:,゙.::::\.::i l . :.:|:.: . : . :.i:: . :i: . : !. : . : .| _|┴':::.:.:.:.:. .` 丶、  最強の戦法をお見せしちゃおうかしら?
                 ,゙.:.:/ハl. :.:::l.:::/ !::\ ゙、. ::|ヽ:::..:.:.:」:::斗:i::.:.|、:.:.:.:.:.|/ {::::::::::::..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙、
                   ; :/ 〃ノ| . :::|:;ィ托心 ヘ ヽ:.! ,ヾ´:j __::|/:::/|.:.:.:.:.:.:.| ト、::::::::::::::::;::-‐ァ‐、}
               i/ /|.::|/| : ::::|? ト;;;_r|   丶  イじ;;;;;沁´ !.:.:.:.:.::::|! ト/゙77"´  /´ /;\    長弓(ロングボウ)隊前へッ!!!
               / /.::|.://l : ::::ハ   匕ソ         トt_ヒ;/'´ !.:.:.:.:.::::|_ハじ' /-r─/: ./;;;/ ̄\
                 |./:::::j〃::::i .:.:::l::}      ,    └ー'′ ..:|.:.:!:.:.:::::j/゙:ー゙::::::ト/: :/;;/.   / ̄`丶
                  |i!::::/∧.::::::! .::::l八    、_   ,     /‐j.:.:l.:.:::::/:::_:::::::::::::} }ヾ;;;ノ: : :_/´      ヽ
                  !|.:::| f V.:::::!. :::!|::::\      ̄    /ァ7.:/::::::// ≫==く ノ/Y" ̄.        !
              l.:::j/   i.:.::::!; .::::|:::::::;;> 、     ,. イ/ :/ /:::::〃;//   \ {: : : : : :.      `、
                !::|    }.:::ノヘ:.:.:::|:/ ノ.:_介'''"´. : : /  ./:〃:::/;;;/ ./;      ヽ|: : : : : : .       ',
                  ';{   _ノィ_厶:.:::{ /~´ ____ -‐/  ノ'´/.:;/;;;;/ ./:{: . : . : . : . . ._.`ヽ: : : : :.        ゙,
               丶   厂|;;|   ヾ?'"´_____.:.:.\/   _ ノイ/;;;;/ ./: .l: : : : : : .;   ´  }: : : : :        ;
                  /´| l;;|    i/ ___.:.:ヽ〃       /;;;;/ :/: : j: : : :, : ´  . . .  |:: : : :        ;
                   | :| |;;l     |/´  .:.:.}_:/      /;;;;/ :/: : ;': : ; . . . : : . : . : . ^j: : : :         i
                    { .:| |;;|   |   .:  :/      /;;;;/ :/: : :.{: : : : : ,: : -'': : : .. {: : : : :        i
                 │.::| |;;l    |    .:/       /;/..:/: : : : ヽ:''"´: : : : : : : : : : ヽ: : : : : .      





222 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/05/03 21:53:54 ID:uF0kXyOo

           ∧__∧  ,、        ∧_∧
          ,ミ( ・∀・),-' ヽ,      (,,・∀・,-'i
         ヽ'(;iニi G====ゆ=≫   と;iニi iニi ゆ 三―二―- ̄―二 ≫====>
          〈__,ハ__,l`ー、,/'      〈__,ハ__`‐,l
           (,__/、,_)         (__/ヽ__)




当時、重騎兵同士のぶつかり合いが主だった会戦の中、長距離でなおかつ殺傷力のある
イングランド軍のロングボウが放つ矢の雨が動きの止まったサラセン軍に降り注いだ。


             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/   U ヽハ  、 ヽ   え?えええ?ちょ、ちょっと……えええええ??
         〃 {_{\u   /リ| l │ i|
         レ!小l○    ○u从 |、i|
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡'




同時に先ほど、蹴散らされたはずの第一陣、第二陣、第三陣のイングランド軍が
身動きの取れないサラセン軍左右から、翼面に突撃を開始した。


         さっきはよくもやってくれたなッ!!今度はおまえらが逃げまどえッ!!

 ∧ ∧ ∧ ∧ ∧ ∧ ∧ ∧ ∧ ∧ ∧ ∧∧ ∧∧ ∧        
( #・∀( #・∀( #・∀( #・∀( #・∀・)・∀・)・∀・)・∀・)
| ̄ || | ̄ || | ̄ || | ̄ || | ̄ || ⊃ナ― ナ― ナ― ナ―
\/ \/ \/  \/ \/-J  -J   -J  -J


 ∧ ∧ ∧ ∧ ∧ ∧ ∧ ∧ ∧ ∧ ∧ ∧∧ ∧∧ ∧ ほいさっさぁ!
( ・∀( ・∀( ・∀( ・∀( ・∀・)・∀・)・∀・)・∀・)
| ̄ || | ̄ || | ̄ || | ̄ || | ̄ || ⊃ナ― ナ― ナ― ナ―
\/ \/ \/  \/ \/-J  -J   -J  -J


┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨





223 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/05/03 21:54:32 ID:uF0kXyOo

      
          陛下ッ!危ないモナッ!速く逃げ……
 ドスッ
    ∧_∧な、何モナ!?            ∧_∧ シュバッ
  ∴∵Д`li|)Σ                 /´|i:::::::::: ∩
  <─#  )─≪三三            | li|il    ノ
     ソ ノ、                   ヽ|i ,/ ヽ ヽ
    (__)__)                  (_) (_)




             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{     u  リ| l.│ i|   馬鹿者ッ!……どうしてそれを自分を守るために使わぬか……ッ!!
         レ!小l\    / 从 |、i|
          ヽ|l >   <U | .|ノ│
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |
          | /⌒l __, イァト |/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |




   居たぞッ!あれがサラディンだ討ち取れッ!!                            へ、陛下を守れぇぇッ!!

 ∧ ∧ ∧ ∧ ∧ ∧ ∧ ∧ ∧ ∧ ∧ ∧∧ ∧∧ ∧      ∧∧ ∧∧∧∧∧∧∧∧ ∧∧ ∧∧
( ・∀( ・∀( ・∀( ・∀( ・∀・)・∀・)・∀・)・∀・)     (゚Д゚ (゚Д゚ (゚Д゚ (゚Д゚,,)゚Д゚,,)゚Д゚,,)゚Д゚,,)
| ̄ || | ̄ || | ̄ || | ̄ || | ̄ || ⊃ナ― ナ― ナ― ナ― ― ― ― ──}⊂⊂,,ヽ⊂,,ヽ ⊂,,ヽ ⊂,,ヽ
\/ \/ \/  \/ \/-J  -J   -J  -J       (_ (_ (_ (_ (_ (_ (_ (_ )ノ(_ )_ (_ ) (_ )ノ





224 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/05/03 21:55:02 ID:uF0kXyOo

                _,.、-‐―――- 、__
            ,ィ´:.,.ィ'´ ̄``:.:ー-、\`丶、
           /: ://: '"´ ̄: : :\ヽ:}>、:.\
.         ,r‐fーマ,イ : /:/ ̄ ̄ ̄``丶 :.:\:.:\
        く―‐-、__〉/:/-――――- 、 \:、\: ヽ
     ,.ィ''7ミ_,斗<,イ:.:./: : :./: :,.ィ'"´: : } :\ ヘヽ:ヽ:.ヘ
    /  /:.く. //:.:.:./: \': :/: : : : :./: :,'!: \ハ:ヘ:. :ハ        さぁ今よッ!我が自慢のイングランド騎兵の勇者達よッ!!
.   /|   /:.:.ハムイ: : :/:./!: X: : : :._,イ:.:/ / | : |: ヽ!:.:!-‐┴-、
  ムj _,厶://{ ,':.:. :i,ィfテッ、-ヘr''"/:./,イ 」_;ム:.:.リ:.:ト、ー-、 {      敵を突撃粉砕ッ!!!!!
  「 ̄、-‐<:.:./∨:.:.:.:.|`|ハ::::},ハ -‐''"´/ィ'"´!:/!: :/:.:.:!:|、\ーリ
  レ'´ ,':.ハ:.:.:/:.:.:|:.:. : :|ヽ'=ソ        /刋ミハ/:./: : :,':.| |  K、
    i/ |: :|:.:.:.:| : : : i         {krjノ '",イ : : /!:.| レ'ト \
    |!  !: :ハ:.:.ハ : : :ハ   /ヽ、 _'_   `"´ / : :./|: :.|.〈:.:.i    ヽ
       /∨::,ヘ: :|、: : : iヘ. {::::::::::ノ     ,イ_,.イ:/| : |ヘ∨     !ヘ
.      / i::./ ∧:| ヘ : ハ \`ニ´-‐ '"´-―‐-、:./|: ,'/\    | ∧
    ,イ   |::i ,'::.ヽ! ∧:.|、_  / ̄`Y´  \ ∧_/i/    ヽ  ム-‐'
  /   |::|.! : :: :: 厶ハ|.::`Y´   / ̄`ヽ ヽ  } /      i\
 〃  ヽ |::||:: :: ::.::レ、__``/  /       ヘ`ヽ.ノ:|       |/~
〈 \    |:∥: :: :: | :: ::`7   {__       ハ_/::.::|_
. {   `'ー-、ハ ハ :: :: ::! :: ::/   /``ヽ\   | }-┤:: \
 ∨ \.  V.∧:: :: ,>'"ヽ_/   |:: ハ   !,イ └‐ー-ヽ
  ∨  ヽ   ハ.∧::/__  /    ∠ `ュ::| 〃
  ∨  >―\ {__ ``く   /     〈/ | `>
.   ∨ { :: ::r==t\` ー''tイ _,.、r'フ }__//ム
    `''ーヘ::く〉ー―v\∠`ヽ、__,.、-‐'"  /:: ::ヽ
       └‐ヽ--‐''7∧ヽ ̄``'ー‐―‐' :: :: :: ::\



一瞬のうちに、形勢は大逆転した。





225 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/05/03 21:55:23 ID:uF0kXyOo


サラディンは負傷しながらも命からがら戦場を離脱。包囲の隙を突いて、脱出に成功した。
だが、その代償は全軍の三分の二を失うというあまりにも大きなものだった。
また生き残った一万数千の兵で負傷していない者は居なかった。


      . ...  ......  ... ....    ...         
   ... .      . .. .   ... ....    ...        . ...  ......       . ..
                                 .....................................
                                .::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::.......
                                ...:::::;;;''        ';;;:::::......
                             ...::::;;;''            '';;;::::::........
                            ....::::::;;              '';;;::::::::::......
  ~~^^;:;:'',,~~~~~^^^~;;;;;~~^^~~~^:;~~~^^~~~~~^^"'''~~~~~^~~^^'',,~~~~~^^^~:;:;:''~~^^~~~^ ~~
'::',:'':';:,.,、:.,"'`::'::',:'::'○ヾ_= "'"' "'''.''' "'''.''" '::',:'':';:;..,"'`::'::',:'"'`,.;;:。;:;;::、;;:。;:;;,::',:'':'`::':'::',:'':';:
 :'::'○ヾ_=::':'::' " '''.''"'"  ''"'"' "'''.''' "'''.''"'"''"'"'  "'''.''' "'''. ,.,;:; :'::'○ヾ_=':'`::':'::',:'':';:;..,"'`',:''
'::',:'':'`::'::',:'':'`::':'::',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::'::'○ヾ_=,"'`::'::',::',:'':'`::':'::',:'':';:;..,"'`',:'':::',:'':'`::':'::',:'':
'::',:'':';:;'"'"''::',:___ '"'::'`::'::',:'':';:;∧∧::',:'':';:;..," ̄,:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;..,":,.::',:'':'`::':'::',:'':';:;..,"'`',:'':
',:'':';:;.(。Д。 )二二⊃ ⊃;',:'':'`::  (,,゚∀゚)          ∩∩'';:;..,"'`::'_____;:;∧∧:":,.
"'''.''' ∨∨"'"''"'"' " "'''.''' "'''.''"'"''"'"' "'':';:;..,"'`',:⊂/ /`::'::''::',:''⊂_⊂二二(,,゚∀゚)つ'' 
::';:; ∧∧_____:":,.::''" ;;            (。A。 )二⊃        ::∧ ∧:;..,"'`',:'':    
⊂(,,゚∀゚)二二つ_⊃,"'`',:'':'`::':' "'`:       :'::',:'':';:;  __ ..,"'`',:'':'`⊂(゚∀゚; )――つ"'`'
  '':'`::'::',:'':';:;..,.     ⊂―――';:;∧ ∧:;..,"'`',:'':'`::'::'': (。Д。 ):'`::'::',:` ⊂(_____\つ 
             ⊂_⊂二二("゚∀゚)つ        ∨∨"'       ::'::',:'':';:;:;..
    "'"'''':'`::':;:;..,"'`',:'':'`::'::'':':';:"'"''' "''''':'`::':':',     :'':';:;:;..,"'`',:'':'`::'::'':;:;..,    "'`',:'':'`::'::''





226 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/05/03 21:56:19 ID:uF0kXyOo

こうして戦いはイングランド軍の大勝利に終わった。

                ,...-- .、
                /.:./ ̄
           ,.=-ー―`´ー‐- ...、
          /.::.::.::..:.::.::.::.__.::.::.::.:ヽ、
        ∩'::.::.///‐'´ ̄   ̄\.::.:ヽ、
       r⊆`}./.:.://ィー==ー=-、 \.::.:ヽ、
      .:ゝ._,イ.::.::.:/.:.:.メ、.:./.::/.:.}.:..:}.:ヽ.}.:ヽ.:ヽ
    |`ー〈;;;;;;ハ.::,:|,x=ミ.、Y/|.:.:.:/|.:/|.:.:}.:}.:.:ヽ.::ヽ
   .∠: ̄フ{.  ハ.::|{.iiiii::.ハ.Y.|.:/_l/__|.:/.:.|.:.:.}ヽ.::}
     く_ハ.  .∧l乂;乂.  |/. ´_' ./.イ.:ノ.:.:./.ヽ|
      l.::.ハ.  ∧ゝ  ,、   '"´`!:.:ル'.:l.:.Yニニl    言っとくけど私はサラディンを聖人や名君主としては尊敬してるのよ?
      ∨{.:}   .|:ヽ..(__,ゝ .wvノ.::.:i.::.:.:.|\フ
        Vヽ、i.〃|ii.:.`-==ー‐::'´.:/.:ハ.::.:.|       けど軍事力、戦術は軽蔑に値するわっ!
          }`i' .|ii::::{ー|::jj.ハY´}:/ }::/
           .|   ヾ ハ,,,|〃Y;;;;;`ト、 レ        とにかく大勝利ぃッ!!!
          .}_.    ヾ|// .ノン__  )
         〈_     々ニコ┐`/          エイ・エイ・オー!!!
         ノ"ー====|_|.:. ̄'メ、_
       ヽ´: : : : :|: : : : ,;.:.:.:.::.:.:.:.:.:ノ
        ヽ.:.:.:.:.:|.:.:.:./  ̄ ̄.T´
         .Tヽ--イ|      ./
          ヽ   .{     イ
          ヽ  ..:ヽ::.   ハ
           ヽ__,.}\/.:.:{
            ヽ.:.:.:.| `ヽ__}
             \:_{




\  リチャード陛下万歳ッ!イングランド軍万歳ッ!十字軍万歳ッ!   /
 *     +    巛 ヽ
            〒 !   +    。     +    。     *    。
      +    。  |  |
   *     +   / /   +    。     +    。 +    *
        ∧_∧ / /
       (´∀`/ / +  ./ 》〉   。     +    。   *    。
      ,-     f    | |  ∧_∧
      / ュヘ    | *  ヽ ヽ ´∀`)_    。     。
     〈_} )   |      ヽ    _ヽ          〉
        /    ! +    。 .|  ({__〉 +      ○ノ
       ./  ,ヘ  |       |   |         <ヽ |
 ガタン ||| j  / |  | |||    ||| .| ,ヘ \ || |||ガタン i!i/, |i!ii ガタン
―――――――――――――――――――――――――――





227 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/05/03 21:56:39 ID:uF0kXyOo

  /  /   ..::/.::/ .:::::: /.::::::/.:::::!::::::..!.. l  ::ヽ`ヽ
 i  /   .::::::!::/l ..::://.:::/!:::::/l::::::::l:::::l:::....l  !
 !   ! l .:::::::/l/__l/ //  l:::/.:::!::::/!:::::!:::::::!::!:l    ……なんて方だ。
 l /l/l .::::::/ __ `ヽ、    l/ .::::l::/.:l:::/l:::::::!::!::!
  V く l .:::/   ¨ 疋タ` ヽ、ノ .::::::_j/ -―l:::/.∧l    戦に関しては天才。
  ∨ー!::/    `¨       /fr芹、:::/l/.:/
  j/iヽl/           /.:::::┴'..:::/./ j/      ……忘れてたよ。
.   l::∧              { ::::::::::::::/.:/
.  __/V ::ヽ         /..::::::::::/.:/          どうして陛下が「獅子」と呼ばれるかを……
/i/  ! ::::::ヽ     _     .:::::/ j/
.三l :: l :::::::ヽ、   __‐-..::::/
.三 !.:::::.ヽ、:::::::::ヽ、 ....:::::/
三ニl:::::::::::::\::::::::::::::ー匕\




              _..-──-  .
          __,.'´: : : : : : : : : : : : `ヽ.- .
       ,.'´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ.
      /.: : : : : : : : : : : : : : : : : : :\: : : : : : : :ヘ
     ,.': : / : : : : : : ,′: : : : :{: : : : : ヽ: : : : : : :∧
.    /: :,/.: : : : : |: : : |: : : : : : ∧: : : : : !: : : : : : : : '.
   /' ´,′: : : : :」. -ァ|‐ :|: : : :|-ヘー- L_: : : :.|: : : |
     |: : : : :|: : |: / ',: :|: : : :l   \: : |: : : : : |: : : |   ………
     |∧: : :|: : l.ィ≠ミヽ|\: :| ィ==ミ |: : : : : |: : : |
     '  ∨.:'、: N.レ!,、}   ヽl. れイi |'イ: : : : : |: : :,′
        ∨:.|`| 辷リ       ヒ辷ソ|: : : : ,ハ: /
        |ヽl: l  ゙´ 、         |: : : : /イ:/
        |: : : ヽ、   -      ,′: :/: : ,′
         ヽ.: : : : ,>  . __ . イ /: :/,ィハ,′
.         \|`′ヽヘr‐j     |7/、V
               / '    r' '  l、
              ,.イ  /___,ノ    ,.ヘ
           /|| |----/    .//〉
.           /| || | ゙̄7   /// l
          ノ | || | ,′ ///  |





228 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/05/03 21:57:12 ID:uF0kXyOo


サラディンの陣営


               , -‐ r ─― 、
              /   /      \
           // ,=vシ== 、 ヽヽ ヽ
             // //     ヽ ヽ ! l l    ……私の罪は大きい。生き残るべきではなかったにょろ。
         〃{ i{ {‐-、 U ィ尢ハl i| |
           {仆 f _     _ | U| |    私の不明の所為で、大事な我が息子達を多く死なせてしまった……
           |ハム  ̄ ,    ̄ l  |)l|!
           l `∧  r‐‐v   li  l l |l
.            ,'  i ゝ、 ヽ ノU ィ'l   l l !
          /  ,'  l _}>‐匕!_ /  ,'l l |
         /rt/   ィf< _ _ `/  /_j | l
        ノ |l/   ,' llニニ二ニ/  /  >、|
       /  /   /. ├ ¬ー/  / // ヽ
.     /   /   /  |   ,/  /´,/    ヽ
   , イ    /  ∧  | fA./  //レ''´    \
  〃≠-、,.イ/  ∧ \,|  /  /  ハ.      \
 〈     { /  /  \__,jイ/  /  /  !`ヽ、   ≠、ヽ
  ヽ   V  /  {  ̄i{}7  /  イ  i   >'´   /
   \  / //`个tト-イ/  / _/   i l/    /


丁度、戦いが終わった頃にやる夫からの書状が届いた。


                 _
               /  \          、.
              /     \     、、_゙、::::ヽ、
            /        \    ゙、:::::::::ヽ;;::、
            ',          |    ゙;;:::::::;--;;_〉,,__
    ___    ',          |  / ゙;;/_;;;r'    ヽ、
    |    \   ',          |  .'  , '"´,r'     .  ゝ
    |      \  ',         | /     レ ハ ノ,__ゝレ`(      陛下ッ!やる夫から書状を預かって参りました。
    \      \ ',         | レ イノ  l ノ lil,,-=l ノノ. リ
      \    f゙i \',        | イ i イ(イr''!/   i. l! i| ~、''~     .r
       \   l ヽ,  ',        | .リ イノ ヽ, ''ヾ'    _ノ     ./.ノ
         \ (ヽ ヽ‐‐‐‐、、、, ,,______|/_,,-‐‐‐‐-'、,_.,,____,,ノ    _,,、ノ /λ
          \ヽ  l          r"´ ヽ   j,,''''''''''''''''' "´ ´  .i  j''´
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ゝ┤          \_,、-‐  .j l,,i          l'''"
     \______L___________,,、 -‐:::::::::::::''''7ヽ.ハ          l
         ,,、-‐ ' "´~::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j_レ'゙l }‐- 、、_     j
        !`>:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::‐"  ソ     `````"
        ', ゙ ‐--.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-'´
        ',   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.r'´
         ',.  ‐--:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::t
         ',   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
          ヽ  'ー--:::::::::::::::::::::::::::::::::::l
           ヽ   /::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            ヽ、 !;;____::::::::::::::::::ト -'i
              ヽ、  ヽ/\;;/ /
               `` ‐-- - --‐"´
                  i   l i
                   .l.   l. l





229 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/05/03 21:58:15 ID:uF0kXyOo

             _,,,.......,,,_
         _,.-ッ≦―:::::::::::::::::::::::::::`:ー、
      ,..r::´:/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::ヽ
     ,.r:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::ヽ
    ,イ:::::::::::{少‐"´ ̄`^<::::::::ヽ:::::::::::::::!:::::::::::',
  ,イ::::::::::::/^        \:、:::ヘ:::::、:::::i:::::::::ヘ:',         ………見せるにょろ
  r:::/:::://           1:!、::::i:::::}::::::!:::::::::::!::,
  l:::i::::::i::i         , - ¨了ヘ:::ト、::i::::::i:::::::::::i:ハ        ……ぬぅ、やる夫……
  i::!::::::ヘ:!__     /   ソ  !ツ i::|:::::::}:::::::::::}:::!
  t:从::::iヾ_  `゙       ,.ィf斤本ヾ}:;!:::::::i=ェ;::::::i:::i       もっと早くにこの書状が届いていれば……
  f !::::ハ  x=ェ.      t弋り!}"|::!:::::::::ト、 }::::::!:::!
   ! ヾ_:::ヽ《ft爪!      ちエン 1j:::::::::tイソ:i::::i:::::i
      `iムヾムイ 、         リ:::::::::::|´:::::|::::!::::i
      |::::ハ  ̄           f;:::::::::::::!::::::::|::::i:::::!
      f:::::::::ゝ    r 、 _ _   |i::::::::::i::|:::::::::!::::i:::::}
      i:::::::::::↑-、_. |  !    ,.イ::::::::::j::!:::::::::|:::::|:::::i
     j::::::::::::::|::::i:::|i l  !、._,,. -´ f:::::::::::リ:iト、::::::;!:::::|:::::|
     ,{:::::::::::i:::|:::::|::!'!  ,!;:r^! , -=、::::::::::;'::j: : ヽ:!:::::::l:::::|
     f:::::::::::j::::|:::::!_/  .,!.  /  /:::::::::;':::,': : : : :`-、|:::::|




                 __         __
               /:::: > -―‐<::::::::::::::ヽ
               l/  Z    \:::::::::::l
                / /´/ { ⌒ヽ   ヘ:::::/
                 / V /{ ヽ_\_l _   /∨
                 ,'  |l 7八  l\.ヽ迅| /ハ:>    なんて書いてあるんですか?
              l/l |Y心ノ\lて心、くレ  |
               |l│ Vj    Vリl │) |
               | lゝ  、_,_,  | / ∧/_
                | ヽ|ヘ/>┬‐ァくl/j/ / |
              \ \/{_ノ</ ヽ/  人
               \// (ノ::::::::::::::トく> /
              /(j/:::::::::::::::::ヽ/ lヽ\\
                 / >::::::::::::::::::::::∧ V_ヽ~
             {  ヽ:::::::::;;ノ::::::::∧. ヽ_< }
                /`ヽ  l::::::::::::::::::::/:::ヽ厶ン /
          /  /ヾ  ヽl\/\|\/ /
       rー'´  /   `=≠- 、____ /
       `¨ヽ _/      /  /
                     /  /
                /  /
                 ! /
                 `´





230 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/05/03 21:59:02 ID:uF0kXyOo
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)    『リチャード王は安易に自ら死地に入るはずは無い。
/    (─)  (─ /;;/  
|       (__人__) l;;,´     おそらく地形を巧みに利用した罠を用意しているはず。
/      ∩ ノ)━・'/    
(  \ / _ノ´.|  |       攻撃すれば、敗北は必然。陛下に自重を求める』
.\  "  /__|  |     
  \ /___   




::|       i-ー'ーヽ  ヘ::..   \      i::.  i:. ヽ  ̄`ヽ=、
::|         !     ヽ.  ヽ:::..   ヽ      '::.  l::.  ヽ
::|      :   l     ヽ:.  ヽ、::..  ヽ:..   ':::.  !::.  i
::l  :   .:   !       ヽ:. ヽヽ、::.. ヽ::/  ':::.  !、:. |    ……アーディル。
:::i ::  :l:   l          \ ヽ \/ヽ:::.   ':.  | ヽ:. !
r┤:::  :l::  |  ̄ ̄```ー- \ ヽ ,r‐ァォヤ、::.  i::: |  ヽ    なんという神眼。
.ト| ::::  :l::: | ,r≠T〒ト    \ヽ-┴'´ |、:::. !::: |
.i' i :::::.. :ヘ::. l `ー┴ー'      \、   !::l:::. |::::::|       この短い文章にはまさに今日の戦いのそのもの書かれている……
ヽヾ, :、:. ::ヽ::.!            、 \. |:::ハ:::ハ:::::|
::::\!:::l::.::::::lヽヘ                 ヽ  i::/ }:;' ',::::|       遠く離れたダマスカスに居ながらなんという男……
::::ヽ:.::::ヘ:::::::! ヽ            / /::/ |'  ',::| 
ヘ:::}ヽ::、::',:::::!               /!::{     ヾ     
 '::| !::Xlヽ:::',、       -―‐‐'  ィ l::i
  '.i ';' ト ヽ:! ヽ、       -  / ! ヽ!ヽ_
  ,/  |  ヽ   ` 、      /  l    、`ー、        
.//    !  \     ` ー-r-'   l    !   ` ヽ 、
 /     !     \     /       l      !        ̄ ` ヽ 、
./       l       \ /         !      !             ヽ、
      |    ,-‐‐'\        l      ',                | ヽ
      |  イ::::::::::::::::::ヽ        l      ',              |  i





231 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/05/03 21:59:28 ID:uF0kXyOo


   |;;;;;;;;\/;;;;;;{,
   );;;;,-=" ""゙〈
▽ヽ |   レレWV〉
▽ヽ 〉  〈 ○ ()L>  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ヽヽ〈ヘへ〉~_ヮノ < ……あんなぼさーっとした人のいったいどこに……?
<_/) \ ><|つ  │ 
  <(/;;;;;;;?/     \___________________
  ⊂ヽ;;;;;;;ヘ_/
     ̄し'




                     _......-───--......_
                  ..ィ::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
                ..イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /:::::::::::::::::::::::::__:::::::__::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             ,.':/::/::::::::::::/ `'´  `ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
          /:/:::::/:::/:::::::;.'            ヽ:::::::::、::::::ヽヽ::::::::::.
            /:/:::::/:::::|:::__/_            ::::::::l:::::l:::|::|::::::::::::.
         l:/ |::::|::|:::|::::/  `ヽ、         ';:::::l:::::::::|::|:::::::::::::.
         |′|::::|:?|::/            ´ ̄ ̄`'トL_::|::|::|::::::::::::::i
           l:::l::l::::「'l ィ行ミト、          ';l:::/|;'|/:::::::::::::::|   まったくにょろ……
           ハ:l:::ヽ| |  「   |      '〒hミ._、 |/::::::::l::::::::::::::::|
              j::::::::::::| |  }ヘ_り         j   `ト>::::::::ハ:::::::::::::::|
          ;:::::::::::::ト!   ̄´  ,     ら、_j、/ |::::::::j. l:::::::::::::::|   そしてそのぼさーっとした顔を
            /::/:::::::::|::l       、_     ` ミソ ;::::::::’ノ:::::::!:::::::|
            /::;.|:::|::::::|:::ヽ    「 `ヽ      ,./::::::/::::::::::::|::::::::!   私の元に呼び戻さねばなるまい。
        /::/|:|::::::|::::::::\   ヽ _ノ     イ/:::::::/:::::::::::::::::::::::|
          /::/ .|:::|:::::八:::::::::::`  .__..  - ´  l,::::::::/::::::::::::::::!::::::::|
        /::/   V:::::j77 ̄ ̄ ̄  ,|      /:::::::/::::::::::::::::::l:::::::::|
.      /::/   /:::::;//       ハ      ./:::::::/\:::::::::::::::!:::::::::!
     /::/   /::::::;{|     /       /:::::::/  \:::::::::l::::::::::!
.    /:::/    /:::::::;1 |       ム、     _/:::::::/    ,>、:::|::::::::::!
.     /:::/   /::::::::; ||    /`  `ヽ、 //:::::::/   //>、::::::::::l
   /:::/   /:::::::::;l ||    /    `/  /:::::::/  ///  ヽ:::::::l
   /:::/   /:::::::::/| ||   /   /   /:::::::/ ///      マ::::l
.  /:::/   /:::::::::/ .||l   /  , '     / ::::::////         |:::::l
 /:::/   /:::::::::/  |||  i  /     /::::::::/ //           |::::::l





232 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/05/03 21:59:43 ID:uF0kXyOo

その後、サラディンはヤッファへと撤退してい行った。

敗北の傷は深かった。

だが、それを補うために再びやる夫が戦場に呼び戻される事になるのである。


  (( (ヽ三/)    (ヽ三/) ))
      (((i )__  ( i))) 
     / /⌒  ⌒\ \
     ( /( ●)  (●)\ )   
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   チャララチャッチャッチャッ
     |              |  
     \             /


【第三章】(11)終





233 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/05/03 22:03:08 ID:uF0kXyOo

※おわびと訂正

ジョン王の事を「失地王」と書きましたが正確には王子なのに
領地を多く貰えなかったから「欠地王」の方が正しいらしいです。

後、V字の陣の説明が分かりにくかったかもしれません。
V字の地形に、V字に陣を張ったと理解してくれたら幸いです。

                       | / /
               , -―――- 、
              /  ____  ヽL
              Τ _  _ \|   l
               |/  V  ヽ |   |
               ||  (:)|(:)  |-|   l  また僕を馬鹿にしてッ!!
    ___       {`, -c `―_´ 6) _/
  (_     ヽ__  \Τ ̄ ̄ ヽ ノ
    (  し、  |     ̄ ̄|  ̄ ̄ ̄  ) ̄ ̄ヽ
     ヽ_/_ |___  |_/  \_/  _    \
              ヽ          |\   \





235 :名無しのやる夫さん :09/05/03 22:51:08 ID:Ti7F4asu
乙!
淡々と進みながらも熱いぜ


237 :名無しのやる夫さん :09/05/04 01:35:09 ID:ElFKh1BP
たまらんこの展開


238 :名無しのやる夫さん :09/05/04 07:49:58 ID:9dywiQt2

モデルはアルスフの戦いかな?


239 :名無しのやる夫さん :09/05/04 10:17:02 ID:FTAKZ/sM
ヤパーリ長弓出てきたか。

>>233
英王室のジョンには他にも、ジョン・オブ・ゴーントやエドワード7世や
ジョージ5世の息子などがいます。


240 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/05/04 14:13:51 ID:V0r4n5Ij
>>238 その通りです。テンプル騎士団とホスピタル騎士団の布陣が分からなかったため、そこは割愛しました。原作にも書いてなかったです(汗)

>>239
ウィキみたら「ジョンの評判が悪かったため、以降のイングランド王・イギリス王でジョンを名乗ったものはいない」
という通説というがあるが、これは半分しか当たっていない。
プランタジネット朝にはジョンという名の王子は何人もおり(ランカスター家の祖もジョン・オブ・ゴーントである)、
たまたま早世したり、兄が健在だったりして王になれなかっただけである。
その一方で、長子に親の名を付ける習慣があったにも関わらず、ヘンリー3世 が長子をジョンと名づけず、
エドワード懺悔王にちなんでエドワードと名づけたのは、諸侯の強いジョンへの抵抗感を考慮したためであり、
またテューダー朝以降に付けられなくなったのは、やはり人気がないからとも考えられる
と書いてありました。


【やる夫がジハード(聖戦)を始めるようです】 第三章 ―12―

COMMENT

  * URL
05/14 12:38
 >たまたま早世したり
縁起が悪いとかそんな理由で忌避されたってことはないのかね。
.


 

TRACKBACK http://orehaya.blog73.fc2.com/tb.php/387-a6a94e3f

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。