スポンサーサイト スポンサー広告 --/--/-- -- .

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【やる夫がジハード(聖戦)を始めるようです】 第三章 ―6― c0 t0 やる夫がジハードを始めるようです 2009/05/08 Fri .

     ____
   /      \
  /  ─    ─\ というわけで、やる夫達はアサシン討伐遠征を行うことになったお。
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |  
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




   /:: ::/:: :: :: :: /:/:: 、 ::/:: :: :: :/|:: :: :: :: :: |l:: ::|、:: :: :: l:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::ヽ::彡:|::
   /:: ::/:: :: :: :: /イ:: :: ::\:: :: ::/ l:: :: :: :: :::l l:: :| ',:: :: :: l:: :: :: l:: :: :: :: :: :: l:: ::l: /: |::
   |:: ,イ:: :: :: :: //|:: :: ::/ |::\/  l:: :: :: :: :l l:: | ',:: :: ::.lヽ:: ::.l:: :: :: :: :: :::!:: :l::/:: |::
   |::/ !:: :: :: ::/イ !:: :: / !:: :/\  l:: :: :: : l  l:::|  ',:: _:l_ヽ::_:l::_::_:: :: ::|:: :|:: :: :!::
   |/ |:: :: :: /  :|:: ::/イニ二?,\l:: :: :: リ rゝ!'' ̄ヽ:: :: l ヽ:: l :: :: :: :: :::|:: :|:: :::/::
   |!  l:: :: :/   |:: /∧ l jト イl ヽ !:: :: :| ´  ヾ ,ィニ二二?::lヽ:: :: :: :::l:: ::!:: /::   というわけとはいったいどういう訳じゃ?まったく……
   |!  l:: ::/     !::/l  トj;;;;;;;i|   ヽ:: ::|   イ jト  イハ \ヽヽ:: :: :: /:: :!::/::
     ヘ:: |    N:ハ.  い ;;;ノ|    ヽ::|    トj;;;;;;;;;;;;i l //|ヽ:: ::/:: ::l:/:: ::   何故、そういう事はすべて私に隠すのじゃ?
      ヘ|      |:ハ 弋 =ソ    ヾ'、     ! ト二イ./ 〃  !::l:: /:: :: !':: :: :
               |::ハ ´ ̄ ̄`          ト ト イ/    |: |:/:: :: :|:: :: ::    本当におまえが結婚して子供まで作ってたと思った…ブツブツ
               |:::ハ :::::::::::::::::         ´  ̄ ̄`      !::l/:: :: ::|:: :: :: :
               |:: ハ        '       :::::::::::::::::::::::   |:: :: :: :: :|:: :: ::
               |:: :: \                   , イ-l:: :: :: :: ::!:: :: ::
               |:: :: :: ::i> 、   ヽ           イ/  !:: :: :: :: l!:: :: ::
               |:: :: :: ::|   丶、         , 彡  !   !:: :: :: :::||:: :: ::
               |:: :: :: ::|     > 、 _ ,,  <     |   |:: :: :: ::l l:: :: :: ::
               |:: :: :: ::|         l         l    !:: :: :: l l:: :: ::
               |:: :: :: ::|__, z=ー―''冫         ヽ--.|:: :: :: l  l:: :: ::





108 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/04/30 13:18:50 ID:+6NHC2f/

          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)    だーかーらーこんな顔してるやる夫に寄ってくるおんにゃのこなんて
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //    居るわけねーっておww
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/      
|     ノ     | |  |   \  /  )  /
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /      それにやる夫がリア充だったら読者の顰蹙を買うっていうwww
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))




                 / ̄ ̄\
               /   _ノ  .\      _,,       
               | ( ●) (●) |     l;l      ……まぁ、やる夫様はうざくて鬱陶しくて白まんじゅうなのが
              . |   (__人__)  |  _,_,|,|_,    
                |   ` ⌒´  |, ト-=y  丶       
              .  |         }  ヽ `i, ̄‐^l    一番お似合いですからねぇ。掲示板的に考えて。
              .  ヽ        }   ヾ~ `  i,
                 ヽ     ノ _   ヽ、   ;i,   
                ,,_,i     y,ソト,,__  ヽ、   ;i,  おっと、これ以上は禁則事項になるから言えないが……
               ,/r-'"j  / / ii, `ヽ、-x,,゜r  ;i
            ,,/'/__.L、    /ヾ、"i   `ヽ `;i  i,
          ,/  /_iーヘ,ヽ、 , /i" ヽ、 i     `、'i   iヽ、
         _,) ヽ "   ネメ、_ii"~        _Yri   l, ヽ、
        _,,,>t 、ヾ、    ゞ;;/         /  ,¬    V⌒l
       ,y`;,,__   ,i     /ii'         / r-/|    l l
    _/^,,,  ヘ  l    /iil        /  l"v' y     }  l


.



109 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/04/30 13:19:11 ID:+6NHC2f/

           ____
          /      \
         /  ─    ─\
       /    (●)  (●) \          ふー…。
       |       (__人__)    |
        \      ` ⌒´   ,/          とりあえず討伐遠征軍の総勢は二千。
        /⌒ヽ   ー‐    ィヽ_
        /  、     、  〆ヾ ̄ `i       ダマスカスに防衛のために千人を残しておくとして
      /  /      ゙  lヾ_ ,|ヽ─ヘ
      /  /l         `、´/     ヽ     まぁ、これだけ居ればアサシンに対抗できるお。
     /  / ヽ  ,____   `  ,ヽ  ヽ
   -─ヽ イ_ ヽ /     ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ Y   ゝ‐-、
  ( _i _i_ト、__)  ヽ、___⊥____ノ 「___ノ




      〃/:.:.:/.:.:.:.:.:./ :: /::/.: .:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:l: .:.:.:.:.:.:!ヽ|::、l::ヽ :|
    .〃 /.:.:.:/:.:.:.:.:./-、/::/|:.:.:.:.:.:.:li::|:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:. :.|
   〃 !:.:.:.//::l::|::|::::/;X |.:.:.:.:.:.:!.!::|.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.、:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:|
    l!  |.:.:.:.l::l :||::|/l:/.!/ ヽ.|: .:. :l.! |::l、::__:_l、:!__::ヽ::|.: .:.:. :.:.:|    
      | .: :|/|::||::l!/==、、 ! .:.:.!l! Xlヾ、: l.!:l、:.:.:.:ト!:.:.:.:.:.:.:.:|
     |:.:/ |l:.!.!:| '´|:┘; | !.:.:.! !  ===ァミ :.:.:.:|.:.:.:.: :.:.:.:.!      討伐軍の構成は元アッカ守備隊か……
      、l  !:|:l::∥ |?リ .ヽ:|    |:┘::::/'i/:.:.:.!:.:.:__:.l :.:.:.!
       /:::'イ::ト ` ー'.   ヽ   |,、:::,ノ/ /:!:.:.|/ /:.!:.:.:.:.!      不思議とおまえは彼らに人気があるから
       /:: ::: ::|::.!      r    `ー-'´ ./:.: .!:/  /:.:.l.:.:.:.:|
.    //:::::::::::::::!:\    ┌-、      /:.:.:.:.:/  /、 .:.!:.:.:.:.!     それなりの采配は見せてくれるのであろう?
   / ::/:: ::::::::: :::| :.:.`i 、   `  ′ r‐-、/.:.:.: .,イ  .!:::::`丶、:|
    !:: /::::::::_:__ :.!.:.:.:.ト、` i. 、__, -‐`、   `、://  |_ ::::::::::::::丶、
   |:::└ : ´::::::::::::::.!:.:.:.:.!:: l ` , --‐'/: :ヽ   |/   / `、:::::::::::::ヽ
  「 ::: ::::|::::::::::::::::::::l.:.:.:.:|::::|   |::::::./ .:.:.:.:.!  .! ∨  / 丶、::::::.!





110 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/04/30 13:19:33 ID:+6NHC2f/

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/   アル・カーミルの話によればマシャフヤァードの砦に立てこもる
|       (__人__) l;;,´
/      ∩ ノ)━・'/    アサシンの総勢は五百人も居ないそうだお。
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |     ただ、力攻めにするには砦の防御は固すぎるお。
  \ /___




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \      
 |    ( ●)(●)   
. |     (__人__)     幸い、こちらには攻城兵器が充実してますから城攻めには苦労しないでしょうけど……
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }     問題はアサシンが夜陰に紛れて、こちらに夜襲を仕掛けてくる事でしょうな……
.  ヽ        }
   ヽ     ノ     
   /    く  
   |     \  
    |    |ヽ、二⌒)





111 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/04/30 13:19:50 ID:+6NHC2f/

       、、     ,         _
    `lヽ、...ヽ ヽヽ,ハ./ |ィ -‐__    < __
    ト 、ヽ  -、ヽ!  | '.<    `ヽ ‐-、 <_
   ヽ ``-=ニ' ヽ   `ヽ、ニゝヽ\ヽ   弋'´     いや、当面それは無い。ラシードウッディーン・シナーンという人物は
     _> ,r'ニ,`ィ  ヽ.ト、.ヾ,x. ヽ、. YrテY 、.ヾ´
  ヽ、´__,. ィ .l/ |ハ トヽ\メッ::ヘ^! ヽ| i/ | トlヽ|      異常とも言えるくらい慎重で、絶対に自分が動く事はない。
.      / / , | , l | l.∨ハ;::;ノノ   ‐'>:'´ ̄:|ィー 、
   -=´‐'7|./! l. l 'lf'r:、     ''´    ./::::::::::/   \   故に、手駒の部下を動かすとしてもそれは
        |ハ八|ヽヾ'=i      ,i /..::// ,. -―
          ヽ  ヽ、._'´  ,/〃:::/:/ ./       マシャフヤァードが陥落寸前になってからだろう……
                ` ´.'ー:ト/:/ /
                    λ/,.ノ
                    /,r:'´
                   V   ヽ       ,..
                 /´   i  |   /  /
               .l,´ \ \.  ∠-‐′
                / l、     ヽ/    /
               /   ,> 、_ r'" ´   /
              /   .i. l  /.〈  ‐- 、/
              /   ノ .} 〈 l´




     ____
   /      \ ( ;;;;(  マシャフヤァードを陥落寸前に持っていくのは簡単だお。
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (● /;;/  ただそう簡単に陥落させる事はできないお。
|       (__人__) l;;,´
/      ∩ ノ)━・'/   サラディン陛下も同じところまで行って結局失敗しているお。
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |    それに狂信的な彼らが、陥落寸前で見せる抵抗はきっと凄まじいはず……被害の増大が懸念されるお。
  \ /___





112 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/04/30 13:20:13 ID:+6NHC2f/

                       ヽ
               -―――- 、    }
         /          丶__ノ
        /             ヽ      ではどうするつもりじゃ?
       / /  .::{  ヘ   ヽ 丶    ',
      ,イ"/ //:::::|  ヾ  、:::..ヽ: ハ    l     このまま進軍して攻撃を始めても陛下の轍を踏むことになるぞ?
     〃l:::l l::ト、:∧  ! \,ヽィ:l :: ハ:  |
.      {! |:::l |::N.\ハ: lメ´_ヽ\! ::::::!   |  
        |:::lヘl:∧代ヽ\|!イ才丁ル、:::|  |
      ヽリヽ ハ V;j   V_;ソ /::∧|  |      
          Y:ゝ"  _  " /::/ ´:| !::l
          !:::::{ >`.'_, .ィ≠‐┐:::l:: l!:|
          ,ゝ;枡#で ::::/ヽヽ  ヾリ:: l!:|
          {;;#(7^ヽヘ/  ヽ L_」::: l!:|
          ゝ_;>く 〃  /`  ̄¨l::: l!:|
             ヽr-イ     |::::.l!:|




     ____
   /      \ ( ;;;;(  分かってるお。
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/  だから色々を考えて行動していかなきゃいけないお。
|       (__人__) l;;,´
/      ∩ ノ)━・'/   それにアサシンは今回の攻撃で根絶やしにしておかなきゃ
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |    これからの対十字軍戦争で憂いとなるお。
  \ /___





113 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/04/30 13:20:34 ID:+6NHC2f/

                 __
            _.、-' ,.- 、._     ‐ 、
         ,:ー 、'´  /    `ヽ、.._   ヽ_
          /   `ヽ、/    ヽ     ̄`ヽ 〉ヽ      彼らの目的はシーア派王朝の復古と
      /       | 〉    '.   i     Y  |      スンニ派であるサラディン陛下暗殺とアイユーブ朝の転覆。
     /       .ト ハ     l   |   l. ', ト.  
.     / i       | lニ'^´ヽ |  ト.  1   .|  |   〉
    | |  | | | l     | |l.  |」.斗|ー | ! / 〉     ラシードウッディーン・シナーンはおそらく
    | |  | | | |   」斗ヒ] ヒ_ jハ.  ! リ、 ,ハ     自らがイスラムの盟主となって十字軍を追い払うつもりでしょうけど
       |  、´l ̄j.ニト    ´ ヘ´r‐、 iンL.ル | Y | ',     残念ながら暗殺者風情にあの獅子心王を退けるだけの力量はない。
      ヽ!、  |ヽゝfVrt.',      うッソ|.     レ  | ',
       ー\|ヽ. 込}         ̄ | l    l   ト. ',   
         |  ',   '        | |  | l   | ヽ ',
         |   ヽ    -    ,. |,'!  ,′′  !  ヽ  
         ||   `ト,、._   /   | ./ ,′   |\    それにアッバーズ朝のカリフが不穏な動きを見せている今……
            、ト.  ハ.| l/ ヽ ´   .ノイ |/    .|ァー-
            ハ   | ∨ //    , イノ       /|   . -   これ以上、内輪に問題を残していくのは得策ではないわ。
        rイ/  ヽ| / /'二.ー .._/,/     .// /    同じ宗教とはいえ厄介ね……
.        / | }′   .l,/´_ `ァ' /      //,.'  
    ,r ´  | |    ,′   `ン/      ///
    r'|     | |     |    //       ///




       /:/l   /  ....:/::::::::/:::::::::::|:::::::i::::::::::ヽ::::::::::、::::::::::、::::::::::::::|
        /// ..:::::/:::::::::::::l::::::::::l:::::::::::::::!:::::::l::::::::::::::',:::::::::',:::::::::::',::::::::::::|
      l:/ l :::::::/:::::::::::::::|:::::::ハ:::::::::::::::|!::::::::!::::::::::::::',:::::::::',::::::::::',:::::::::::|
      l! |:::::::::l::::::::::::::::::|:::::::| l:::::::::::::::|'、:::::::ト、:::::::::::',::::::::::',::::::::::!:::::::::|
        |! |:::::::::|::::::::::::::::ハ:::i:::ハ:::::::::::::ハヽ:::::l ヽト、:::::::!::::::::::!:::::::::|:!::i:::|
        |:::://!:::::::::::::::|ノィ==、l:::::::::::|l::i:::\| _,,.ミ::::::!:::::::::|:::::::::|::l:!:::|
        |::/リ |:::::::::::::::{ヾ|lソ、::::ハ:::::::::l ヽ!‐ィ='゙´::::::ト、゙ヽ:::::::!:::l :ノ:::リ:::|
        レ' i !:::::,::::::i:ハ `ミハ_;:、ノl\::|!  l |゙´'::::::i::l ノ 〉:::::::|:ノノ::::::::::l:|    ふん、ならば撃滅してやればいいだけの話じゃッ!
          |::::ハ:::|i l   ゞニノ/  `  ヾiハニソ / |:::::::::レ'::::::::::::::i:!i
          |::/ ヽ|.|::ハ :::::::::::       ::::::::::  i:::::::::::l:::::::::::::::::l:::|   彼らも自ら信じる神の元に逝けて光栄じゃろうッ!
          レ  _, ィ'l  l    ´             l::::::::::::ト‐──-、:|
            ノ:::::| |::::::`ヽ、  ─-      ,. ィ/:::::::::::/        > 、
            ハ:::::| |::::::::::::| ` ‐- ..,,,. -ィ'´-'´/:::::::::::/     /:::::::::::::)   ええい、もう細かい事は面倒じゃッ!
           l  l:::::| |::::::::::::|     l:::::::レ'´:::::/:::::::::::/    /:::::::/   !
            |  |:::::| |::::::::::::|:::::_    \::::::::::/:::::::::::/    /::::::/     |   全軍進げ……
           |  |:::::| |::::::::::::|:::○  //' ̄/:::::::::::/    /::/        |





114 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/04/30 13:20:58 ID:+6NHC2f/

                __/ ヽ―― x '\
              __/       \/    ̄ヽ
               /   , / ,'  !       ヽ   ハ__
            /  / | |  | /ヽ  , ヘ.  !   !   ヘ
              |   |  | |  | |,,, 、,, 、,,,|  |   |  i ハ
              ,'|   |  | |  | |      |  |   |  | i| |
.             | !   ! ∧_! -i! !      ! 」_ / / i |
           | ヽ  i| !tニムヱ}」    ム旡ニzx_/  ィ !        殿下は少し黙ってってくださいね♪
            |  ヘ_ハ__|            '¬' |___/j/
             | ( i   |z==ミ      ィ==z|  | |         話がややこしくなるから♪
              | /│  |      ,        !  ! |
          | | i!   |     __      |  |  !
           │ |  !   |ヽ    `ー'    , イ   !!  |
            | | │  !   > 、     , < │  ||   !
             | |  ヽ  |-‐ri|  >‐< |ー- |  リ  │
.           │ | |   ヘ|  |ノ      {   ム‐'´    !
          | | |    |  |       `i  |      |
         ,r‐┴.| |      !  !, -―― --、|  |      |t 、
       / ∨ ヾ| |     |  |イニニニニミ|  |      | | ヘ
       |  ∨ | !     ! ヘ         ノ  !      | |  |




     ____
   /      \      とりあえず、攻城兵器でマシャフヤードを攻撃。
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \    昼夜問わずに波状攻撃を繰り返して、彼らに眠る暇を与えないようにするお。
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /    指揮はラスカリス。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |   
  \ /___ /





115 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/04/30 13:21:22 ID:+6NHC2f/


        / ̄ ̄\.         
      /      \.........:::::::::::...     
      |::::::: :      | .... .........::::::::::...r‐ ' ノ. 
     . |:::::::::::::     | .... .........::::::::_ ) (_       了解しました。
       |:::::::::::::      |.. ..... ......:::(⊂ニニ⊃) 
     .  |:::::::::::::::     }  ..... ......: ::::`二⊃ノ.  
     .  ヽ____    }  ..... ......: :::: ((  ̄        一睡だってさせやしませんよ。
        r'ニニヽ._\. ノ.. ..... ......: ::::::  ;;.    
      r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、.
    /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ   
 .   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ
   | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ
 .   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
    |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´
 .   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :〉




               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /    ギョメネーは主に姫の幕営周辺の警護。
  \     ` ー'´     //
  / __        /        アサシンが出てきて、真っ先に狙われるのは身分的に姫だお。
  (___)      /





116 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/04/30 13:21:43 ID:+6NHC2f/

/ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽミミ《ii(!!!/ヽ、/ヾ彡彡'三ミミヽノヽ
|  フンッ   |iッ、ヾ!i川( メ彡ミ彡'´,==ヾ巛彡
ゝ、____ノ  `゙''‐=ミヽ/=ヽi|//彡》ミ)、ヾ、メノ    
ミミミミミミミミi       ヽ ヾミツ''' ヘ彡ヽ リ/
ミミミ/ ̄ヾツ     ヽ  ヽ   )  |三キ´((ミ、_ノ
ミミ/::::::::::          \ i  |    |、 ヾヽ      あ?了解……ようは敵を近づけなきゃいんだろ?
ミ/:::::::  ,ァェ三ミミミャ、  ヽ .i l / ri》ミニミャ、、
゙::::::::   '     ヾミッ、,, 丿i::i i ./,ッ彡ノ‐-─、ヽヽ、
::::::::::::    ‐-、__、ヽヾミミ彡ノノ彡'_ノミミミヽ-彡ヾ、   まぁ、あの姫さんに護衛なんていらないと思うが……
ヽ:::::::::.    ` `‐-',‐`ゝ、゙' /-‐'´)ミミミ=-`´ヽ  ヽ
:::::i-、:::::       ̄ノ  ..:ヽ !ヽ  |  ヾミミヽ
::: |:::::ヽ :::   /´/ ..:::::::_i i ::/ミ==-   
:::..ヽ::::__ノ 、       ( `  )/ミヾ))
:ヽ、>´: ! i        ⌒ ''´/ミ<ハ     
:::::::ヽ:::: ヽ      ,/,二ニ'フ/!i|川  リ
::::::::::ヽ:::: )   , =ニ、_'ー-' .i'-‐┴‐-=、_
:::::::::.. ヽ、_ヽ     `ー‐,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
`'ヽ‐:::::  ゙ヽ、:: /ヽ、, /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
;;;;;;;;\     ヽ、;::....  ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i




          / ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: .:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. :.:.:.:.:ヽ
       / .: ..   .. .. .: .:.:.:.:::.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:ヽ.. :.:..:.:.',
        /.:..:..:.:.:.:.:.:.:.::.:..::!.:l、 :. ...:.:,...:::...::....:.::..:.:.::..::.:.:、:.:.:.:i
      i..:/!:..:.:.:.:.:.:..::,!:.::!l::| ',.::.:.::::|!.::i:、::::.:.:.::::.:.:::.:.、:.:i:.::.:.|     まったくそのとおりじゃッ!
      l:/ !:..:.:,:.::.::..::|',.::!'!:「`l.:.::.::::!';.:l、:ヽ::.:.:i::::.:.:::::i::.i:.::.:.|
      l! !:..:.::!.::.::.::l ';j ';;| ヽ.:.::::lヽ:ゝ、:ヽ::.l、:::.::::::i::'::::.:.|    アサシンが来たら叩き斬ってやるッ!
      ′';.j.:.:l .::.::::| ,ゝ__」_ \:.::l ヾ__ゝ、:|ヽ::':::::!:::::::.:|
        リ,::.!. :.::.::l. "´ ̄ ゙`  \:! '"´ ̄`゙ )::l:.:!:::::::.:|
        ヽ:i:、:.::.:::! .:.:.:.:.:.:.:..  , 丶 .:.:.:.:.:.:. /::::::!:::::::::::.:|    で……やる夫?
         |:ヽ::i:.::::::',     ー--‐    /::::::::l:::::::::::: :!
         !.:.:.::| .:.:::::丶、        ,. :':,:.:::::::!.::::::::::::.|    私は何をすれば良いんじゃ?
           l .:.::.:! :.::.:::::::::::`r- .._.,. イ´:::.:.l:..:..:::! ::::::::::::::|
.         l..:.:.::」 :..::.:.l-‐'´l -、__,,. ‐-' 、.:.:.:!.:.:::::!:_:::::::::::::.:!
         j/`ヾ.:.:.::.::|/´/ _ヽ/\ヽ:.:.:::::!/`ヽ::::::.|
       , '-‐- 、 !::.:_,/‐/´ ̄`×´  ̄`ハ!、_:::|,.. -‐、 ';:::.:!
       /     ヾ:.:j/二)-、´  \r‐(二ヽ〈::j    }. l:::.:!





117 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/04/30 13:22:12 ID:+6NHC2f/

       ____
    /      \
   /  ─    ─\       姫にはとっておきの役割が用意してあるお。
 /    (●) (●) \
 |       (__人__)    |     でもとっても重要だから、極秘。今は言えないお。
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.      だからお呼びがかかるまで幕営でのんびり待ってて欲しいお。
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i  
    |  \/゙(__)\,|  i |     (……嘘だけど)
    >   ヽ. ハ  |   ||




            /:/ .  -――- 、\: .\
           /:/ / : . : . : . : . : . : \>: . ヽ
          /: . :{./: . :| . : . : . : . : \: . :\: . :',
            /: / : . : . : . |: . : .l: 、,:斗、‐:.',―: .ヽ: .',
        /: /: . : |: . |:|:.|、 . : ',: ヽ: . :\:ヽ: . : :j: . ,       おお、そうかッ!!
          | : | : . : |/l:「:| \: .ヽ: ヽィ行气ミ,: . :|、: .,
          | : |: |: .:.|: . |:lィテミ \:.\' VV爿∧:/| }: ..,       ふふ、そうであろうそうであろう♪
          | : |: |: . ヽ:小{VVハ  ヽ:/ 弋zン !: . |ノ: . :,
          N: !: !\: .:ヘヽ弋少     〃〃.|: . |: . : . ,      このリサールウェポンである私に役目が無いはず無いものな♪
         ヽト:l  |\小.〃〃  '   ,     ,|: . |、: . : .':,     .私は最後の切り札ッ!!
                |: .|: |:.ヘ、    `     ..イl|: . | \: . :.':, 
              ノ: .|::.|-―≧ァ‐, , - '   |: .:.| ̄ ̄`ヽヽ
             /:./|: :| / .{ ヽ ヽ  /l: .:.:|   / ヽ\         ぬふふ♪
            ∠ ム.┴┴ァニニ ¨ ミ- ' /!: . :| /    |: .:ヽ
        /   (二二 、       `く / : . |/   /  !、: . :\      では、その時のために体力温存しておかねばな♪
      ,イ     (二二二        V: . : :.!  /   |: \: . :\
     /: ! 、   (二二二  __  -、   ∨: /ニ|ニ ナ l二l ーァ オ,-、    では寝てくるッ!!
   /: . :.|  7  ̄   `ーァ'´      ',   ∨.(ニト / こ '元' (__ レ| よ
  /: . : . : !  /      /       l',   ヽ- ――- 、  ノ: . : . :ヽ: .',
. /: . : . : . ::| /       /           |∧     ヽ __   T: . : . : . : .ヽ:l





118 :タタ ◆l4GgIhfAmY :09/04/30 13:22:33 ID:+6NHC2f/


<最終へいーき、切り札~♪にふふ♪


                __/ ヽ―― x '\
              __/       \/    ̄ヽ
               /   , / ,'  !       ヽ   ハ__
            /  / | |  | /ヽ  , ヘ.  !   !   ヘ
              |   |  | |  | |,,, 、,, 、,,,|  |   |  i ハ
              ,'|   |  | |  | |      |  |   |  | i| |    (流石アーディル……姫には余計な事はしてもらわずに)
.             | !   ! ∧_! -i! !      ! 」_ / / i |
           | ヽ  i| !tニムヱ}」    ム旡ニzx_/  ィ !
            |  ヘ_ハ__| ━━,    ━━'¬' |___/j/    (じっとして置いてもらうのが得策。猪突猛進に突っ込まれたら)
             | ( i   | |;;;;;;|     |;;;;;;| |  | |
              | /│  | ',;;;ノ       ',;;;ノ !  ! |      (こっちがヒヤヒヤするものね。ふふふ、それにしても)
          | | i!   |     __      |  |  !
           │ |  !   |ヽ    `ー'    , イ   !!  |     (最近姫の扱いに慣れてきたみたいね、アーディル?)
            | | │  !   > 、     , < │  ||   !
             | |  ヽ  |-‐ri|  >‐< |ー- |  リ  │
.           │ | |   ヘ|  |ノ      {   ム‐'´    !
          | | |    |  |       `i  |      |
         ,r‐┴.| |      !  !, -―― --、|  |      |t 、
       / ∨ ヾ| |     |  |イニニニニミ|  |      | | ヘ
       |  ∨ | !     ! ヘ         ノ  !      | |  |




     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (ー)  (ー) \      (けど後が怖いお……)
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |        ……さて、鬼(姫)が居ない間に、ちゃちゃっと作戦の準備をしていくお?
.\ “  /__|  |
  \ /___ /         姫が居たら絶対に話せない“あれ”とか……


【第三章】(6)終





119 :名無しのやる夫さん :09/04/30 14:30:51 ID:7SjeVMrA



120 :名無しのやる夫さん :09/04/30 17:54:21 ID:8rHsumlt
シャナの扱いうまいなw


121 :名無しのやる夫さん :09/04/30 19:10:00 ID:ToHpPTpT
乙です


122 :名無しのやる夫さん :09/04/30 22:20:48 ID:2H0aGUxw
乙ー
姫はどんどんアホの子化してるなwww


【やる夫がジハード(聖戦)を始めるようです】 第三章 ―7―

COMMENT

.


 

TRACKBACK http://orehaya.blog73.fc2.com/tb.php/369-8c98ac3f

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。